夜ランのお供に。
20230523_100350_R
ムサシ 充電式スーパーフラッシュライト 6W(COB-WL005BK)

最近物のレビューばっかで恐縮です。
走ったり山に行けないとついついギアを買いがち・・・結果レビューも増えちゃうんですが、まあと言ってもそんな多い訳じゃないですけど。
自分はと言えば、順調に右膝は回復してきてまして、ランニングも徐々に再開しています。
だいぶ走れるようになったので、今のところレースに向けての調整、といった形ですが、一応今週末ちょっとトレイル入ってみてどうかな〜と言うのを含め、最終的にDNSかどうするのかは判断したいと思ってます。

で、今回のギアですが、 
20230523_100553_R
ムサシ 充電式スーパーフラッシュライト 6W(COB-WL005BK)




こちらです。
主な使用用途としては、夜ランの時のヘッドランプ代わりに。
普段夜ランではBlackDiamondのSPOT400-Rやnitecoreのnu-17を使ったりしています。



この2つに不満があるという訳ではないのですが、一つはヘッドランプって当然顔を向けた方が照らされる訳で、夜ランでは主に市街地を走るとき、すれ違う人とか車とかに結構光当てちゃったりして迷惑になってないかなーと気になってたんです(え、気にならない?)。まあ大した事ではないかもだけど、これ何とかならないかなーと。
そう考えてみたら、ザック、あるいはランニング用のベルトとかにクリップで付けられるライトがあれば良いんじゃない?と。
ただこれが意外と理想的なものが無くてですね・・・。トレイル用だと、milestoneからこんなのがありますね。

これももちろん良いんですが、普段の夜ランに使うにはちょっと、いやかなりオーバースペックw
もうちょい気軽なのないかとあれこれ探したところで見つけたのが、今回購入したムサシのこのライトだったわけです。
20230523_100350_R
いわゆるCOBライト(発光面が広いという特徴のライト)で、遠くを照らすと言うよりは足回りを広く照らしてくれるライトです。実はこの形状のライト、知っている人はAmazonとかで4個セットが1000円ちょっとで買えたりするヤツを見たことあるかもしれないのですが、あれは中華製の激安COBライトで、品質面や性能がちょっと怪しい感じがしました。
それで、さらに調べてみたら日本メーカーのものがあるじゃないですか!お値段は中華製よりも高いけど、信頼を買うと思えばそう高くもない。あ、こちらの商品も製造は中国ですが、日本メーカーの株式会社ムサシが品質管理は行っているようです。
20230523_100057_R
20230523_100110_R
パッケージはこんな感じ。
性能で言うと

【光量/照射時間】
600lm/1時間
350lm/1.5時間
100lm/5時間
点滅/3時間

【防水性能】IP65

ここで自分が注目したのが「100lm/5時間」というところですね。夜ランならこのくらいの光量で十分なはず。逆に600lmで走ったら、それこそ眩しすぎて危ないですw
実際届いてから、試しに点灯してみたらうっかりライトを見ながら一瞬点灯してしまい、某ラ〇ュタのム〇カ大佐みたいに「目が!目がぁ〜あ〜ぁ〜!!」ってなりましたw
なので、もし購入してもライトを見たまま点灯は厳禁ですよ!
20230523_100150_R
パッケージ内容としてはシンプルで、本体と充電ケーブル(USB TypeA→C)のみ。
そうそう、この充電がUSB Type-Cと言う点もポイント。最近身の回りのデジタルガジェットもどんどんUSB-C化しているので、ケーブルが共有できるのはありがたいですね。
20230523_100336_R
裏面にはマグネット(銀色の丸いやつ)と、クリップが着いています。クリップはちょっと固めかな。でもしっかりしてるのでそうそう簡単に壊れたりはしなさそう。
20230523_100317_R
上部のカラビナ式クリップ。色んな所に取りつけ可能。
20230523_100300_R
大きさは本当手のひらサイズ。かなり小さいです。
20230523_100412_R
向かって右側面に充電差し込み口と、その上には電源スイッチ。レビューで押しにくい、みたいな事書いてあったけど個人的にはそんなことは無いかな。押すごとに

600lm→350lm→100lm→点滅→消灯

を繰り返します。ここは出来れば100lmスタートが良かったかな・・・。
20230523_100428_R
パッキンを開けてみると、USB-Cの差し込み口とちょっと分かりにくいけどその上に黒い小さい穴?が合って、これが充電ランプになっていて、充電中はここが赤く光り、完了すると緑になります。充電ランプはもう少し分かりやすいと良かったなあ。まあこれでも分かるけどw
20230523_100732_R
重量は実測値で約43gでした。

とにかく手のひらサイズなのに、最大光量だとめちゃくちゃ明るい。
最大光量だと1時間しか持たないですが、これ、充電しながらでも点灯可能なのでキャンプとかでも全然使えますね。COBライトはテント内とか照らすにはちょうどいいし、夜ラン以外にも使えそうです。
近々実際に夜のランニングでどんな感じかも試してみたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック