u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

カテゴリ:物欲魂 > ウェア

先日、嫁さん用に購入したユニクロのプレミアムダウンULベストについての記事を掲載して以来、blogのアクセス解析でどうやら「ユニクロ」「ダウン」「ベスト」でこのブログにやってくる人が随分多いことが分かった。
果たして情報が役に立っているのかどうかイマイチ不安なのだけど、せっかくだからこないだの仙丈ケ岳での使用雑感をレポしてみようと思います。
と言っても嫁さんから聞いた話だけどね(^^;

DSC_1592
先日の仙丈ケ岳では、あまり気温が下がらなかったという事のあったけど、標高約2,000m、ほぼ無風状態、気温約10℃の外気温下で嫁さんは化繊のTシャツにマイクロフリースジャケット+このダウンを着た状態で「暖かい」と言っていた。
自分もほぼ同じレイヤリング(Tシャツにフリースジャケット)のみだったけど少し肌寒い感じだった。
嫁さんは結構寒がりな方なので、その嫁さんが上記のような状況で「暖かい」と言っていたのは結構すごい事だ。

DSC_1593
このユニクロのダウンベストは、ダウンとしてはシンプルなシングルキルト構造。
コストを抑えて軽量化するには最も適していて、アウトドア向けのダウンでも夏向け・薄手のダウン製品で使われているもの。感心するのは、ボックスごとのロフトが以外にもしっかりしている点です。
腰周りと肩はパイピングされていて、こちらはサイズ的にはしっかりフィットしてます。
左右に2箇所ポケットがあるけど、出来ればここはジッパーをつけて欲しかった。
本来タウンユースなので仕方ないのだけど、アウトドアユースを考えるとジッパー付の方が小物を入れたりする時に断然安心感がある。

DSC_1594
表面は撥水加工されている、とあるけど実際この撥水力はあまり強くありません。
ちょっとした食べ物をこぼしたりした時に、さっとふき取れる程度はあると思いますが、山での、例えば軽い霧雨などでも数分外にいるとアウトです。
という事で心配な人はアウトドアでの使用前に防水スプレーなどをかけておくことをオススメします。


トータルで見れば、コストパフォーマンスは良い製品。コンパクトにもなるし、必要充分な暖かさは得る事が出来ます。
ただ、元々が街中での使用を目的とされているので、あまりアウトドアでのハードなシーンでの使用では期待しすぎると痛い目にあいそう。
前の記事にも書いたとおりベストは本来体温調整のための中間着であり、絶対的な保温力を求めるのであれば素直にダウンジャケット(フード付)を買った方が良いでしょう。
冬山でのちょっとした休憩時、テント場でのリラックス時、夜間保温力を稼ぎたい時のプラスαとしては充分満足出来る性能があると思います。

・・・と、こんな感じで参考になりましたかねぇ?

DSC_1314
嫁さん用のインサレーションウェアとして、ユニクロのプレミアムダウンベストを購入。
(右は比較用のTNF アコンカグア ダウンベスト)

■プレミアムダウンウルトラライトベスト
素材    表地:100%ナイロン,中わた:90%ダウン・10%フェザー,裏地:100%ナイロン
Premium Down ULTRA LIGHT    表面生地に極細ナイロンを使用。ダウンパックを使わず直接羽毛をつめ軽量化を実現。ダウン混率90%、フィルパワー640超の断熱効果に優れた高品質ダウン。
耐久撥水    生地表面に撥水剤をしっかり固着させることで、雨などの水を弾く撥水効果が長持ちします。
(HPより抜粋)

この手のダウンベストは、ちょっと寒い時、体幹を冷やさない程度にしたい時、また、ダウンジャケット等を着ていて保温力をプラスしたい時などにちょうど良い。
特に真冬まで行かないこの時期の山では重宝する。停滞時でも、体が温まるまでの行動開始時など。
あくまで補助的なアイテムと割り切って考えるべき、と思う。

DSC_1312
重量は約134g(W'S、サイズM)。

DSC_1313
ちなみにアコンカグアベストは228g。もう5年くらい前のなので結構重たい。けど未だに重宝してます。

DSC_1315
ちなみに左右にあるポケットの内側を引っ張り出し、そこにくるくると詰め込むと簡易ポケッタブルになります。
これは結構便利。

今週末の山行で試せるかな?

結局山にも行かず(行けず・・・)、そしてチャリも乗らず。
そんな日曜。
午前中はテントの修復をして、午後からは久しぶりに新宿〜渋谷の山ヤ巡礼をしてきた。
DSC_0884
今朝の雲取山からの朝陽はすばらしかったらしい。
うーん・・・・。

新宿から渋谷まで歩くのは本当に久しぶり。
久しぶりすぎて、明治通りには新しいお店も出来ていたりして、結構新鮮。
DSC_0885
DSC_0886
なんか良い感じのお店。地中海っぽい雰囲気が良いね。
DSC_0887
原宿手前、住宅街に一本入ったところにあるカフェ。いつもいくと椅子が上がっていて閉店?と思っていたけど今日は反対に大盛況。
DSC_0888
その向かいにある前衛的な建物。ここはギャラリーです。さすが!続きを読む

DSC_0765
■右がいつも使っていたMEのプロライトジャケット。左がヘリウム2。

山を歩く事において、特に二泊以上の山行では、途中天候の変化に見舞われることの方が多いだろう。
そんな時に、しっかりと状況に対応できるための準備をしておく事は、山に行く人なら初心者・上級者、男性女性、老いも若きも問わずに必要なこと。

特に、心配性な自分としては、今までであれば薄手のレインウェア1枚で北アに行こう、などとは思わなかったかも知れない。
しかしこの夏の時期だからこそ、ある意味テストするには良い環境だと思い、今回はレインウェア(上)としてアウトドアリサーチのヘリウム2ジャケットを試してみた。続きを読む

先日購入した一連のアイテムの試運転の意味もあった先週末の伊豆ヶ岳。
一番試したかったのはヘリウム2ジャケットだったけど、生憎?の快晴で出番はなし。
次に期待度の高かったのがOUTDOOR RESEARCHのノボショーツ。
DSC_0537
実際履いてみればいいショートパンツですよ。
ある点だけ除けば。。。続きを読む

6月くらいからずっと気になっていた夏用のショートパンツ。
ほんとはこっちもじっくり書こうと思っていたので改めて。
DSC_0408
冬場以外、よほどのことが無い限り基本的にショートパンツ+サポートタイツ+ゲイターが僕のスタイル。
とは言ってもちゃんとしたショートパンツは実は1着しか持っていなくて、毎回Mountain Eqipmentのホリーヘッドショーツを履いていた。
非常に軽く(210g)腰の辺りにベンチレーションが着いていたり、両サイドにしっかりしたZIPつきのポケットが合ったり、撥水加工されていたりと、まさに夏場の山歩きにはベストな1着。
特に不満も無かったのだけど、強いて言えば履きすぎて多少飽きていた・・・というのが不満と言えば不満?続きを読む

最初に言い訳をさせてもらえば、昨日あんな記事を書いたばかりでなんだけど、ある諸事情が無ければおそらくこうはならなかった・・・と思う。

という事で、夏のアウトドアリサーチ祭りw
DSC_0398
久々にこれだけ買い物をしたかも。
もうこの夏の物欲は打ち止めです。
DSC_0399
自分の結論としては、耐水性・透湿性は必要最低限で確保し、それよりも軽量さ・パッキング時のコンパクトさを優先する、という割り切りをする事にしたわけです。続きを読む

bousuitousitu

先日の甲武信ヶ岳で思ったこと。
その日は前日までの雨と当日の朝に降った激しい雨、そして気温の上昇という決してウェアリングとしてよくはない、要するに湿度の高いコンディションだった。
そんな中で、雨天時のアウターシェルとしての理想は一体どんなものなのだろう?

というのが、この雨の週末の妄想。続きを読む

↑このページのトップヘ