20240224_190138_R
初めての七ツ石小屋でのテント泊、最高でした。

今まで幾度となく七ツ石小屋には立ち寄ったことはあるものの、実は泊るのは初めて。これまでは奥多摩小屋があったためロケーションを優先してそちらに行くことが多く、どうしても自分の中では七ツ石小屋だと途中に立ち寄る休憩ポイント的な場所だった。それでも、以前から七ツ石小屋でテント泊をしている人のSNSなどを見ているとやっぱり快適そうだし、いつかは泊まってみたいと思っていたのだけど、ようやく今回その機会が訪れた、と言うかやっと決心したか、と言う感じ。

で、七ツ石小屋に戻ってきて、まず最初にやったことは水を汲みに行くこと。この時点で雪が少し強めになって来ており、急いでいたこともあってすっかり写真を撮り忘れてしまったのだけど、七ツ石小屋上部の水場は細いなりにしっかり出てて、2L汲むのにだいたい6分くらいかかったかな。
そしてその水を汲みに行く時に前を歩いていたハイカーさん、テント泊装備で上がっていったので雲取山荘で今日は泊るのかな・・・と思ったら、後々七ツ石小屋に戻ってきてテントを張ってました。
20240224_134554_R
で、水汲みから戻ってすぐにテントを張り始めたのだけど、さらに雪が強くなりテント設営時に外に置いていた荷物にもあっという間に雪が積もってしまう始末。そのためとにかく急いでテントを立てて、まずは荷物を突っ込み、自分もテントの中に入って一息ついた、と言うのが↑の写真。見るとテントにも結構雪が着き始めてて、うーん、これはどうしたものか。
20240224_140228_R
とりあえず・・・まずは乾杯しておこうかな、と持ってきたプルコギを温める。
20240224_135716_R
そうそう、早速実践デビューしたOGAWANDさんのクリップスタビライザー、やっぱこれ良いです。そして実際使うにはやっぱり4つ使った方が断然安定感が違う。もうちょっとこれ以外は考えられない感じ。

20240224_140403_R
20240224_143044_R
まずはビールで!テントの入り口をちょっと空けて、まだまだ降ってる雪を眺めながらの乾杯。
プルコギとよく合うわ〜。
20240224_143515_R
30分ほどテント内で飲んでいると、テントに当たる雪の音がどうも無くなってきたっぽい。
外を見てみると、なんと青空も見えてる。
20240224_144109_R
おお、こうなれば外飲みも出来るかな?
20240224_144119_R
ここまでテント張った写真無かったけど、今回はここに設営。そう言えば・・・このドームシェルター、買ってからまともにテント泊で使うのは今回が初めてだw(昨年の鷹ノ巣では結局避難小屋内に移動しちゃったし)。
20240224_144734_R
ビール2杯目はFREMONT BREWINGのHAZY IPA。山梨は甲府にあるお気に入りのタップルームでオススメしてもらった逸品。HAZYと言ってもニゴニゴでガツっと重い感じではなく、程よいパンチとすっきりとした飲み味で、2杯目3杯目でも行けちゃう。これは良いね、夏山にも合いそう!
あと、自分はやってないけどMYOGでアルスト作る人には、パッケージデザインも可愛いのでオススメかも。
20240224_145119_R
雲の流れが結構早くて、晴れたりガスったりだけど、こうやって外で飲めるだけいいよね。テント泊ではこれが本当楽しみ出来てるし。
時々この日午前中の写真を見返したりしながらのんびりしていると、今日テント泊するもう1名の方が戻ってきた様子。話を聞くとどうもこの日が2泊目で、前日一緒に七ツ石小屋でテント泊した山仲間を、雲取山荘まで見送ってきたらしい(その方は雲取山荘から更に酉谷まで進み、日原へ下りたみたい)。
せっかくなので一緒に飲みましょう!と声をかけていただき、しばしその方のテント前でプチ宴会することに。
20240224_151319_R
この方がまー面白い方だった!どうも20代から日本を含め世界各地を転々と旅するバックパッカーらしく、この数年コロナ禍で海外に行けなかった間に日本で登山をし始めて、昨年北岳(だったかな?)で知り合った山仲間と前日から七ツ石小屋に来ていたらしい。
バイクの話や海外でのあれこれ、仕事の話などなど・・・。初めて会った人でも、不思議とすぐに打ち解けられるのも、山の楽しみの一つ。特にソロの場合は自分だとこういった山での出会いは本当に楽しいんだよなあ。今回みたいに全く自分だと辿らないような人生や山経験をしてたりするし、本当に聞いてて面白い。
20240224_151649_R
さらにもう一つびっくりしたのが、少し酔って来たので酔い覚ましにテント場〜小屋をふらふらとしていたら、小屋泊の女性の方から声をかけてもらい、この方もなんとblogを見てくれている方だった事!
以前ほど山に入らず、入ってもトレランスタイルなのであまりこういったことはここ数年なかったのだけど、やっぱり同じ趣味でしかも自分のblogを見てくれている方に直接声をかけていただけるのは本当にうれしいしありがたい。しかも3連休中日、翌日は天気下り坂というかなり物好きなタイミングで・・wいえ、自分も好きで来てますから!
20240224_151346_R
その後はだんだんとまた雪が降ってきたため、暫く小屋の入り口脇にある休憩スペースでバックパッカーの方と飲んでいたけど、日も落ちて暗くなってきたところで一旦解散、それぞれのテントに戻ることに。
20240224_190138_R
20240224_185240_R
時間ももうすぐ19時、そろそろ晩御飯を食べようかなと。この日は野菜たっぷりマルちゃん正麺(鳥つくね入り)。
20240224_191900_R
最後のビールと一緒にいただく。気づけば外はまた結構な雪・・・。
20240224_190539_R
食べ終わった後外に出てみたら、テントに積もった雪がバリバリに凍り始めてた。気温はどうだろう、それでも−3〜4度くらいじゃないかなぁ。思ったほど冷え込んではいない。
20240224_202115_R
お酒も尽きたので、この日は20時48分、シュラフにもぐり込み就寝。
<就寝時のウェアリング>
・スマートウール トレーニングビーニー
・ワークマン メリノウールロングスリーブ/タイツ
・STATIC ADRIFTCREW
・OMM RoterVest
・無印良品 オーストラリア ダウンフードブルゾン
・Naturehike ダウンパンツ
・シュラフ(ナンガ オーロラ450DX)
↑これに持参したホッカイロを鳩尾、背中の腰、両太もも内側に貼って、寒さ対策は万全。
暖かさと酔いもあって、あっという間に寝落ちしてました。


暫く経って、ふと外の明るさで目が覚める。あれ?もう朝??随分あっという間・・・と慌てて時計を見ると、まだ23時50分くらい。気づけば雪の降る音も聞こえない。
トイレにも行っておこうかと外に出てみると、空にはなんと月と、少し星が出てる。
20240225_000544_R
↑少し分かりにくいかもしれないけど、「月暈(つきがさ)」と言われる現象で、これが出るという事は天気は下り坂、という事。それにしても本当明るい・・・。そう言えば、昨年の鷹ノ巣の時も満月でめっちゃ明るかったっけ。
20240225_001024_R
深夜にもかかわらずこれだけ見える。まさにヘッデン要らず。
ちなみに自分の右側にあるテントが、前述した雲取山からピストンして戻ってきたハイカーさん。

トイレも済ませて、翌朝はゆっくり目の5時半起床予定なので、テントに戻り再び目を閉じる・・・のだけど、月の明るさで今度は寝つきが悪いwどうも月末にテント泊に来ることが多いとこうやって満月に当たるみたいなので、今後はアイマスクも装備に加えておこうかな・・・。
(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック