超お久しぶり、陣馬山錬。
DSC_3853_R




この夏は自転車で15劼ら20卍度のポタリングでリハビリに励む日々。 
それもこれも、せめて小屋締め前の北アに滑り込みでなんとか行きたい・・という思いからだったのだけど、そもそも今年は山へ入る回数が圧倒的に少ない。気づけば前回のハイクも7月。もう2か月山に入っていないとあって、いろんな意味での勘を取り戻すこと、また、足の調子も見ておきたいということで、まんもをまたも急遽招集して高尾方面へ。
いつもの裏高尾だと飽きてしまうので、久しぶりとなる陣馬山を南側から上がるルート、すなわち

藤野→一ノ尾尾根→陣馬山→明王峠→矢ノ音→奈良本峠→陣谷温泉→藤野

というラウンドハイクへと行ってきました。
それにしても久しぶりの陣馬山、調べてみたらなんと4年ぶり。前回は高尾山から陣馬高原へ下ったのね。

今見るとスタイルから何から色んな意味で懐かしすぎるわww

当日朝。
人もまばらな相模湖駅前でまんもをピックアップ。
藤野方面へと進み、登山口である澤井にある観光用の駐車場へ向かいます。


陣馬山の登山口となる沢井の駐車場は、道路を挟んでそれぞれ4台ずつ駐車できます。
DSC_3815_R
↑奥に3台、入口すぐの右手に1台。
DSC_3816_R
左手のアパートの奥に4台のスペース。
入って正面は居住者用なので注意。
今回は上の写真のところに駐車しました。

DSC_3818_R
駐車場から5分ちょい、藤野駅方面へ歩くと陣馬山の登山口。途中にキレイな水洗のトイレがあります。
10時15分、いざ出発。
DSC_3823_R
しばらくは林道歩き。夏が終わったとは言え残暑も厳しく、歩いているだけで汗もだらだら。
DSC_3821_R
林道右脇に水場発見。飲用はわからないけど、早くも水浴びしたい気分。
DSC_3824_R
アスファルトの道を最後まで詰めると、左手にようやく登山道が出てきます。
ここまでだいたい10分くらい。
DSC_3827_R
登山道に入ると緩やかな登り。
約2か月ぶりとなるトレイルにテンションは急上昇!
DSC_3828_R
ふと足元を見たら超でかいミミズ発見。うひゃあ・・・・
DSC_3831_R
DSC_3843_R
今回登りで選んだ一ノ尾尾根、トレイル幅も適度に広く、何より全体的に整備もされていて非常に歩きやすいです。ところどころフラットがあったりして、終始走れる感じ。
他のルートと違って尾根筋を登っていくので、標高を上げていくとトレイルを通り過ぎる空気が冷たく、とても気持ちがいい。
ああ、山に来たなあ、と思える。
DSC_3845_R
ところで、この一ノ尾尾根には「一ノ尾テラス」なるスペースがあるらしい、と、前日までのルート調べで見つけたのだけど、トレイル上にはないのだろうか?
見落としただけなのかよくわからないけど、それらしいスペースがいつまで経っても出てこない。
一ノ尾テラス、調べた限りではベンチやシートを被せた簡易東屋みたいなのがあるらしいので、見落とすことはないはずなんだけどねぇ・・。
DSC_3860_R
結局一ノ尾テラスは見つからないまま、陣馬山まであと700mのところで小休止。
DSC_3863_R
俺「一ノ尾テラスってどこにあった??」
まんも「いや、わからなかったなあ・・・」
謎を残したまま、気づけば最後の登りの階段。
DSC_3867_R
11時28分、陣馬山到着。
途中休憩したり写真撮ったりでなんだかんだ1時間ちょいでした。
さて、久しぶりの陣馬山、少しのんびりしようかな。


つづく。