u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

カテゴリ:登山・山行 > 秩父・奥武蔵

5月に入ってGWも終わり、さて次の山はどこにしようかと色々と考えていたのですが、そう言えば以前購入してまだ使っていない、西武線の株主優待券があることを思い出しました。
株主優待券は、西武線全線で使えるお得なチケットで、いずれこれを使って三峰〜雲取山を歩こうと思っていたのですが、あれこれと他のハイクに行っている間にチャンスを逃し、気がつけば5月末で有効期限が切れてしまう・・という事で、勿体無い!という事と、色々と今月は予定があり、ガッツリハイクもなかなか行けなさそうなので、サクっと行けそうな低山ハイクに行く事に。
DSC_3259
場所は西吾野からスタートの、関八州見晴台です。続きを読む

伊豆ヶ岳の山頂前の広場で、早めのランチ。
DSC_2643
この日はいつも使っているエバニューのアルコールストーブにちょっとあるアイテムを入れて使ってみました。
2年くらい前に隊員Tに貰ったカーボンフェルト(写真アルコールストーブの内側に入っている黒いもの)です。

エバニューのアルコールストーブはその火力の強さは非常に評価できるのですが、反面構造の問題で火力が調節できません。そしてそのため、ちょっとした調理で弱火が欲しいときなどは、鍋を遠ざけるなどする必要があるのです。
しかし、このカーボンフェルトを入れる事である程度火力を抑えた状態での使用が出来ます。

結果として、カーボンフェルトは期待通りでした。火力は体感で30%ほどダウンといった感じですが、中火でずっと燃えている感じです。この日の調理ではあまり鍋を持ち上げて苦労することもありませんでした。燃費については若干良かったかな、といった感じです(使用アルコール約30ml、燃焼時間は約10分程度)。続きを読む

五輪山を過ぎて、いよいよ伊豆ヶ岳への最後の分岐。
男坂(鎖場)と女坂への分かれ道に。さて、どっちに進もうかな、と考えようかと思う前に、嫁さんがツカツカと男坂の方へ・・・まあ、何度もここは登ってるし、今日はコンディションも良さそうなんで男坂で進みます。
DSC_2619
※伊豆ヶ岳の男坂は原則として通行を控えるよう通知されています。
登る場合は落石や滑落に十分注意し、自己責任で進むことになります。自信の無い方や、お子さん、ご年配の方は女坂を進んだ方が良いでしょう。続きを読む

いつも秩父や奥多摩の山へ向かう時よりも1時間くらい遅い、朝6時20分。
DSC_2580
地元の駅のホームで電車待ち。今日は嫁さんのリハビリ登山も兼ねて秩父の伊豆ヶ岳へ。
嫁さん、もう随分山歩いてないなあ・・なんて思っていたら、昨年のゆるふわ登山の日和田山以来だった。
年末年始を挟んでしまったし、色々と忙しくてその間は自分はソロで2回ほど・・・いや、申し訳ないとは思ってますけど(^^;
続きを読む

DSC_2579
嫁さんのリハビリ登山も兼ねて。
明日は秩父のお気に入り低山・伊豆ヶ岳へ行ってきます。
続きを読む

ユガテから鎌北湖までは基本下り。
標高約280mから約180mまでゆる〜りと下っていく。
途中林道と合流し、集落が見えてくるともう鎌北湖はすぐそこ。
DSC_1970
そしてユガテから約30分ほど、鎌北湖の駐車場を見てびっくり!
満車、どころか駐車スペースに停めきれず路駐している車も。
いくら3連休の最終日、もみじ狩りには絶好の天気と言ってもこんなに混雑するようなメジャースポットなのか??
疑問を抱きつつも先に進む。
DSC_1975
鎌北湖は周囲2kmほどの小さな人造湖。湖畔の紅葉は今が真っ盛りで、確かに散策をしている人、釣り糸を垂れる人など観光客も多い。
DSC_1972
どうやらこの日は「鎌北湖紅葉祭り」の開催日だったらしい。
何も知らずに来たのだけど、バッチリヒットしてしまったようだ。続きを読む

秋も終わり、冬の足音が奥多摩や丹沢にも聞こえ始めてきた11月の終わり。
三連休の最終日は快晴の予報、という事で日帰りのハイクに行って来た。
DSC_1948
日帰り・・というと遡る事7月の終わりの伊豆ヶ岳以来なので実に4ヶ月ぶり。本当に久々。という事で今日はゆるゆるふわふわのまったりハイク。

DSC_1945
スタート地点の東吾野に到着したのは予定より遅れること約12分、8時21分。
というのも、この東吾野の駅で車両故障が発生したため、一つ前の武蔵横手でしばらく停車していたのだ。
↑の写真、左側の下り線の電車がその故障車両。
DSC_1947
こんなところで、駅員さんもなんだが待ちぼうけって感じ。

と、まあそんなことがあったのだけどとにかく天気はすこぶるよろしい!
この前の奥多摩に続いての快晴ハイク、テンション上がるぜ。続きを読む

DSC_0488
天目指峠からの登り返し。結構な急登だったりして。
ここから子ノ権現まで7つほどのピークを越えて行かなければならない・・・らしい(途中出合ったおじさん談)。
という事で延々とアップダウンを繰り返すこと・・・何回目だろう?
DSC_0490
ようやく愛宕社の祠を超えて
DSC_0491
鳥居を超えて
DSC_0493
例のヘンな手が出てきたら

DSC_0494
やっと着いたよ子ノ権現!
やっぱ遠いなここわ!!
DSC_0495
DSC_0496
巨大ワラジ、綺麗になった??
続きを読む

五輪山で小休止をしてからいざ、伊豆ヶ岳へ。
DSC_0465

DSC_0466
いつもなら男坂でロックンロールをぶちかますところなのだが、今日はパス。
女坂方面から登るのは初めてかな。

DSC_0467
DSC_0468
しばらく進むと突然前方にデカイ蛙登場。
どうやらヒキガエル。いきなり出てきたからかなりビビッタ。続きを読む

ひさしぶりの西武線に揺られて登山口である正丸駅を目指す。
DSC_0427
途中高麗駅から見えたのは、My ラブリー 低山”日和田山”。
右から2個目のピークが山頂。そのすぐ下に絶景の金毘羅神社があるのだ。ホントにのーんびりしたい時は超おすすめ。ここはね、晩秋〜冬が良いです。空気が澄んでるとスカイツリーまでバッチリ丸見え。

DSC_0428
DSC_0430
そうこうしているウチに正丸駅到着。やー久しぶりだ。
前回来たときよりちょっと時間が遅めなんで、ささっと準備して
DSC_0432
8時16分、正丸駅出発。
相変わらず平行感覚のおかしくなる階段を下り
DSC_0433
集落の中を進んでいく。続きを読む

↑このページのトップヘ