20210221_070027_R
何はなくとも。
日々快走。

お久しぶりです。
もう前回の記事アップから1か月経っちゃいましたね(;'∀')
まあ、緊急事態宣言が延長されたこともあって、山初めは行ったもののその後は全然山に入ってません。
その代わりと言ってはあれですが、日々のランニングが今はメインの活動。
そのランニングも、実は1月下旬に右足脹脛を痛めてしまいまして。
何のことはない緩やかな下りで突然ピキっと来たんですよね。
調べてみたら、どうやら脹脛の筋膜炎だったようで。。。
色々と調べて、どうもランニングフォームに問題がありそう、ということで、ここ1か月はそのフォームの見直しに努めていました。

この1か月で見直したのは、前述のフォーム、それからもう一つはペースです。
前者については、元々フォアフットを意識して走るようにしていたため、脹脛に結構負担がかかっていることは知っていました。が、これも「フォアフットだから仕方ない」みたいに思っていたんですが、それがそもそもの間違い。
よく考えてみれば下半身で一番筋肉があるのは太ももで、脹脛よりもエネルギーもパワーもあるんですよね。なのでその太ももを効率よく使えるようにする=膝から太もも前部を中心にして回転させる感じ?の走り方にすると、一気に脹脛の負荷が激減します。
この走り方のメリットは、長距離を効率よく走れるようになることと、あと坂道、特に登坂に強くなるということですね。脹脛を使う走り方だと、どうしても足先で走ろうとしてしまう(自分は)ので、登りとかめっちゃしんどかったんですが・・・フォームを変えてからは登りでもあまりペースを落とさず、むしろペースアップして走れるようになってます。
20210214_171230_R

あともう1つ、ペース。
以前はだいたい4:30/キロくらいで走っていたのですが、リハビリ当初は5:30〜6:00を意識して走るようにしました。いわゆるLSDっぽい感じなのですが、前述のフォームが馴染んでくるとだいたい5:00/キロくらいで20kmくらいは楽に走れるようになってきました。
特に2月は毎週末20km前後のLSDを繰り返すことでだいぶ持久力も変わってきたように感じます。
この持久力をペースに還元すると、10km走を5:00/キロを切るくらいで楽に走れるようになったり、色々と選択が広がります。

そんなこんなで、この1か月は怪我をきっかけにして2つの改善が出来た、ということで、非常に成長も感じられる2月でした。
結果として、ランニングを始めてから無理なくに月間200劼鮹成できたのも初ですしね。

そうそう、物欲的にはランニングシューズを1つ新調。
20210208_122634_R
NewBalanceのFuelcell PRISMです。
前評判の良さと、それまで履いていたHOKAのRINCONのローテーション要員として買ったのですが、最初こそ慣れなくてちょっと難しいかな、と思っていたけど徐々に馴染んできて、今はこっちがメインになってます。乗ってくると気持ちよく走れるんですよね。気が付くとペースが上がっちゃってる感じ。購入1か月弱で120kmほど走ってますが、ソールのへたりもなくいい感じですね。
出来ればこれも500劼らいは持ってほしい・・・。
20210208_205252_R

さて、ちょっとした近況報告レベルの雑記ですが、季節は進んでいて、もう春の気配もちらほら。
20210131_071247_R
ちょっと前までは近所の朝ランでもこんな寒々しい風景だったのに。
20210221_072550_R
ここ数日は春どころか、初夏の陽気。
河津桜もキレイに咲いていました。
今年は・・・みんなでワイワイとお花見なんて出来るんでしょうか。
なんだか、まだ難しい感じですよねぇ。

20210221_071949_R
コロナもあり、山にも行きづらい感じもありますが、それでも日々走ってます。
その成果がいずれ山でも発揮できますように!