20230624_185046_R
やっぱり良いです、FUELCELL REBELv3.



デイリーのランニングの相棒として大のお気に入りであるnewbalanceの「FuelCell REBELv3」。

今年の4月にv3の1足目を購入し、半年が経過したのでその後どんな感じ?と言うのを簡単にレビューしてみたいと思います。
と言うのも、このFuelCell REBELv3の前モデルである「v2」は、アッパーの強度がヤバく、下手したら100卅っただけで裂け始めるという、ある意味では欠陥をもったシューズでもありました。
ソールの出来が素晴らしいだけになんとも勿体ない・・・。のですが、その後継である「v3」も、購入時からアッパーの強度はどうなんだ?とかなり懐疑的ではあったんです。
そんなv3ではありますが、この半年間、月間ではだいたい平均して200劼らいの走行距離、月間では23日〜25日くらいの走行日数の状態でどんなものかと言いますと・・・
20231021_140601_R
まあまあボロボロにはなってきましたw
が、少なくとも自分が履いているv3ではアッパーが裂けたり劣化したり、ということは一切ありませんでした。 しかもシューズの走行距離はなんと「645.8km」!前のv2が、補修を繰り返してなんとか200〜300劼鮖たせていたことを考えれば、超絶優秀な強度と言えるでしょう。と言うかこのくらい普通なんだろうか・・?
20231021_140443_R
さすがにソールのクッションはかなり減衰していて、反発も当初の半分強といった印象ではありますが、ローテーション要員としてはまだまだ使えそう。ただメインとかロング走すると足への負担が大きいので、そろそろ新しいシューズが欲しいところ。
という事で
20231021_140354_R
某カリで激安になっていたFuelCell REBELv3のほぼ新古品みたいなのを購入。走行距離10劼覆鵑突いてないようなもんでしょう。
↑のは「PermaFrost」というモデルで、アッパーに撥水性を持たせ、ソールのグリップも向上させた全天候型のランニングシューズらしい。まあこれから冬だし、こういうものもアリかなと思って。デザインも結構気に入ってます。
20231021_140457_R
ただシューレースが謎仕様なんだよなあ。なぜか左右のシューレースの両端がくっついてて、またシューレースを締めるのも留め具で締めるもので、これが走ってて緩んでこない?と言う点が心配。まあ最悪両端のプラパーツは外して、普通に結べるように魔改造してもいいかな。
20231021_140341_R
ちなみに←の今まで履いていたほうはサイズが27cm(D)だけど、今回はサイズは27.5cm(D)にしてみました。冬場は厚手のソックスを履くケースもあるのでこれくらい余裕があると安心。
20231021_140428_R
並べてみると、多少グリーンの方がソールも沈み込んでる感じするけど、それでもこれだけあるんだから優秀だよなあ。

↑27cmだと1万切ってます。
この手のシューズでは本当おすすめ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック