名称未設定 1
Asicsはいいぞ!FujiLite4いいぞ!


3年前の2021年秋に、SalomonのULTRAGLIDEを買ってから、トレランはもちろん、テント泊のハイクでもこれがもっぱらメインシューズになってまして。
いや、クッションもさることながら細身で足さばきしやすいこと、グリップもそこそこ効くしロードも走りやすい事などから、レースでの勝負シューズとしても去年、忍野と武田の杜で活躍してくれました。

で、このシューズ、だいたい今320劼らいの走行距離なんすけど、結構ラグがすり減って来てるんすよね。そろそろトレイル用は引退して、ロードのローテーション要員にしようかなーと。
そうなると次なるメインシューズが欲しくなる訳ですが、自分にはもう1足、トレランでも使えるシューズがあります。

そう、NBのヒエロv6です。
これ、ULTRAGLIDE以上にクッションが良くて、しかもVibramソール。履き心地も良いのですごく気に入っていたんですが、1だけ致命的な悩みが。
このシューズ履いて山に行くと、結構な確率でコケる、もしくはグネる(捻挫)んです。
さすがにいつも行く高松山ではないのだけど、丹沢に行くと結構やらかしてます。
三ノ塔尾根で大転倒して膝やら顔やらに大けがしてみたり、つい最近だとATGTRAILの試走に行ったときにも左足を強烈にグネったり・・・。
あくまで個人的な感想ではありますが、どうも、ミッドソールのクッションが強い反面、コシが無いというか踏ん張りが効きにくいみたいで、特に走っている時に変なヘタリ感を感じる事があります。
こうなるとちょっと怖くて山ではこのシューズでは走れないなあ・・・ハイキングとか本当走らないのであれば全然いいのだけど。

そういう事もあり、今まではクッション至上主義だった自分もちょっと見方が変わって来てまして、いたずらにクッションを求めるのではなく、ミッドソールに安定性のあるシューズが欲しいな・・・となったんです。
ちなみに前述のULTRAGLIDEもどちらかと言えばクッションが良く効いているシューズの部類だと思うんですが、不思議とこちらでは一度も捻挫や転倒をしたことがありません。うーん、何故だw

当初はSalomonのULTRAGLIDE2、メレルのAGILITYPEAK5、Asicsのトラブーコマックス2辺りを候補にしてました。ただ、上記のような事情もありクッション<安定性というところで物色していたところで候補に挙がってきたのが、今回購入したFujiLte4です。

またAmazonで1万切ってますww

特に昨年末の武田の杜で一緒に参加していたRさんが猛烈にお勧めしてくれてw
結構この時点で心が固まった感じでした。
20240110_121753_R
FujiLite4を購入するに当たっての一番の悩みどころはその独特なカラーリング
正直、はじめはオレンジの方を買うつもりでした。
71PKIh46gyL._AC_SX695_
これ。
でもこっち、持ってる人めちゃ多いwインスタとかで調べてもこっちのカラーが圧倒的に多い。
そうなるとじゃあブラックかな・・・でもこの微妙な組み合わせどうなんだww
昨年末から年明けまで散々悩んで、結果もういいや!でポチりましたw今は1周回ってブラックで良かったと思ってますw
20240110_121856_R
ほら、見てるとだんだんかっこよく見えてくるでしょ・・・?
20240110_121816_R
まあカラーは置いといて、FujiLite4、実際においてあるお店で何度か足入れをしてみました。
その時にも感じたのは、クッションはあるものの変に腰砕けにならない、コシというかハリというか、があるミッドソールです。FujiLite3→4へのアップデート時に、ミッドソールが「FF Blast」という素材に変更されているそう。この恩恵により複雑なサーフェイスでの安定性が向上している、と言う事みたいです。
20240110_121831_R
20240110_121835_R
20240110_121839_R
ソールの形状も、前足部のラグ形状がウィング型→テトラポッド型に変更。この形、前後方向だけではなく左右方向へのトラクション向上にも貢献する形で、個人的には結構期待していました。
また、Asicsを履いている人が口をそろえて言うのが「グリップは凄い!」という点。ここについては確かに!と言う感じで、ロードを走っていてもその粘りのあるソールの特性は十分に感じる事が出来ます。さすがAsicsGrip!
また、後述するかもですがややザレているようなサーフェイスの下りでもきちんとラグが噛んでくれるのは、↑のソールの写真3枚目を見ると分かるように、ソール後方の左右に前方方向へ踏み込んだ際にしっかりと噛んでくれるようにラグが配置されているためで、先日のトレイルでのテストでもこの辺は十分に感じることが出来ました。

20240110_121908_R
アッパーはサイドからトゥーにかけてラバーで補強されていて、富士山をモチーフにした(と思われる)アイコンが描かれてます。
20240110_121918_R
ヒールカップは厚手・しっかりとした作り。ループはグローブしてても指を引っかけやすくて使いやすいです。
20240110_121943_R
シューレースはちょっと長めかなーと思ったけど、きちんとシューレースホールがあったりとこの辺はさすがな作り。シューレースもウェーブタイプで解けにくいヤツですね。
20240110_121955_R

で、購入してまだ1か月経ってないんですが、ザクっと↓な感じで走ってみました。

クロカンコース 3劼曚
ロード 18劼曚
トレイル 4kmほど

20240124_154603_R
ロードでは、踏み込んだ際にはクッションを感じるというより、「パンッ」と瞬間的に反発するような感覚があります。クロカンコースを混ぜて20劼曚匹鯀ったんですが、足へのダメージはULTRAGLIDEより軽かったですね。また幅広な事もあり安定感もあるし、Salomonの時にやや窮屈に感じていた足、特に前足部が広くなったおかげでシューズ内の足のポジションが最適化された感じ。
ミッドソールについてはやや硬さを感じるものの、前述のように足の疲労感がかなり少なかったのでこの辺は新たに採用された「FF Blast」が効いているのかもしれません。
もう少し、30劼らいでトレイル率70%くらいでロードの感触も試していたいところ。
でも所感としては悪くないです。

20240113_112052_R
続いてトレイル。と言っても低山のトレイル(高松山ねw)とクロカンコースなので、本格的な山でのレビューはまた追ってという事でご勘弁を。
20240113_103723_R
汚い足ですんませんw
整備されたクロカンコースでは、もう何も言うことないですねwめっちゃ走りやすいです。
ちょっとしたアップダウンも全く問題なし。
20240128_164053_R
20240128_165549_R
普通のトレイルでは、結構足裏のダイレクト感を感じるので人によては足が疲れやすいと感じるかも。
いわゆるロックプレートの類はないみたいなので。でもそんなイヤな感じではなかったですね。
個人的にハっと思ったのは、以前履いていたLONEPEAK4.5の足裏感覚にちょっと似てたかもしれない。また、ULTRAGLIDEより幅広なこともあり、トレイルでの安定感は抜群。半面足さばきではちょっと慣れが必要かなと思った次第。まあそんな引っかかることもなさそうだけど。
20240128_165822_R
少しザレた感じの下りでも、前述のとおりソール後方のラグ形状が良いのかとても良く噛んでくれます。

ロード・トレイル含めて感じたのは、とにかくグリップが良いためトラクションロスが少なく、ちりも積もれば・・で疲労感はかなり軽減されそうな感じです。
20劼離蹇璽鼻椒ロカンの後の疲労感が少なかったのもそれが原因かも。
丹沢の1000m以上のトレイルなんかで出てくる岩場・ガレ場なんかも気になるけど、アスファルトやちょっとしたトレイルの荒れ地の走行感からすると全く問題無さそう。
20240128_171831_R
20240128_171727_R
まだ短時間だけど、この分なら安心してULTRAGLIDEからFujiLite4にバトンタッチ出来そう。
初Asicsのトレイルシューズだけど、これに慣れてきたら今度は夏のロングハイク用にもAsics買おうかな・・・w

[アシックス] トレイルランニングシューズ Fuji Lite 4 メンズ
asics(アシックス)
2023-07-13






なんか2024春夏モデルっぽい新色もある・・!

61kNcSLPe7L._AC_SX695_
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック