u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

タグ:七ツ石山〜鷹ノ巣山ソロ201211

明けて10月28日 日曜日。
予定より10分早く、3時50分ごろには起床。というのもフライシートを軽く叩く雨音で目が覚めてしまったのだ。
やっぱり雨は早めに降り出したか・・と思いながら、取りあえずはのそのそとシュラフに足を突っ込んだままお湯を沸かし、朝ごはんを食べる。
DSC_1786
コーヒーにリフィル。
気温は結構寒くて5度くらい。昨晩はダウンパンツ+上はフリースにダウンベスト、シュラフはナンガの250DXで就寝したのだけど、途中寒くて持ってきていたダウンジャケットを着込んでようやく寝られた。
そろそろシュラフも冬用の方が安心かもしれないな・・・。

と、朝ごはんを食べていたら雨音がいつの間にか聞こえなくなっていた。
どうやら雨は止んでくれたらしい。
今のうちに撤収しよう、そう決めると急いでバックパックに荷物を突っ込み、避難小屋の入り口に取りあえず置いておく。
DSC_1788

テントも続いて撤収。
DSC_1791
フライシートとインナーを分けるためのドライバック、やっぱり必要だな。。。

それにしても少し明るくなってきたが、どうも霧が濃い。
ちょっと不安なのでしばらく避難小屋前でコーヒーを飲みながら待機。
DSC_1789続きを読む

テント内でしばしまったり一人飲みを楽しんでいると、気がつけば辺りはすっかり暗くなっていた。
DSC_1770
時間は17時26分。
そろそろ晩飯にしようか。
DSC_1775
寒くなってきたのでやっぱりこれでしょ!
って事でカレー鍋。100均で売ってたカレーうどんの粉を使って簡単に出来る。
野菜たっぷり、豚肉にスライス餅を投入。そしてナゼか余ったオクラも。
ワインはいつものプラティプリザーブに入れてきたのだけど、今回はセブンイレブンで売っていたフランジアの300mlにしてみた。ソロで一泊ならこの分量でちょうど良い。味もさっぱりとしていて飲みやすい。

DSC_1777
それにしてもトランギア ミニはとても使い易い。
そして先日Hiker'sDepotで購入したT'sの風防の安定感は抜群。重心が低く、かつ風防とトランギア ミニとの隙間も絶妙。安心して具を投入してグツグツと煮込める。

DSC_1778
〆はカレー雑炊。タマゴ忘れたのがちょっと残念だったけど激ウマでした。続きを読む

高丸山からの急な下りを降りてくると、続いて日陰名栗山への取り付きに出る。
DSC_1717
かなり角度のある下りを降りてきて、しかも昼飯ヌキ状態。かなりグタグタになっていたので迷わず巻き道へと進む。
DSC_1720
DSC_1721
陽の当たる場所は紅葉が進み、日陰になるところはまだ緑が残っている。
霧の立ち込めるなか、鷹ノ巣避難小屋へと道を急ぐ。

※ちなみに10月22日に、この巻き道(おそらく高丸山方面の巻き道)付近で熊が目撃されたそうです。
自分が歩いている時は幸い気配はありませんでしたが、ハイカーも少ないので注意は必要そう。

DSC_1724
苔ももう色が変わってきていて、冬が近いことを感じる。続きを読む

霧のなか、七ツ石山へのトレイルへ。
DSC_1677

七ツ石小屋をあとにして、山頂への登りを歩く。
そう言えば小屋で昼飯を食べるのを忘れた。ので、歩きながら柿ピーを1袋食べる。
DSC_1679
小屋から15分ほどで石尾根に合流。
標高1,650mほどのこの辺りではだいぶトレイルに落ち葉が積もっている。
北アルプスや南アルプスではもう雪の下に隠れてしまっている箇所もあるだろうけど、2,000m以下の山ではまだ秋と、そして冬の一部が同居しているかのようだ。
DSC_1680
落ち葉のトレイルを歩く。続きを読む

地元の駅を朝5時10分に出発。
途中、電車の窓から見える空はどんよりとはしているものの、まだ雨は降っていない。
これなら大丈夫か・・・と安心していたのだが、奥多摩駅についてびっくり。
フツーに雨が降ってる・・・。

到着してすぐのバスに乗らなければ、あと1時間近く待たなければならない。
取りあえず雨による中止か強行かの判断は鴨沢のバス停についてから考える事にして、小菅行きのバスに飛び乗る。
DSC_1643
7時58分、深山橋でバスを下車。
以前雨は降り続いている。取りあえずこの場所では思案しようにも荷物も下ろせない。
バックパックのストラップを閉めて、ここから約20分の歩き、しかも雨の中か・・・と息をついた時、1台の車が道路わきに停まった。
すると車に乗っていた運転手さんが
「どこまで行くの?」
と声をかけてきた。

まさ「鴨沢までですー」
運転手さん「良かったら、乗せてあげるよ。」
まさ「!マジっすか!!」

雨の中20分近く歩かなければならないと思っていた矢先、これはとてもありがたかった。
正直、ここで20分雨の中を歩いていたら、登る気も失せて昨日のうちに撤退していたかもしれない。

心優しい運転手さんにお礼を言って後部座席に乗せてもらう。
運転手さん一人かと思っていたら助手席にもう1名いて、どうやら見た感じ親子?のようだ。
話を聞くと、日原方面から二軒小屋尾根を上がって、芋ノ木ドッケに上がる予定だったらしい。が、どうやらこの天気で諦めて帰る途中だったらしい。
本当に感謝!

このハイカー親子さんのお陰もあって雨に濡れることも無く8時5分、鴨沢バス停に到着。
DSC_1644
お礼を言ってハイカー親子を見送った。

さて、ここからが問題だ。
雨はまだ降っているが、空を見ると雲が薄く先ほどよりも明るくなっている。
そして心なしか雨も弱くなってきているような。
DSC_1645
自宅から持ってきたお湯でコーヒーを入れて、飲みながら待機。
ちなみに撤退するなら奥多摩行きのバスは9時32分。あと1時間ちょいある。それまでに雨がこれよりも酷くなるようなら撤退だな。。。続きを読む

どうもここのところ天気との相性がよろしくない。
この週末も、晴れなのか曇りなのか雨なのか結局ははっきりとしないまま土曜の早朝を迎えてしまった。

が、取りあえず現時点では雨はなし。
image
ってことで、いっちょ行ってきます。

久々のソロ、久々の奥多摩。
そして実は初のソロテン泊だったりして(^^)v
天気よ、明日の昼まで持ってくれ!

※タイトル変更しました(--;

↑このページのトップヘ