12月最初の週末、初冬の奥多摩を歩いてきました。
20201205_175008_01_R
初日の続きです。


七ツ石小屋を後にして、鷹ノ巣避難小屋を目指し石尾根縦走路を歩きます。
20201205_112422_R
と言っても今回は基本巻き道でのんびりと。
20201205_112949_R
ここの巻き道は本当に歩きやすいですね。
どことなく漂う奥秩父感。道はつながっているなあと実感します。
そしてこの巻き道に入るとグっと人が少なくなります。
鴨沢ルートを歩いていてもこの日はさほど人には会いませんでしたが、さらに山に入っていく感覚。
久しく忘れていた、五感が解放されていく感じがしますね。
音とか、風とか、寒さとか、色んな感覚が敏感になっているような気がします。ああ、山に来てる、と思います。
20201205_113127_R
11時31分、千本ツツジ付近を通過。
ここ、晴れてれば展望の良いところなんでしょうけど、何度が来ていてその展望を見た記憶がないですw今回もまたも真っ白・・・なぜだ・・!
20201205_113239_R
谷の方を見てもこれですからね。いやあ〜〜(;'∀')
20201205_113730_R
11時37分、ほどなくして赤指尾根との分岐に到着。この辺りは南側の尾根も広くてすごく良い雰囲気。
赤指尾根は歩いたことないけど、いずれルートに組み込んでみようかなあ。
20201205_114208_R
しばらくはのんびりと巻き道を散歩気分で歩く。それにしても本当にガスガス・・・雨は降っていないけど、これで晴れてればもうちょい気分も上がったんだけど。
と言っても、晴れていたところで石尾根も巻き道を歩く限りは木々の間を進むので、大した展望がないのはせめてもの救いかな。
20201205_114633_R
20201205_114655_R
11時46分、高丸山への取りつき地点。
本来ならこのまま巻き道を歩きたいところだったのだけど、先の台風の影響で巻き道にかかる木橋が落ちてしまっているらしい(20年12月5日時点)。そのため高丸山のピークを越えて進む必要があるわけです。
実は先日までの某レコ情報ではすでに新しい橋が架かっているそうなので、通ろうと思えば通れてしまうのかもしれないけど、前日の夜奥多摩のビジターセンターの情報を見たところ、まだ開通との告知がされていませんでした。
ということで素直に案内に従い高丸山を登ります。
20201205_115823_R
結構な斜度を登っていくのだけど、ご覧の通りのガスガスで、そのおかげもあって?先が見えない分かえって気にならずに歩けたかも。
20201205_120234_R
12時02分、以外とサクっと高丸山に到着。ここで電波が入ったので連絡など諸々を済ませます。
20201205_120312_R
高丸山から鷹ノ巣方面への下り。こっちから登ってくるほうがしんどそうですな・・・。
20201205_122914_R
再び巻き道に戻り、鷹ノ巣避難小屋へ向かいます。
途中、苔むした石が山腹の上からトレイルを通って、そのま沢のようにしたへと続いているところがありました。これ、本当上(写真左上方向)から下(写真右下方向)へ向かって、苔のついた石がゴロゴロと転がってるんですよね。もちろん後から苔はついたものだけど、なんか面白い光景。
20201205_123601_R
12時36分、鷹ノ巣避難小屋に到着!
写真撮ったりのんびり歩いていたから結構時間かかってしまった。
小屋を覗くと年配女性の方がすでに今日の宿の準備を終えてくつろいでました。
こちらもささっと準備を済ませます。
20201205_130754_R
本日のスタメン!
楽しみは何と言ってもヨロッコビールのSKYWALKER!
あとは青鬼、トリスのハイボールに赤ワイン(350ml)。ソロだとこれで十分って感じですな。
20201205_131725_R
一旦水場の偵察にも行きました。
この時点での水量が上記のとおり。かなり細くて、500ml貯めるのにも相当な時間がかかりそうです。
またこの感じだとおそらく少し気温が下がればすぐに凍結してしまいそう。
やはりこの時期は、ここの水場は当てにせず持参したほうが安心です。
もっと雪が積もっちゃえば、溶かして作れますけどね。
(20年12月5日時点)

20201205_134244_R
風はないけど気温が少し低め。なのでテント内でお昼ご飯です。
今日はウマーメシのユッケジャン味。そしてお久しぶり登場のアストロフォイルのコジーを使って作ります。
20201205_134942_R
ウマーメシはジップロックに入れて作ります。これならこぼれないし、食べるときは口の部分を返してあげれば安心。食べ終わったらそのまま丸めて捨てられるし、ごみ袋としても使えます。
・・となると、やっぱこれ

が欲しくなるなあ。
まあ・・・賛否両論ありそうだけど

お財布的にはこっちかなw

20201205_134714_R
ヨロッコビールの「SKYWALKER」
これめちゃうまかった・・!青鬼よりも苦みは強いけど、さっぱりとした爽やかな苦み。
このハイクでの1杯目にして正解でした。これはまた茅ケ崎に買いに行かないとだな!
20201205_161251_R
お昼を済ませた後は、寝不足もあったのでゴソゴソとシュラフに潜り込んでしばし仮眠。
1時間半ほどして起きてみたら、ガスが晴れてきて、青空や遠くにオレンジ色に染まった空が見えてきました。
テントから出てトイレを済ませ、辺りをちょろっとお散歩。
20201205_161304_R
するとこんなのを見つけましたよ。
小屋の反対側、北側の林の近くに明らかな焚火の後がありました。
以前も来た時に焚火跡を見つけたことはあるけど、あれよりも規模も大きく、しかも放置っぷりがひどいですね。これだけ大きいと結構な大きさの焚火だったのでは。山火事とかにならなくて本当良かった。
自分も偉そうなことを言えた義理ではないですが、こんなところで焚火とか、ちょっと神経疑いますね。せめて延焼防ぐようにしているとか、後処理もうちょいしていくとか、無いですかねえ。
20201205_162745_R
再びテントに戻ってミニハムステーキでプチ宴会。ソロだとこのサイズがお手頃で本当ちょうどいい。
20201205_164002_R
そして今回持ってきたこのバッカス、めちゃくちゃうまかった。特にコーヒーともよく合います。結構アルコール強い(3.2%)なので弱い人や子供にはNGだけど、山でのんびり摘まむにはもってこいですね。
20201205_170228_R
気づけば時間は間もなく17時。いつの間にか辺りのガスは晴れて、遠く西の方はキレイにオレンジ色に染まっていました。
しばらくはトリスハイボールを片手に避難小屋前をうろうろして写真を撮ったり。
20201205_175008_01_R
30分もすると辺りは真っ暗。日が落ちると一気に気温が下がりますが、この日は幸い風もなくそこまで冷えもなかったので、避難小屋前のベンチを借りて晩御飯。
20201205_173900_R
この日は塩ラーメンに持参したキャベツ、ソーセージ、分葱、切り餅×2を入れて煮込んで作ります。
20201205_180634_R
サッポロ一番塩ラーメン、時々無性に食べたくなりません?


20201205_184912_R
晩御飯を終えたら再びテントに戻ってのんびり。
時々外に出ては星空撮ってみたり、外で赤ワイン飲んでみたり。
ゆったりと時間は過ぎているようで、気づけばもう21時近く。翌日は奥多摩で行われる「奥多摩渓谷駅伝」のため、青梅街道が交通規制で9時50分〜13時頃まで通れなくなります。
その前には奥多摩を出たいので、6時半には避難小屋を出発する予定。

20201205_19110966_R
時刻は21時10分、穏やかな天気と満天の星空の下、おやすみなさい。

つづく。