20220107_123621_R
とっても良いやつです。
finetrack SKYTRAIL PANTS(スカイトレイルパンツ)

ここ最近のInstagramや、あとはこの前の山初めでもちらっと触れてますが・・・
年明け一発目、冬用のロングパンツを購入しました。
買ったのはfineptrackの「SKYTRAIL PANTS(スカイトレイルパンツ)」です。
20220104_112510_R
実は ですね、昨年末に2021年駆け込み購入でサロモンのAGILE WARM PANTSというものを一度購入したんです。が、これが実物を見てみたところ完全なフリースパンツで、自分の使用目的からすると厚すぎるし、暑すぎる・・!ので、速攻で返品。
そもそもAGILE WARM PANTSを購入した理由も、今履いている同じくサロモンの「RS WARMPANTS」の後継だと思ったから。

このRS WARMPANTS自体は、すごく良い冬用のロングパンツでした。
前面に防風パネル、背面はストレッチ性の薄型フリース、リフレクターもあるし裾のジッパーもついてる。
ただ、1点、毎回履く度に思っていたのが「ハンドポケットがあれば完璧なのに・・」という点。
このパンツ、超ちっちゃいポケットが1つ左側に着いているだけなんです。
ハンドポケットはやっぱり便利で、手が寒いときはもちろん、例えば自宅出発する時にちょっと小物を入れておきたい時、この「ちょっと使いたい時」に使えることって結構重要だと思うんですよね。
なのでこれが出来ないのは本当使う度にストレスではありました。

それで、前述のAGILE WARMPANTSです。これはハンドポケットもちゃんと着いているし、結構見た目もシュっとしているし、今はラインアップされていないRS WARMPANTSの後継なんだろうなーと勝手に思って、実物はなかなか見られないのでオンラインで購入(アマゾン)し到着したのが昨年末の12月30日。ただ届いて実物を開けた瞬間「あ、これダメだ」となり・・・。

その後、12月31日の登り納めで同行したまんもがPatagoniaのWindShieldPantsを履いているのを見て(ちくしょうブルジョワめ)、ああ、やっぱ冬用のロングパンツはこういった薄手系が主流なんだなと思い(あ、自分みたいにトレランモドキやがっつり雪山とかじゃない場合ですよ)まして。
候補に挙がったのがそのWindShieldPantsか、finetrackのスカイトレイルパンツか、だったんです。
で、明けて1月2日にたまたま某フリマを見ていたら、使用回数極少のスカイトレイルパンツが格安で出品されていて、もう見た瞬間速攻で購入。
めでたく我が家に着弾したというわけです。

と、前置きが長くなってしまいましたが、購入して早半月。
ランニングはほぼ毎回(早朝、夜間、雪の日も)、あと山も1回行ってだいたい使用感も分かってきたんで、もう散々語られている部分もあると思いますが、レビューしてみたいと思います。
20220104_112501_R
やっぱり真っ先に目が行くのは・・・
20220104_113114_R
ハンドポケット!ちゃんと両サイドにある!!
もうこれだけでかなりうれしかったw到着したその日は何度も履いて、何度もハンドポケットに手を突っ込んだよね・・。
20220104_113103_R
あると無いとじゃやっぱり大違いです。特に自分みたいに普段からポケットに手を突っ込みたい派の人間にとっては・・・。ちなみに、TRIMETEXのトレイナーTXパンツももちろん検討したんですが、このハンドポケットが片側にしかないため早々に脱落しておりました・・・。
20220104_113131_R
フロントのハンドポケットにはジッパーが無いのですが、腰側のポケットにはしっかりジッパーがあります。なので例えばロッカーの鍵とか、後ランニング中に出たごみなんかはこっちに入れたりしてます。
20220104_113145_R
このお尻の部分のグレー箇所と、

20220104_113234_R
前面の太もも〜膝にかけての部分には、「エバーブレスメンブレン」+「フロウラップ」が使われていて、冷たい風を防いでくれることはもちろん、生地が丈夫なので山などで座ったりするときにもちょっと安心だったりします。
20220104_112522_R
個人的にかなりヒットしたのがこの「リンクベント」。finetrackを愛用している方ならよくわかると思いますが、ウェア内のムレを一気に放出出来るベンチレーターが前面太ももの左右についています。
これのお陰でパンツ内のムレも自然と解放されてくれるので、体感的にもかなり楽です。
特にランニングの時にこれはすごく感じますね。
自分はこのリンクベントは初体験だったわけですが、これが理由でfinetrackから離れられなくなる、なんてこともまあ分かるなあ〜って思いました。
20220104_113155_R
あとは、蒸れやすい膝裏部分は通気性の高い生地を使っていたり、
20220104_113225_R
膝周りは立体裁断で、足の動きを妨げないような作りになっています。
20220104_113247_R
裾周りはストレッチ素材。ちなみにここも撥水加工されているので、泥はね南下にも強いです。
ジッパーは着いてないんですが、正直なところ自分もあれ、めったなことじゃ使わないんですよね・・・。なので今回購入の時も「ハンドポケット>>ジッパー」が決め手でしたw

こうしてみると、部位によって使われている素材や裁断方法が異なったりと、かなり複雑な構造になっていることが分かりますね。
なのですが、これだけ複雑なのにめっちゃ軽い!
20220104_120731_R
実測値で約174g(Mサイズ)でした。
ちなみに以前履いていたRS WARMPANTSは
20220107_222521_R
約312g。140gの違いは結構大きいですな・・・。なので、スカイトレイルパンツは履いた感じも非常に軽くて、行動時のストレスはほとんど感じません。

ただ、軽いという事は当然生地はペラペラです。
RS WARMPANTSはその名の通り「WARM」なので、フロントパネルの内側に薄手のブロックフリースがライニングされていました。なので、これ1枚でも低山なら雪山に入っても大丈夫(個人差あり)でした。
ただ、スカイトレイルパンツはさすがにこれ1枚で雪山は厳しいですねw
なので自分は
20220104_120519_R
ワークマンのメリノウール(100%)のタイツを組み合わせています。
ランニングでも寒いときはこの組み合わせなら大体大丈夫。関東では1月6日に久しぶりの雪が降りましたが、この翌日のランニングでも上記組み合わせで大丈夫でしたし、先日の山初めで行った大山も問題なしでした。
20220109_071214_R
20220109_083048_R
ハイクアップ時にはこの「リンクベント」を開放しておくと、いい具合にパンツ内の熱気と蒸れが抜けてくれます。

こうして書くともはや欠点なし!な感じですが、気になることは1つ。
履いてると「シャカシャカ」音がするんですよね〜。
静かな山で歩いていると結構気になりました。いやまあ不快とかそういうのではないけど「あ、シャカシャカ言ってるな」って分かるくらい。まあ気になると言いつつ実際はそんなに気にはしてないですけどねw

20220107_123621_R
20220107_123717_R
自分は身長170cm、体重約70圓涼翔中背ですが、サイズはMでちょうどいい感じでした。
前述の通りワークマンのメリノウールタイツを組み合わせてもなんとか大丈夫。
山登りだと、若干膝周りが引っかかる感じはあるけどそもそも生地にストレッチ性があるしさほど問題ではないと思ってます。
ただ、気になる方や自分と似た体系だけどもう少しゆとりが欲しい・・なんて場合はLサイズでもいいのではないかと思います。

長いことあれこれと悩んでいた冬用のロングパンツ問題ですが、ようやく自分の好みのものに出会えた気がしてます。実際購入してからランニングの際はほぼ毎回履いているので、使用頻度が・・・。
デイリー用には何か別のランニングパンツをローテーション用に買おうかどうしようか・・ってくらいです。
でもやっぱりfinetrack、日本製だけあってよく出来てると思います!

↑Mサイズは売り切れ・・・でも多少ゆとりが欲しい人はLでも行けると思います!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック