山初めはいつもここから。
20210111_073602_R
2021年丹沢大山へ。



三連休最終日、2021年最初の山行へと行ってきました。
場所はもちろん、丹沢大山。毎年この時期のお勤めとして、阿夫利神社下社で足腰守を購入しているので、今年もそれを入手すべく、ついでに大山をぐるっとハイク&ランで楽しもうという計画。
そう言えば昨年の山初めも大山だったけど、この時は大雪の直後で思わぬスノーハイクを楽しめたわけですが・・・

今年は昨年よりもちょっと時期が早いこともあり積雪はなさそう。
まあ、三連休最終日だしサクっと登ってサクっと降りてくるつもりです。

20210111_054931_R
早朝5時20分くらいに日向薬師先の駐車場に到着。
あまり早く出発しても、下山時に社務所がやっていないと意味がないので少々車で待機。
5時55分ごろ、駐車場を出発します。
20210111_060218_R
途中の林道からは伊勢原方面の街の明かり、そして赤く染まる東の空。
20210111_062055_R
九十九曲をパワーウォークでガシガシ登ります。
20210111_062654_R
20分ほどでいつものお地蔵さんのところに到着。ここでpatagoniaのフーディニジャケットを脱ぎ小休止。
それにしても早朝暗い時間に登り始めて、ヘッドランプの明かりでこのお地蔵さんを見ると本当毎回ドキっとさせられるよね。。。
20210111_063117_R
しばらくはフラットで走りやすいトラックを進みます。
東の空はもうだいぶ明るくなってきてますが、ちょっと薄曇りかな。
20210111_063545_R
20210111_063956_R
6時39分、見晴台に到着。
今までで一番いいペース。さすがにこの時間、誰も人はいませんでした。
そして見晴台の休憩スペース前、田んぼ状態にならないように整備してくれているんですね。
ここは酷いときは本当ぐちゃぐちゃで歩きにくいから、とてもありがたいです。
20210111_070020_R
雷ノ峰尾根を登っている途中に、分厚い雲の層の向こうから太陽が上がってきました。
20210111_071741_R
7時17分、大山の肩を通過。
ここまでくれば山頂はもうすぐそこ。
20210111_072616_R
7時26分、2021年最初のピーク・丹沢大山山頂に到着!
逆光で暗い・・・w

さて、予定よりかなり早く到着しちゃいました。
お腹も大して空いてないし、持参したお湯でコーヒーを飲んでパンを1つ食べて小休止は終了。
20210111_072740_R
山頂い東側の展望スペースより。
湘南方面がよく見えてます。
20210111_073921_R
うっすらスカイツリー。
20210111_073957_R
こちらはうっすら浅間山方面かな。雪をかぶった山が見えてます。

そうそう、山頂裏手の方にもいかないとね。
20210111_073602_R
富士山・丹沢表尾根〜主稜と一望できるこの場所は、お気に入りのスポット。
20210111_073341_R
雪の少ない富士山。この時期ここまで雪がないと心配になるくらい。

ぼちぼち人も増えてくる時間なので、7時55分、山頂を後にして下社へと向かいます。
と言ってもストレートに下社に行っても早すぎるしつまらないので、一旦蓑毛越まで降りてそこから下社へと向かう予定です。
20210111_080630_R
8時6分、16丁目の分岐を→へ。
20210111_081733_R
16丁目からは、すれ違ったのは登ってくる人1人だけ。
静かなトレイルを走ったり、歩いたり。
20210111_083123_R
蓑毛越から下社に向かうルートは、基本アップダウンも少なく歩きやすいのですが、山腹をトラバースするように進むのでトレイルの8割くらいが↑のように片側が切れ落ちてます。
トレランの人も多く利用されるルートですが、結構気を付けないと危ないルートですね。
20210111_083250_R
そして凍結時に怖いのがこの鎖場。下社まであと300mくらいのところにあるのですが、登り下りともに降雪後・凍結時は要注意です。写真ではわかりづらいですが、右手下方向は沢になっていて滑落すると結構下まで止まりません。
20210111_083916_R
8時38分、阿夫利神社下社に到着!
早速昨年までお世話になった足腰守を返納します。
20210111_084059_R
1年間ありがとうございましたァ!
20210111_084521_R
社務所が早めに開いてくれたので早速購入!
・・・今年は色のバリエーションが少なかったので、去年と同じブルーで。
また1年、よろしく頼みます!
20210111_085202_R
このあとはトイレに立ち寄り、見晴台へと戻ります。
20210111_090616_R
9時6分、見晴台に戻ってきました。
水を一口飲んで、そのまま先へ進みます。
20210111_091229_R
20210111_092213_R
九十九曲も一気に下り、
9時22分、林道に合流。
20210111_092757_R
9時27分、駐車場に戻ってきました!
3時間半くらいのさっくりハイク、今回のルートだと距離は12劼舛腓辰箸世辰燭韻鼻∈鯒末の陣馬のときより足が疲れた・・・。
やっぱり丹沢は高尾よりも「山登り」を強く感じますね。距離も時間もちょうどいい感じなので、修行にはちょうどいいかもです。


こんな感じで2021年の山は始まります。
新型コロナは予断を許さない状況が続いており、おそらく山小屋やテント場の利用も昨年に引き続き同様となるのでは、と思っています。
自分の感染と、他人への感染拡大を防ぐことにも気を付けて、また1年、新しい形で山を楽しみたいと思います!