u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

タグ:雁峠〜奥多摩ハイク

奥秩父・雁峠から奥多摩駅まで2泊3日で歩くハイク、3日目。
DSC03639
いつもよりも少し長いハイクは、いつもよりもあっという間に最終日をむかえてしまいました。続きを読む

奥秩父から2泊3日で奥多摩駅を目指すハイク、2日目は順調に進み雲取山には10時41分に到着。
DSC03576
ここから先はホーム・グラウンドと言っても良いほど良く知った道。今日の宿泊地を奥多摩小屋にするか、鷹ノ巣まで向かうか、あれこれ考えながら雲取山からの下りを歩きます。続きを読む

奥秩父・雁峠から奥多摩駅を目指す2泊3日のハイク。初日は予定より2時間の大寝坊というハプニング?もありましたが、なんとか無事に将監小屋へ到着しました。
DSC03545
2日目は将監小屋からスタート。まず目指すは飛龍山、その手前には絶景の展望スポットが。続きを読む

笠取山をスルーして、目指すは将監小屋。当初の予定では15時ごろには小屋に到着しているはずだったのでここからもまたスピードハイクっぽく先を急ぎます。
DSC03477
しかし、このルートがなかなか、しぶといルートでした。続きを読む

先日の雁坂峠ハイクから中3日、2013年GWのメインイベントとなる連休後半は奥秩父主脈縦走のうち、雁峠から笠取〜将監峠〜飛龍山〜雲取山を歩き、その後石尾根を伝って奥多摩駅まで歩くと言うプラン。2013年上半期最大の楽しみと言っても過言ではありません。
なので前もってパッキングもバッチリ、あとは当日を向かえるのみ、となっていたのですが・・・。

なんと、当日2時間の大寝坊!4時に起きて5時過ぎの電車に乗る予定だったのが、起きたのがなんと6時20分過ぎ。この時点で寝起きのアタマは大混乱、どうする、1日ずらして明日から登るか、それともこれから大急ぎで支度して向かうだけ向かうか、それとも今回諦めるか・・。
3つ目は無いにしても、1つ目も厳しい(6日に予定があったため)、となると選択肢としては2番目。電車とバスを急いで調べてみると塩山経由のバスではもはや午前中の歩き出しは不可能、となると山梨市駅まで行ってそこからバスに乗って行けばなんとか新地平には11時過ぎには到着できます。しかし当日将監峠まで行くとなると相当のハイペースでのハイクを余儀なくされるという事に・・・。
と、悩んでいても仕方ないので、取りあえず自宅を慌しく出発、中野から電車に乗り高尾で中央本線に乗り換え、山梨市駅を目指すことに。
DSC_3110
途中、勝沼ぶどう園駅から見えた南アルプス。ああ、この風景を歩いている途中に見られるはずだったのに・・。
こうして奥秩父主脈縦走(一部)は波乱の幕開けとなったのでした。続きを読む

↑このページのトップヘ