u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

タグ:テント泊

11月の3連休、土〜日と久しぶりの奥多摩ハイクへ行ってきました。
奥多摩駅から石尾根を登り、12時過ぎに鷹ノ巣山山頂へと到着。
DSC05614
いつものようにのんびりハイクなので、あとは鷹ノ巣避難小屋まで下るだけ。
テント場でまったりと過ごします。続きを読む

11月の3連休の土日を使って久しぶりの奥多摩へとハイクへ行ってきました。
奥多摩へは5月の奥秩父縦走以来、約半年振り。季節は春から夏を過ぎ、すっかり秋へと移り変わっていました。
DSC05549


続きを読む

10月の三連休、せっかくなのでどこかに行きたい・・と思ってはいたのですが、日曜・月曜と所要があり、土曜も丸々は使えない、でも山に行きたい!そしてあわよくば寝たい!という事で、以前から気になっていた丹沢の「大倉高原山の家」でテント泊して、翌日早朝から山に登る、というプランに大決定。

DSC_0536_R
しかし、ようやく決心がついたのが土曜のお昼過ぎ。慌ててパッキングを済ませて、自宅を出たのがすでに14:30過ぎ。なんとか暗くなる前にテントを張りたいと思っていたものの、この分だと微妙な感じ。とにかく、一路小田急さんに飛び乗り渋沢を目指すことに・・・。続きを読む

そんなに甘くなかった白馬さん。
木道を歩いたのはほんの10分足らず。
DSC_0212
再びガレ場のコースへ逆戻り。。。
DSC_0211
アウアウアー

このあとはお察しの通り、ルート上にゴロゴロと転がるデカイ岩、そして標高を下げるごとにぬかるんでいく道に大苦戦。
既にこの時点で6時間近くの行程を歩いていたため、疲労でペースもがた落ち。先日の両神山の時のように、『もう着くから!』を繰り返しながら歩く事さらに30分。

DSC_0215
やっと!前方に栂池ヒュッテの屋根が見えてきた!!
しかし、ゴールを目前にして上げられないペース。このとき足の親指裏に豆が出来てしまっていたようで、痛みで早く歩けなかったのだ。
それでもなんとか一歩一歩足を運び、
DSC_0216
9月24日15:34、無事栂池自然園・栂池ヒュッテに到着!
疲労のため心なしか万歳の手が上がりきってませんなw
この日は7:34に頂上宿舎を出発したので、ちょうどここまで8時間の計算。途中の休憩を考えれば歩行時間は7時間弱くらいかな?やー歩いた歩いた!
初の北アルプス+高山+テント泊山行だった嫁さんも、お疲れサマ!

DSC_0217
下山したら食べようと思っていた栂池名物?野いちごソフト。甘みと程よい酸味で疲れも吹っ飛ぶ・・・とは行かないけど、美味し!
その後、栂池からロープウェイと
DSC_0218
ゴンドラリフトを乗り継ぎ下山。
DSC_0219
文明の力って、すごいのねぇ。標高差1000mをわずか15分で下る・・・。

そして以前隊員Kに教えてもらった倉下の湯で二日間の汗を流す。
DSC_0222
翌日には、下山してきた隊員Yも立寄ったらしい。
ここの露天風呂からは、白馬三山がバッチり丸見えなのだ。ついさっき下山してきた山を眺めながらの風呂はまた格別!


DSC_0221

と言うわけで、憧れだった白馬岳を無事制覇して、大満足で帰路に着く。
帰りの駐車場からは、やはり白馬三山がキレいに並んでお見送りしてくれた。

今回の山行、実に色々と経験になったし、勉強になったし、すばらしい思い出も沢山できた。
低山には低山の魅力があるけど、高山の魅力もやっぱり捨てがたいね。
反省点も多かった山行だけど、ホントに楽しかった。

以上、秋山登山 白馬岳 おしまい。
反省点とかは後日総括にて!

・・・とは言っても、前半の3連休は特に予定ナシ。
と言うか、実は先日の両神山の際に、下山時に膝を少々痛めてしまい、それがまだ完治していない事もあって安静にしています。
がしかし、脳内は活発にMP中。

それもこれも週末のたびに天候が安定しないせいじゃ!!
まったく、今日からの3連休だって悪天候かと思いきや今日明日はなんとか天気持つっぽいし。
安静にしなければならないとは分かっていても、こう、うずいてしまうじゃないか。

とりあえずの心配は来週23日〜24日(もしくは最悪24〜25日)の天候。
今予定している山行も、天候によっては色々変更を迫られるかもしれない。

■白馬岳(快晴ルート)
800px-Shiroumadake_from_maruyama_26_2000_7_30

もともとは栂池側から白馬大池にテント泊→翌日白馬岳登頂→白馬大池→栂池のピストンの予定だったのだが、このルートを嫁さんに話したところ『このルートはちょっと無いなあ』と言われてしまい。。。
それもそうか、2日目の行動時間が長すぎるしね。
ってことで、オーソドックスなルートに変更。
・猿倉→白馬尻→大雪渓→白馬岳頂上宿舎(テント泊)→白馬岳→白馬大池→栂池
と、ぐるッと回るルート。
これが一番行きたい、理想のルート。
天候も雨さえ当日降っていなければこのルートで決行かな。やっぱり登りたいし、白馬岳。
ただ、天候が回復したとしても前日までの雨と当日の気温上昇で雪渓の雪が緩んで落石が起き易くなる可能性も。
もし当日の情報で大雪渓ルートが無理な場合、唐松岳に変更するかもしれないな。


続きを読む

↑このページのトップヘ