u n l i m i t e d

山へ、森へ、歩いたり、走ったり。

カテゴリ: 登山・山行

68456002.jpg
f7a7ecb8.jpg
5bb9cec2.jpg
5/3 13:05

気を取り直して先ずは奥多摩小屋への登山道をアタック!
しばらく登ると見晴らしの良い尾根道に出る。
二枚目の写真、すご〜くうっすらだけど富士山写ってるの分かるかなぁ。
曇取山の魅力ってこんな大パノラマを観られる事だよね〜。歩きたかった道だ!

d14d4330.jpg
256ad737.jpg
5/3 12:55

さらに衝撃の事実。
なんと同ザックが早くも登場!
今日がデビュー戦のマイナムチェ、こんな早くに被るとは思わなかったぜ…!


ちなみに、彼とは下山時刻も同じでした(笑)。

c6bb0771.jpg
5d38f6b6.jpg
5/3 12:50

ブナ坂到着。
途中七つ石山は巻き道で回避したため、この場所は巻き道、七つ石山、石尾尾根からの合流点となる。

ここからいよいよ奥多摩小屋→小曇取山→曇取山への地獄の三連戦が始まるのだ。


ところで。
ここまでの予定時間、30〜40分ほど巻いてるらしい。
つまり貯金がある。

そりゃハンガーノックも早いワケだ

b9bf9b2e.jpg5/3 12:15

昼飯。
実はこの直前、見事なまでのハンガーノックに陥り足を運ぶのも拷問のように感じていた。
何とか着いていこうとするが体は言うこと聞かず…。

こんな時はとにかくエネルギー補給して休むしかなし。

ランチパック×2で何とか回復

7612872b.jpg5/3 10:55

先ほどの休憩場所から20分ほど上がると登山道左手に湧水がある。
今回はあまり水を持ち歩いていなかったためここで給水。
が、やや土っぽくて味はイマイチ。まあ仕方なし

1c6eefbc.jpg
05ebb8f7.jpg
5/3 10:33
登りはじめて最初の休憩。
気温も比較的高く、既に汗ダラダラ。帽子のツバからも汗がポタポタ滴るくらい。

かなりいいペースで登って来ている。
が、実は俺にはオーバーペース気味だったらしく…。後々まで引きずるダメージを負っている事に気づかなかった

69a5ba7d.jpg
c6bda40e.jpg
4183608e.jpg
案の定雲取山のコースは途中からほとんど電波入りませんでした(^^;
って事で昨日の登山開始から再びレポート

5/3 9:53
ようやく長い舗装路と林道を抜けて登山道入口に到着。
既に汗だく、ウォーミングアップは十分過ぎるくらい。

辺りの風景には山桜もちらほら。癒されるの〜。

↑このページのトップヘ