u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

カテゴリ:物欲魂 > ギア

シェルターやツェルトを使う人にとっては恐らく当たり前の装備、そうでなくても湿度の高い場合、冬季などは使う人の多いシュラフカバー。
57e6e622
今までは使用しているテントがダブルウォールのHUBBAHUBBA HPだったので、あまりテント内の結露などは気にすることは無かったのですが、META 1Pを使ってみて、改めて必要性を実感しまして・・・。
重い腰を上げて、きちんと導入を考える事にしました。続きを読む

先月購入したBlackDiamondのリボルト、このGWでようやく実戦投入できたのでその使用雑感などをレビューしたいと思います。
DSC_3226続きを読む

先日の雁坂峠ハイクで、今年の3月にガレージブランド[MOUNTAIN NEVERLAND]を立ち上げられたデザイナーさんにお会いしました。
DSC_3105
屋号は[atelierBluebottle]。
シャープ、かつ繊細な雰囲気があります。
続きを読む

久しぶりのテン泊パッキング。
DSC_2997
たっ楽しい・・・!続きを読む

ヘッドランプ、新調しました。
DSC_2974
110lmはまっマブシイです! 【2013/04/10追記】続きを読む

以前からボチボチと記事に書いておりますヘッドランプの考察について。
あれやこれやと書いておりましたが、紆余曲折を経てBlackDiamondのReVoltを購入する方向でほぼ固まっています。
御存知の方も多いと思いますが一応さらっと書いておくと、このヘッドランプ、2013シーズンからBlackDiamond発売を始めたもので、その大きな特徴はヘッドランプをUSB経由で充電できる、という点にあります。
これにより移動中の車内や、PC経由、また通常のコンセントでもUSB変換アダプタを取り付けることで充電ができるようになる、という、従来のヘッドランプで言えばPetzlのCOREのみが実現していた機能をより手軽に、そしてリーズナブルな価格でその恩恵を受けることが出来るようになります。

と、こう書くと非常に素晴らしいプロダクトのように思えますが(実際素晴らしいですけど)、ふと気になるのがそのバッテリー性能。以前、充電式ヘッドランプについて書いた記事で「ニッケル水素充電池を使用した場合はアルカリ電池の約2割程度のバッテリー寿命」と書きました。
ニッケル水素電池を使った場合はどちらにしても照射時間は短くなるようなのですが、それじゃ、あの有名な「エネループ」を使っている人はどうなんだ?と、気になったのでちょっと調べてみることに。
ouuu
続きを読む

昨日の記事でも書いた、BlackDiamondのReVolt。
先行するPetzlを追従するモデルとあってなかなかの意欲作だと思います。
それだけに結構スペックやら色々気になったので、ちょっとPetzlのCOREと合わせて比較をしてみました。
title
持っているわけではないので、スペック上から分かるその実力を考察してみます。
いわゆる特技の妄想ですw続きを読む

以前、LEDランタンのリプレイスについてうんたらかんたらと書いたのだが、前回・奥多摩小屋で朝撤収する際、YUさんのヘッドランプを見て思った。
俺のコズモ、暗い!
DSC_1939
DSC_1836
↑この前の奥多摩ソロハイク 早朝出発の際に撮った写真。うーむ・・・。

まあ今まで使っていて暗いと思ったことも無いことも無いのだが、まあこんなモンだろうとタカをくくっていたのだ。
と言うのも、俺の周辺でも使ってるヘッドランプと言えば隊員T夫妻もコズモ、俺の嫁さんもコズモとまさにコズモ教の如く同じタイプばかり。
要するに、今まで回りに同じような明るさのヘッドランプを使っている人間しかいなかったのだけど、YUさんのPetzl(たぶんティカXP2)の明るさを目の当たりにして、ようやく自分のの暗さを実感したというのがホンネ。まさに井の中の蛙なんとやら。
いや、なんともお恥ずかしい。続きを読む

テント泊で山に行く時、夜間のテント場・テント内での照明として重宝しているBlackDiamondのオービット。
DSC_1643
DSC_1644
使い易いダブルフックに
DSC_1646
軽量・コンパクトなBODY。

3年くらい前に購入して以来、テント泊のお供として大活躍してきたのだが、ここ最近になって気になるところが出てきた。
それは「明るさ」。続きを読む

ついに、というかやっと、というか。
DSC_1338
DSC_1339
ずーーーーーーっと欲しかったコレ。
トランギア ミニセット。

本当は今朝配達に来ていたらしいのだが、朝のバタバタで気づかず・・・。
先ほど嫁さんが受け取ってくれました。
ああ、ようやく俺の元にも来てくれたのね。続きを読む

↑このページのトップヘ