u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

タグ:登山

DSCN4176_R
5か月ぶりの山、行ってきました。
久々の裏高尾錬。続きを読む

ゆるやかな山の時間。
DSCN4047_R

冬の奥多摩ハイク、1日目ラストです。続きを読む

先日購入したALTRA ローンピーク4.5を、山初めの大山詣ででフィールドテストしてきました。
DSCN3875_R
個人的な感想になりますが、簡単にレビューしてみたいと思います。
続きを読む

白銀の世界から、古の往還へ。
DSCN3888_R
大山詣で その3です。

続きを読む

令和2年初めの山は、やっぱりここ。
DSCN3743_R
雪化粧の丹沢大山へ。

続きを読む

夏山の浮かぶ空には、もう秋の気配。
DSCN8616_R
灼熱の大山錬、つづきです。

続きを読む

カラダを試すにはやっぱりここでしょ。
DSC_1355_R
リハビリハイク→大山錬!続きを読む

9月24日 月曜 3日目。
泣いても笑っても今日が最終日。最後くらいは晴れの涸沢を見たい・・と思っていたけど、朝5時30に起きて最初に聞いた音はまたも雨音だった。
DSC_1216

今日は雨だろうが晴れだろうがとにかく下山日。
とりあえず身支度を済ませ、テント以外のものを一旦パッキングして小屋まで移動し、朝食を採る。
その後、テントの撤収。

DSC_1217
二日連続で雨に打たれたHUBBA HUBBA HP。雨漏りする事は無かったが、さすがにフライも水を含んでしっとりとしてしまっている。ただ、初日にサイドのガイラインを追加して、小まめにテンションをかけ直していたのが功を奏したのかインナーまで濡れてしまうことは無かった。
ともあれ、雨を簡単にはたいて手早く撤収。

DSC_1222
テントを片付けた後にはHUBBA HUBBAのカタチに乾いた地面が残っていた。

DSC_1225
それにしても今回このコンパネを借りておいて本当に良かった。
2日で1,000円を高いと見るか安いと見るかは個人によるだろうけど、幕営する場所によっては絶対借りた方が良い(数に限りはあるけど)。これによってインナーのボトムの岩場からの保護、雨による濡れの軽減、そして何よりフラットな寝心地を得る事が出来る。
ちなみにサイズはおそらく2m×1mくらいか。HUBBA HUBBAと比べるとやや小さいのだが、全然問題は無かった。続きを読む

時刻は14時45分。
DSC_1163
朝は夕方18時までは雨が降り続く予報だったが、この時間になって予報がまた変わったらしい。
涸沢を濡らした雨はすっかりあがり、分厚い雲の向こうからは青空も見えてきた。

DSC_1165
DSC_1169
数の少なくなったテント場は雨上がりのガスに覆われている。
北穂方面には南稜の姿も見えてきた。
続きを読む

9月23日日曜 2日目。

深夜、テントのフライにパラパラと何かが当たっている音がした。
風が出てきて、砂埃でも舞ってるのかな?と思って、特に気にせずそのまま再び眠りにつく。
この時点でもまだそのことは全く想像だにしていなかった。


午前3時30分、予定通り起床。
フライを叩く音がはっきりと聞こえる。これは・・・・間違いなく雨音。
外に出てみると、普通に、雨。

とりあえず、奥穂の早朝アタックは一旦中止。どうせこの天気では御来光も拝めない。
陽が出て雨が止んだら登り始めても充分時間はある。
そう思いなおして再びシュラフにもぐりこんだ。

それから2時間半後。
DSC_1128
午前7時5分。
雨は止まなかった。

DSC_1129
奥穂方面には分厚い雨雲がかかっている。
DSC_1130
常念側もどんよりとした天気。
一昨日まで天気予報では、この3日間は持つはずだったのに。続きを読む

↑このページのトップヘ