u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

タグ:週末登山

2010年12月12日の竜ヶ岳ダイヤモンド富士登山の総括、でございます!
オマケエピソードもあるよw

◆登山データ
本栖湖キャンプ場駐車場(竜ヶ岳登山者駐車場) 4:59

本栖湖キャンプ場駐車場(竜ヶ岳登山者駐車場)発 5:19

竜ヶ岳登山口 5:29

石仏(東屋) 着 6:16

石仏(東屋)発 6:30

本栖湖分岐道標 6:55

竜ヶ岳山頂着 7:07

竜ヶ岳山頂発 7:59

竜ヶ岳登山口着 9:18

本栖湖キャンプ場駐車場(竜ヶ岳登山者駐車場)着 9:30


○本栖湖キャンプ場駐車場(竜ヶ岳登山者駐車場)は、かなり広い!
けどこれが元旦には満車だもんなあ・・・。
車は手前側に止めたほうがいいかも。

○竜ヶ岳登山道のルート上にはトイレ・水場は無し。したがって本栖湖キャンプ場内のトイレを使うべし。ただし紙は持参で
キャンプ場に入ってすぐのトイレは使えたけど、竜ヶ岳登山道入り口に近い方のトイレは冬季閉鎖になってた。
女子には厳しいかもなので、駐車場に来る途中の最初のトイレの方がキレイかな。

○登山道入り口〜石仏までは、最初はジグザグの杉林、途中からブナなどの広葉樹林帯、石仏手前あたりから熊笹シャキーン!な感じ。

○今の時期はまだアイゼン装着は石仏以降で大丈夫だろうけど、積雪のある時はもっと下から装着しないとかも。もちろん必ず持参で!

○ちなみにグリベルのスパイダー、嫁さんが使っても下山時には安心して降りてこられた。このくらいなら問題無しだね。ただ、新雪やもっと積雪がある時は軽アイゼンの方がいいかも。

○竜ヶ岳山頂は広い!けど結構熊笹に覆われているので時期によっては石仏の方がいいかも。ちなみに時期によってベストVIEWポイントは変わるのでネットなどで調べてから行く事をオススメ。


★エピソード1
下山時に合った夫婦に聞いたんだけど、「週末登山 竜ヶ岳でダイヤモンド富士!23」で、3枚目の写真で手を振っているんだけど、これが石仏あたりを歩いていた登山者の夫婦に見えていたらしい。自分たちに手を振っていると思って振り返してくれたらしいけどこっちは全く気付かず・・・ごめんなさい

★エピソード2
先日購入したOutdoor Reserchのキャップ」。
自宅に帰ってから嫁さんに洗濯してもらって・・・いたと思ったら「洗濯してないよ?」
え!!!??
「絶対持って帰った、チャコバッグに入れた!」
と言い張る俺。


取りあえず大急ぎで荷物をひっくり返して探しても出てこず・・・結論、どこかで落としたらしい。。orz

買ったばかりのモノを無くして、冷たい視線を送る嫁さん。
心当たりは下山後に立ち寄った「富士展望の湯 ゆらり」か、もしくはレンタカーの中・・・。
まずは「ゆらり」に電話してみると・・・なんと落し物であったらしい!!
アハハ・・・
先方にお願いして、着払いで送ってもらう事にしました
やー、見つかってよかった

そう言えばなんか、去年静岡にフェス行った帰りにも某隊員が同じような事してたなw

★エピソード3
前日のキャンプでいざ寝ようかとしたところ、実はアルティアックのインフレータブルマットが空気漏れを起こして使用不可に・・・。
どうやら空気を入れるノズルのところの接着が剥離してしまい空気が漏れてしまっていたようす。
仕方ないので、ブランケットやジャケットを下に引き、モンベルのラップスカートを巻いたまま嫁さんは一晩過ごしたのでした・・・。

これを機に嫁さん用のクローズドセルマットも購入検討しなくちゃだな〜。



・・・とまあ、取りあえずバタバタはあったけど、とにかくダイヤモンド富士はほんとにすばらしいです。
冗談抜きで涙がでました。また見に行きたいです&皆さんにもおすすめ!
寒さ対策をびしっとして、竜ヶ岳へGO!

※ちなみにダイヤモンド富士は時期によっては都内からも見られます。
が!
目の前で見ると迫力が違いますぜ!!

終わり。

11月最後の週末登山、秩父丸山の総括〜

芦ヶ久保駅発 8:18

丸山・大野峠登山口発 8:51

大野峠 9:59

大野峠発 10:19

パラグライダーの離陸場 10:23

電波塔 10:43

丸山山頂 10:46

丸山発 10:54

展示館 11:10

展示館発 11:59

分岐点 12:19

獣害防止ネット 12:39

いろりの宿 ふる里 12:50

いろりの宿 ふる里発 14:21

芦ヶ久保駅着 14:43


○芦ヶ久保駅には自販機あり、トイレあり。朝着いたときは道の駅は立ち寄らなかった

○芦ヶ久保駅→大野峠登山口までは国道沿いに歩くのだけど、国道はかなり交通量多い。歩道がちゃんとあるから危なくは無いけど。

○大野峠まではひたすら登りだけど登山道は整備されているので歩きやすい。ただちょっと飽きる…。

○丸山山頂は割りと広いけどトイレは無い。ベンチやテーブルはあり。展望もなかなかヨロシ!

○展示館は割かしキレイ。トイレ・水場あり。椅子やテーブルもあるけどこの時期はめっちゃ寒いので休息時の防寒対策必須

○展示館から芦ヶ久保までの下山ルートは広い登山道を下り杉林を通る。分岐点はどちらを経由してもOKだけど、左側のルートには途中トイレや茶屋は無い
右側のルートが多分オススメ。

○丸山登山で悩ましいのが下山後のお風呂。この時期は冷えた体を暖めたい!と思うんだけど、調べた限りでは丸山から日向山方面の下山ルートを取らないと「ふる里」には行けない(と言うか行きにくい)。
丸山近辺で登山帰りに立ち寄り湯に入るならふる里一択なんだけど…。
実は下山30分前くらいに連絡下さいとふる里の女将さんに言われていたので途中で電話したのだが、下山ルートを間違えてしまったため早めに宿に着いてしまったのだ。
だからもしかしたらお湯がぬるかったのは早めに着いてしまったせいかも知れない。
が、それにしても1050円はちょっと高いかと…せめて700円位ならなぁ〜。
ちなみに夏場なら芦ヶ久保駅道の駅にあるコインシャワーで良いんじゃないかと。


標高差も600mちょいあるし、登山道も歩きやすいし、良い山。
落ち葉度は三頭山以上かも。
ただ丸山だけだとちょっと物足りないかも知れないから、次に来る機会があれば日向山も合わせて行ってみたいかな。


それに今回の登山では改めて休息時の防寒対策、あとはちょっとお昼の時のカップとか保温性とコンパクトさを両立したものが無いかと考えないとだな〜と思いましたよ


週末登山 秩父丸山 おわり。

11月に入って伊豆ヶ岳、雲取山、三頭山と続いて、まさかの5回目の週末登山、突入!


明日は先週変更した「丸山」。
なんとも拍子抜けしてしまう?山名だがタイトルは「秩父」丸山。あちこちにありそうな名前なので、秩父をつけときました

◆標高:960m
◆登山口 芦ヶ久保駅 317m
◆標高差:643m

もうだいぶ紅葉も終わってるだろうから、「落ち葉登山」だね。
かなり寒いだろうからビシッと装備固めて晩秋登山?いやもう冬山か?とにかく冷えないように気合い入れて行ってきやす

昨日に続いて11月13日の三頭山の総括。

◆登山データ
武蔵五日市駅 08:00
↓バス
都民の森 09:26

都民の森発 09:47

鞘口峠 10:07

見晴らし小屋 10:41

展望台 11:16

三頭山 東峰 11:19

三頭山 中央峰 11:23

三頭山 西峰 11:28

三頭山 西峰発 12:19

三頭大滝 13:09

森林館 13:28

都民の森 13:34

○非常に雰囲気のある山。ブナ最高。ただやっぱり秋の素敵山だね。夏場は結構暑くて大変そうだ。都民の森からぐるッとまわるコースは結構歩き易いし、初心者でも十分楽しめると思う。

○山頂は東峰・中央峰・西峰と3つあるが、一番展望が良いのが西峰。
西峰・中央峰にはベンチやテーブルもある。東峰には何も無いけど。
山頂にはいずれもトイレはなし。
南には富士山、北側には雲取山など奥多摩の山々が見える西峰がやはりオススメポイント。

○鞘口峠では11月5日にクマの目撃情報があったそうだが、この日は特に気配もナシ。まあ5日は金曜平日だったし、秋の週末なら人も多いので早々クマに遭遇する事はなさそうだけどね。とは言え熊鈴必須。

○とにかく武蔵五日市からのアクセスが悪すぎ。
正確にはバスの本数が少なすぎてあまりゆっくり出来ない。特に下山後の「数馬の湯」では、15:44のバスの逃すと次は17:00以降のバスて・・。
せめて繁盛期は臨時便を出すだけでなく、せめて1時間に1本は走らせて欲しい。

○数馬の湯は鍵つきロッカー込みで800円。結構良い温泉だったけどバスの時間のせいで全然温泉入った感じしなかった。むう。
数馬バス停から坂を下って、歩いて5〜7分くらい。


三頭山自体は良い山なのにアクセスの悪さで損をしてるような。
とは言え、みんなマイカーやバイク、チャリでも来てる人もいたけどね。
ここはまた行きたい山かなー。
・・・アクセスの問題さえ解決すれば(苦笑)。

秋の素敵山として、イチオシです。


終わり。

と言うわけで。
今日の霧藻ヶ峰のおさらい。

◆登山データ
三峯神社バス停(駐車場) 10:55

奥宮 白い鳥居 11:05

妙法ヶ岳分岐 11:16

二股桧 11:38

炭焼平 11:58

地蔵平 12:17

秩父宮レリーフ 12:25

霧藻ヶ峰山頂 12:27

霧藻ヶ峰山頂発 13:37

炭焼平 13:58

妙法ヶ岳分岐 14:22

奥宮 白い鳥居 14:30

○三峯神社へのバスは、西武秩父から乗ったほうが良い。西武秩父線で三峰口まで行けるが、バスが満員で座れない場合45分ほどグネグネ道を立って行かないとならなくなる。
○三峯神社境内の温泉はとてもきれい。
○霧藻ヶ峰までのルートは非常に歩きやすくてアップダウンもほとんどない。正直、高尾山より楽かも・・・。
○帰りのバスは空いてた。
○山頂手前にトイレあり。割とキレイだったと思うけど嫁さんは「それなりの覚悟があれば可」だそう。

今回は霧藻ヶ峰までの時間や難易度的な感覚値がわからなかっったため、妙法ヶ岳はカットしてしまったがちょっと勿体無かった。折角遠くまで来たのに元を取れなかった感が・・・。
次回来る時は、前白岩山まで足を伸ばしてみるか、もしくは大輪バス停からの三峰山を目指すルートでもいいかも。
まあ、途中雲取山から帰ってくるジイサンや山小屋のオッチャン、三峯神社に豚みそ漬け丼、西武秩父駅でのストリートライブと中々面白ネタがあったので良かったかな。
これから紅葉の時期は混雑しそうなルートでした。

週末登山 霧藻ヶ峰 おわり。

↑このページのトップヘ