「揺れない」ランニングベルトは本当か??
20210603_115404_R
Paagoworks RushHip(ラッシュヒップ)


ランニング/トレイルランニング界隈では既に有名なランニングベルト「RushHip」。
実は登場当初からめちゃくちゃ気になっていたのだけど、実物を触る機会もなく今の今まで手を出せず。
何が良いかってとにかく「揺れない」というところ。
レビューを見てみても確かに「揺れない」と書いてあるものもあれば、「結構揺れる」と言うものもあり、うーん、どっちなのかよくわからない。1つ言えることは「あまり容量の大きいボトルを使うと揺れが大きい」という事。ま、当然っちゃ当然なんすけどね。

あと、買おうと思った理由がもう一つ。これが結構大きかったかもしれないのだけど、5月も下旬になったころ、気温も高くなり汗もかなりかくようになって、Distance8でもキツイな・・・と思い始めたんです。いや、去年とかはMHWのフリューイッドレースベストパックで走ってたんですけど、あれ、背中がメッシュで結構熱は放出してくれるんです。が、Distance8は背面が厚手のパッドになっていて、背負い心地は良いのだけど汗をかくと結構蒸れるんですよね。これは盲点だった。

そこで「RushHip」ですよ。もともと日常のロードではスマホ、財布、ボトル、マスク、鍵、他小物少々くらいなんでそんなに荷物無いんですよね。Distance8でもスカスカで走ってたしw
なので、「それじゃ某フリマでもうちょい稼げたら買ってみようかな・・」と思っていた矢先、5月末にPayPayモールで15%還元キャンペーンがやってまして・・・結局これに背中を押されて買ってしまいましたw送料ちょっと高めだったけど15%還元はデカイんで!
20210603_121734_R
という事で「Paagoworks RushHip(ラッシュヒップ)」です。
すっごくどうでもいいけどヒップっていうか、腰ですよね・・いや本当どうでもいい・・w
標準では前後共に中央部分にバンジーコードがついてます。
またポケット部分は上部が返しになっていて、これを閉めてコードをしっかりと締めることで、中の荷物も揺れず、かつ飛び出ないという構造。ふむ。
20210603_115555_R
背面側はクッションの強いパッドが着いています。これのおかげで体への変なアタリもなく快適。
またこのパッドがあることで、荷物がある程度動きにくくなるという特性もあり。
また片側4か所、計8か所のループが用意されていて、自分でバンジーコード等を取りつけることで例えばストックとか、ウィンドシェルなんかを挟んでおくことができます。
バンジーコードは2本標準で付いてますが、自分はストックも使わないのでコードは取りつけず、保管してます。
20210603_115520_R
「rush」のロゴ。
このロゴがある方が背中側(後ろ)らしい?
これ分かりにくいですよね、まあ特に決まっているわけでもないのかもしれないけど、公式サイトでもこっちが前になって写ってる写真もあるので、結論、好みの問題かな。
一応自分はこっちを後ろとして使ってます。
20210603_115437_R
前側(ロゴが無い方)の左内側にはキーリングあり。鍵なんかはここにつけておくと安心でしょう・・・が、自分のこのプラ製のキーリング、作りが甘くて鍵側のリングが細いとすり抜けてしまいました。なのでここはパーツ交換しようかと思ってます。
20210605_094003_R
本体重量はカタログ値ばっちしの95g!
これ、BBGの記事でスケさんも書いてたけどカタログ値とピッタリって確かに気持ちいいw
DSCN4257_R
さて、自分のロードランニングの時の荷物ですが、こんな感じです。
Distance8の場合は、財布は普通の財布を入れることもありますがRushHipで使うならWONDERLUST EQUIPMENTのTRAIL ZIPWALETT兇ピッタシです。
IMG_20210603_125932_625_R
DSCN4244_R
荷物を入れていざ装着!
なるほどね〜これはなかなか、良きフィット感。
IMG_20210603_125932_709_R
背面側にボトルをノールックで入れるときは、メッシュ部分とコードを両方を指で広げて入れるとサクっと入れられますね。メッシュだけ広げて入れると、コードがボトルの底に引っかかって上手く入らないです。

そして・・・手に入れたら使わずにはいられない!!w
ので、早速ナイトランで導入!
20210603_194346_R
20210603_194411_R
フロント側は全くと言っていいほど揺れは気になりません!
そして肝心のバック側ですが、こちらもほとんど揺れは感じませんでした。
使用したのはオスプレーのスポーツボトル(570ml)を走り出しは満水状態、途中で多少飲んで3分の2程度の水量で約10匱紊鯀ってみました。
ロードですが多少上り下りのあるルートを選んで走ってみたのですが、揺れが気になってしまうことは皆無でした。もともとすぽーとボトル自体が体に沿うように湾曲したデザインで、このカーブが背中にもうまくフィットしてくれていることもあったと思います。
正直スポーツボトルで揺れが気になるようなら別のボトル買い足そうかと思ってましたが、当面これで行けますね。
と言うかちょいちょい出てくるオスプレーのスポーツボトル、本当良いですよ。
水漏れもしないし体へのアタリも無いし、めちゃおすすめです。
そうそう、ボトルの底がシュっとスリムなので自立はしないですが、そのおかげでボトルポケットへの差し込みもスムーズです。

このRushHipで走ったのはまだ1回ですが、これからの季節のランニングや、ファストパッキングの際のブーストとしてもめちゃくちゃ使えそうです。
あと、これをサコッシュ的に使えないかと思ってて、一工夫してみたので、それについても追ってレビューしてみたいと思います!