お久しぶりの高尾へ、ちょっとシューズの試し履きに。
20211024_065924_R




きっかけは先日の「ゆるふわ八ヶ岳ハイク」の時の、どこかを歩いている時の
 「LONEPEAK4.5良いんだけどやっぱもうちょっとクッション欲しいよね。」 
 「そうなるとオリンパス4かTIMP3か・・でも高いよな〜」
なんていう会話。

今自分が山行で履いているシューズは、ALTRAのLONEPEAK4.5です。

結構グリップも安心感あって大きな不満は無かったんですが、久しぶりのハイキングという事もあった八ヶ岳ハイクでは、歩いている時、特に下りの際にソールの堅さが結構気になりまして・・と言うのも、本当久しぶりってこともあったのだろうけど、それにしてもかなり足に疲労が溜まったんですよね。
特に夏沢峠から本沢温泉への下りでは、トレイル自体はかなり歩きやすいのですが、下りの際の衝撃とか、ソールが硬いなあ、と言う感じが結構していて。。。
それで↑のような会話が出てきたんだと思うんです。

まあ、少し前からオリンパスなどのクッション系のトレイルシューズは興味があって、と言っても実際に買おうってところまでは行ってなかったんです。いや、今もまだ悩んではいるけど。
今までadidasのAgravicSpeedとか、それこそAltraのスペリオールとか履いてきていて、結構ダイレクト感重視のシューズが好みだったんですよね。ただやはり寄る年波には勝てず・・w
足やひざにも結構なダメージを感じるようになったため、そろそろクッション系にシフトしても良いかなと。
そこで、そう言えば高尾山にある「高尾山ベースキャンプ」でシューズレンタルをやっていることを思い出し、そこでサロモンのクッション系シューズ「ULTRA GLIDE(ウルトラグライド)」も置いていることを思い出し、久しぶりの高尾でのトレランついでに試走してみることに。

20211024_062244_R
10月24日の日曜、高尾山ベースキャンプの開店と同時にシューズをレンタルし、そのまま今回の起点となる日影沢の駐車スペースへ。
ちなみに高尾山ベースキャンプでのシューズレンタルは1日220円(税込み)、朝6時の開店から利用できます。このシューズレンタルのシステム、めっちゃいいですよね。試走会とかやるメーカーもあるけど日程が限定されるし、もっといろんなメーカーもやってほしい(確かonは丹沢・大倉でやってたかな)。
20211024_062257_R
早速今回レンタルした「ULTRA GLIDE(ウルトラグライド)」を履いてみます。
帰宅後気づいたのだけど、シューレースは余った分はシュータンに収納できるんでしたね、忘れてたw
キャプチャ
今回はこんな感じで走ってみます。
日影沢→小仏バス停→景信山登山口→小仏分岐→景信山→小仏峠→小仏城山→高尾山→蛇滝→日影沢
のラウンドです。
20211024_063404_R
まずは日影沢から景信山登山口まで、約2劼離蹇璽鼻
20211024_063453_R
早速このロードで、いきなりLONEPEAKとの違いを見せつけられました。
めちゃくちゃ走りやすい・・・!
ソールのクッションが効いているのはもちろんのこと、アウトソール自体も硬すぎないので普通のロード用のシューズに近い感じで走れます。LONEPEAKだと結構堅くて、走るのも少し躊躇する感じだったんですよね、ロードの場合・・。
20211024_064105_R
すっかりウォーミングアップも終わって、景信山登山口からエントリー。
20211024_064505_R
すぐに少々岩々した感じのサーフェイス。
LONEPEAKはどちらかと言うとソールの各ポイントのグリップが強い感じですが、ULTRA GLIDEはソール全体で噛んでくれる印象。ポイント自体もLONEPEAKよりも小ぶりですが、エッジが立っているので食いつきはとてもいいです。
20211024_065104_R
走れるところはなるべく走ってみます。
とにかくクッションが良くて気持ちいいですね。こんな感じなんだクッション系のシューズって・・w
いやあ、新鮮!
20211024_070144_R
少し粘土質で表面が細かくざらついたところなんかも全く問題なし。
登りに関しては全然大丈夫ですね。
20211024_071506_R
20211024_071543_R
気持ちよく走っていたらあっという間に景信山に到着。
山頂には誰もいませんでした。
20211024_071736_R
20211024_071839_R
富士山も丹沢方面も良く見えてます!
20211024_071907_R
ここからは下りメイン+比較的フラットなトレイルが続きます。
20211024_072122_R
少々ぬかるんだ感じのトレイルでも足裏全体でグリップする感じで良いですね。
ラグは4个箸気曚豹爾ないですが、ポイントが足裏全体にまんべんなく配置されているので、うまく全体でトラクションを生み出せているみたいです。
名称未設定 2_R
こんな感じですね。
20211024_074335_R
お久しぶりの小仏城山。
復活した天狗さんにもご対面。いやあ、良かったですなあ。前よりだいぶ立派になってる気がするw
20211024_075552_R
さらに高尾山方面へ。
20211024_080219_R
一丁平の展望台からこんなにキレイに富士山見えたの久しぶりな気がするなあ。
しかし空気も澄んで遠くまで良く見える、これ冬の空みたいですな。
20211024_080643_R
20211024_081644_R
さすがに高尾山が近くなるとすれ違うハイカーやトレランナーも増えてきました。
20211024_082235_R
8時22分、高尾山山頂到着!
さすがに大混雑とはいかないけども、この時間でも結構な人出。
20211024_082421_R
ここまで2時間弱、フラットなところや下りはもちろん、上りでもなるべく走れそうなところは走ってみました。
やっぱりクッションと、あとロッカー形状のおかげでかなり足さばきしやすいです。
LONEPEAKのようにグリップがアダになるような引っかかりもないし・・・って、良いところばっか目がいっちゃいますね。と言うか正直デメリットが見つからない・・・。
しいて言えばソールのポイントの耐久性ですかね。
あれだけエッジが立っていると削れたり引っかかって剥がれたりとかありそう。あと摩耗してきた時のグリップがどの程度なのかとか・・・。でもこれはどのシューズでも同じかもしれないですが。
20211024_082639_R
この後は4号路を経由して蛇滝方面へ下ります。
20211024_084328_R
20211024_084417_R
毛むくじゃらの足でごめんなさいwww(しかもブレブレ)。
20211024_084829_R
蛇滝。
いろはの森方面へ行こうかとも思ったけど、走りやすさはこっちの方が良いんですよね。
日影沢に戻るにはロードが2劼△襪韻鼻ΑΑ
20211024_085324_R
八王子JCのところに出てきました。ここからはロード2劼任后2鴇譴世箸靴鵑匹い韻漂くらいの時期だと楽チン。
20211024_090253_R
ぐるっと回って駐車場へ戻ってきました。いやあ楽しかった!
本当今まで、LONEPEAKだとロード絡めたルートはあまり組みたくなかったのだけど、ULTRA GLIDEだとロード→トレイルがシームレスに走れるのでルート選びの幅が広がりそうです。
と言うかもっと早く知っていれば・・・w
20211024_090309_R
この後は高尾山ベースキャンプにて靴を軽く洗って返却、ついでにシャワーも浴びてお昼前には帰宅。
正直なところ、実際に走ってみるまではあまり期待してなかったけど、ULTRA GLIDE、めっちゃ良かったです。買い替え候補筆頭に躍り出たなこれは・・・。
名称未設定 1_R
個人的な感想としては、
 ロード/トレイルのミックスが多い→ULTRA GLIDE
 トレイルが主体でロードはあっても走らない→LONEPEAK
って感じですかね。
うーん、悩むなこれは・・・。



このグレーとイエローのカラーも良いですね。




LONEPEAKも良いシューズです。