長年悩んでたベースレイヤー問題、やっと一歩前進。
20211010_120138_R
テイジンOctaを使ったアクティブインサレーション。
ノースフェイス エクスペディション グリッドフリースフーディ。


毎年だいたいこのくらいの時期になると悩み始める「ベースレイヤー問題」。
いや、今使っているPatagoniaのキャプリーン4フーディがあまりに名作過ぎて、次に変わるものがなかなか見つからない・・というのが個人的な問題でした。


↑これとかね。

キャプリーン4フーディ自体はベースレイヤーとしてラインアップされているものですが、その性能の良さから活用範囲がめっちゃ広くて本当に1年中使えるウェアでした。まだ「アクティブインサレーション」なんて言葉がメジャーでない頃から、行動〜停滞まで賄えるウェアとしては貴重な存在だったと思います。
ただ、数年前からその「アクティブインサレーション」と言う言葉が台頭し始めて以来、一気にその素材や構造にも変化が起きてきました。それまではPOLARTECのPowerDryを使ったグリッド状のフリースが主流だったものから、Patagoniaのナノエアシリーズに始まり、更に保温・通気の優れた素材(同社のAlphaDirectや、PRIMALOFT Activeなど)が登場し、そのスタイルは大きく変わってきています。

ただ、基本的には自分が使うシーンはやっぱりキャプリーン4の延長線上にあって、保温行動着としての性能と耐久性が重要かなって思ってます。先日たまたま友人のOMM コアジャケットを着る機会があったのですが、少なくとも自分の求める用途としてはマッチしないな、と思いました(コアジャケット自体はとてもいいと思います。めっちゃ温かかったし・・)。
その中で注目した素材が「テイジン Octa」です。
詳細は帝人フロンティアさんのサイトを参照いただくとして、このOcta素材、前述のAlphaDirectやPRIMALOFT Activeと比較すると、保温力では劣るものの通気性と軽さのバランスが良い。簡単に言ってしまうと、ハイキングや停滞時など比較的運動強度が高くないシーンではAlphaDirectやActiveが、トレイルラニングや冬場のロードランニングなど運動強度の高いシーンではOcta素材に分があるんでは、と勝手に思ってます。

で、そのOcta素材を使ったベースレイヤーで良いのが無いか・・と探していた矢先に見つけたのが、このノースフェイスの「Expedition Grid Fleece Hoodie(エクスペディショングリッドフリースフーディ)」、という訳です。

実は購入したのは10月の頭だったんですが、当初は公式サイトも公開されていなくて、商品情報がめっちゃ少なかったんですよね。
ちなみにカリマーでもOcta素材を使ったベース/ミッドレイヤーを出しているのですが、こちらはフードが無かったため却下。フードありが良いんです。自分。



アマゾンだとかなりサイズが品薄で、↑のブルーだとXLだけ・・
ブラックはS/Mあり、グレーはLのみですね。
ちなみにかなり後述しますが、かなりタイトフィットなので普段のサイズ+ワンサイズ上げても良いかもしれませんよ。

ともあれ、かれこれ8年近く着ているキャプリーン4のリプレースと、新素材の性能を試してたくてついに購入!いやぁ、正直キャプ4の代わりになるのかどうかは半信半疑でしたがw
20211010_120138_R
初見では、ほぼシルエットや構造がキャプリーン4フーディと同じです。
ただ・・・唯一、気になると言えば気になるのはオレンジの色使い・・・。
どことなく某モン〇ル感が漂うのは気のせいなんだろうかw

せっかくなので、キャプリーン4フーディと比較しながらレビューしてみたいと思います。
20211023_094830_R
左:エクスペディショングリッドフリースフーディ
右:キャプリーン4 エクスペディションウェイト 1/4フーディ

どうでもいいですけど、どちらもなんだってこんな名前長いんですかね??w
面倒なので以降は
エクスペディショングリッドフリースフーディ→Octaフーディ
キャプリーン4 エクスペディションウェイト 1/4フーディ→キャプ4フーディ

と記載しますw
20211023_094943_R
胸元までガバっと開くフロントジップもほぼ同じ感じです。ちなみにOctaフーディの方がジッパーの取っ手部分に紐が着いていて開け閉めしやすいですね。
20211023_094921_R
胸ポケット。
フード付きと合わせて個人的に重要なポイントだったのがこの胸ポケット!
まあ、ぶっちゃけ使用頻度はそこまで高くないんですが、あれば見た目上のアクセントにもなるし、冬場なんかはここにライターとかちょっとしたものを入れておくのに便利です。
ちなみにキャプ4の方は内側がメッシュになっていて、ここを開けておくだけでもベンチレーションとしても機能します。
20211023_094853_R
サムホール部分。
きゃぷ4はシンプルなループ、Octaフーディの方はウェアの先端にサムホールが付いている感じです。
どちらも機能は問題ないですが、Octaフーディの方が手の甲まで覆えるので保温力は高いかもですね。
20211023_095036_R
大きな違いはここ。
内側の構造ですね。両方ともグリッド構造である点は同じですが、細かい作りが発汗時の違いに現れてきます。
Octaフーディの方は一つ一つのワッフル構造の見た目が小さいのですが、密度が高く、かつこのワッフル内で空気層を作れるようになってます。そのため停滞時は保温力が高く、また風が吹いたり運動している時は通気性が高く、汗抜けがとてもいいです。
またこの構造のおかげで汗をかいて生地が濡れても、肌に張り付く感じがほとんどありません。これはOcta素材が保水しにくいという点もメリットとして出ていると思います。

一方キャプ4フーディの方は最初着た感じではふわっとしていて温かさがあるのですが、汗をかくとこのワッフル部分に保水しやや張り付くのと、風が吹いたりすると若干汗冷えを感じます。
実はこの従来型のフリースを使ったグリッド構造の場合、この汗抜け/汗冷えの防止と保温力のバランスを取るのが難しく、保温力を上げたい場合はワッフル部分の厚さを出せばよいのですが、今度は汗抜けが悪くなるという欠点がありました。キャプ4はそのバランスが比較的良い方だと思っていたのですが、こうして2着比較してみて素材の進化を一感じたのが「汗冷えの少なさ」と言う点でした。
20211018_081932_R
20211018_082122_R
20211018_200056_R
今回レビューに当たって、「Octaフーディ」と「キャプリーン4フーディ」を、昼間/夜間とそれぞれのシーンで着た状態で、約10kmほどロードを走ってみました。
その結果感じたのは、Octaフーディの方は前述の通り汗冷えしにくく、かつ通気性の高さからオーバーヒートしにくく感じました。一方でその通気性の高さゆえ、北風が強かったりすると若干寒さを感じる(汗冷えではなく、風の冷たさをダイレクトに感じる)ようでした。この辺りは他のアクティブインサレーションそうであるように、ウィンドシェルなどをレイヤリングすることで解決することになると思います。

キャプリーン4フーディの方は、はじめは暖かくて良いのですが、汗をかいてくるとどうしても肌への張り付きを感じます。またOctaフーディを知ってしまった故か、汗冷えも結構気になっちゃいました。

なので、やはりこれも前述した通り、

「ハイキングや停滞時、運動強度の低いアクティビティ」
→キャプリーン4フーディ(に準ずる保温力優先のインサレーション)

「トレイルランニング/ロードランニングなどの運動強度の高いアクティビティ」
→エクスペディショングリッドフリースフーディ(Octa素材のインサレーション)

という感じのすみ分けになりますかね?あくまで個人的な所感ですが・・・。

20211010_121829.JPG
ちなみに自分はサイズM(身長170僉体重71圈砲如△笋筌織ぅ函ΑΔ世韻匹泙▲献礇好肇汽ぅ此▲戞璽好譽ぅ筺爾箸靴特紊襪覆蕕海譴任いいなって感じです。ただ、1点、首回りもタイトなのでジップを完全に閉じるとやや息苦しいですw
↑の写真くらい、ジップは開けておく感じですね。
20211010_123023_R
重量は実測で約192g、キャプ4の方が薄く感じるのですが
20211023_095205_R
50gくらい重たいんですよね。意外・・・。

という事で久しぶりの長文レビューになってしまいましたが、結論としてはOctaを使ったフード付きのアクティブインサレーションということで、「エクスペディショングリッドフリースフーディ」は特にトレイルランニングや冬場のロードランニング、また冬季クライミングの際のベースレイヤーとしてもオススメです!


だいぶ品薄にもなってきたので、気になる方は早めにチェックが吉かもです。
前述しましたが、ベースとしてタイトに着たい方は普段通りのサイズ、ゆとりが欲しい方はワンサイズアップが良いと思います。