初冬の奥多摩ハイク、2日目続きです。
20201206_071732_R



 鷹ノ巣山の山頂から降りていくと、そこは再び真冬のトレイル。

20201206_071514_R
20201206_071547_R
キンと冷えた空気と辺りを覆うガスのせいで、なんとも幻想的で、寒々しい冬の景色が続きます。
20201206_071556_R
鷹ノ巣山からその先の水根山までは、普段なら気持ちの良い展望の開けたトレイルなのですが、この日はこんな感じでずっとガスのなか。
20201206_071732_R
上の方は青空が見えているけど、辺りはまるで夕方のような暗さ。
20201206_072531_R
7時25分水根・倉戸方面への分岐が見えてきました。いつもならこの先へと進むのですが、今回は倉戸山方面へと降ります。
20201206_072559_R
ここからいったん巻き道に入ります。
20201206_072934_R
7時29分、巻き道と水根・倉戸方面の分岐に到着。ここで石尾根とも本格的にお別れです。
20201206_073155_R
榧ノ木尾根に入るとしばらくは針葉樹の樹林帯を進みます。ここがまた雰囲気がとても良い!
20201206_073810_R
榧ノ木尾根は道迷いが多い、という触れ込みもあり、実は下山で使うのはどうしようかと直前まで迷ってました。なんせ以前歩いた記憶は9年前、しかも登りで、記憶も断片的。下山で果たしてその時の記憶が役に立つかどうか・・と不安ではあったのですが、上の写真のようにそれはもあちらこちらにきちんとした道標が立てられています。よって道迷いの心配はなさそう、ということで当初の予定通り倉戸山方面へと向かうことにします。
20201206_073915_R
落ち葉も多くトレースが分かりづらい、という情報も多いのですが、しっかりとルートファインディングを行えば、まず迷うことはないでしょう。
怖いのは道迷いよりも・・・
20201206_074602_R
こういうところ。
トレイル上にたっぷりと落ち葉が積もっていて、右側は急斜面になっています。
トレイルも細いので、ちょっと油断すると足を踏み外したり、落ち葉に隠れた岩や木の根で足を引っかけて転倒→下手したら滑落、みたいなことになります。
実際歩いていて厄介だったのは、こういった斜面の落ち葉で、トレイルの実態が掴みにくく滑りやすいところでした。
20201206_080014_R
石尾根巻き道の分岐からここまで30分ほど。今のところ誰ともすれ違ってません。
が、この日は天気も良いし、倉戸山は比較的人気のルートでもあるので、そのうち登ってくる人と出会いそう。
そして歩いている限りでは比較的気持ちのいいルートですな。9年前は登りもガスっていたので展望もなくどんよりと暗いイメージがあったけど、こんなルートだったとは。
冬に歩くとトレイルも明るいから、印象もだいぶ変わりますね。
20201206_080204_R
そうそう、「道標がしっかりあるので道迷いはほとんどない」と言いましたが、こんなところもあります。
この写真ですが、写真下の方から歩いてくるのですが、左手の木に着いている道標に気づかないとそのまま右手奥の方に進んでしまいそうな、いわゆる「吸い込まれる」ようなところがあります。
なので、安心とは言いつつもしっかりと周りを見て歩く、という、まあ基本的な部分は必要になります。
20201206_080325_R
さらに進むとこんなものまで・・・
確かにこの部分、尾根が広くなっていて変わり映えのない樹林帯、しかも落ち葉も多くトレースも不明瞭。ということもあってロープが張られています。なるほど、本当に道迷い多かったんだろうなあ・・・。
20201206_081758_R
20201206_081812_R
8時17分、無事倉戸山に到着。
この山頂の広さは覚えてるなあ、9年前も一瞬榧ノ木尾根方面の進む方向が分からなかった記憶がある。
けど、正直ここに来るまで以前の時の記憶はほとんどなかった・・・。
20201206_082426_R
倉戸山を後にしてさらに標高を下げます。
ここから倉戸口までがまたかなりの急斜面で、登りだとここが序盤でキツイところですかねえ。
20201206_082815_R
またロープのところ。
ここに差し掛かった時、周辺で変な臭いがしました。
山の土の臭いとも違う、いわゆる獣臭。うわ、これはヤバイかも・・と思って立ち止まっていたら、遠くでガサガサッ!!という音がしました。
じっとして音のする方向を見ていると・・・どうやら親子のサルでした。
距離にして100mくらいでしょうかね。
ヤバ、サル・・・!
あまり彼らの方を見ないようにして、ささっと先へ進みます。
20201206_084006_R
8時40分、なんとかサルも振り切って麓の温泉神社に到着。
ここまで来たらあとわずか。
20201206_084840_R
8時48分、倉戸口のバス停に到着!
ちょうど鴨沢行きのバスから7〜8名くらいのハイカーが降りてきました。ここから鷹ノ巣方面に向かうんでしょうね。
20201206_085406_R
あとは車道を大麦代の駐車場までひた歩き・・。
20201206_085729_R
20201206_085834_R
8時57分、大麦代の駐車場に到着!
久しぶりのハイク、無事終了!

今年2月以来のテント泊、そして奥多摩だったけど本当に楽しかった。
おそらく年内のテント泊はこれが最後、次は年明けて雪がたっぷり積もったら、また奥多摩に来たいかな・・・。
次は倉戸山から登って七ツ石に泊まって見てもいいかも。
あとは・・晴れている千本ツツジも歩いてみたい・・w

おわり。