DSCN1575_R
本当今年はどうしよう。
皆さんもうプランは決めましたか。今年の「夏旅」。



例年なら今頃は、「今年の夏山はあそこに行きたい、そっちにも行きたい、あーそう言えばあそこも・・」などと楽しい妄想を膨らませる時期。
しかし今年はそうもいかないのは、皆さんご存知の通りだと思います。
今年は南アルプスはその大半の山小屋が営業休止を余儀なくされ、八ヶ岳方面や北アルプスでも7月以降順次再開、かつ、テント泊を含めてそのほとんどの山小屋で宿泊に関しては「予約制」を取っています。
→詳しくは「山歩みち」さんのサイトをご参照のこと。
 

おそらくただでさえ混雑する夏山シーズンに、限られた枠にあふれる予約者。
人気のある、かつ営業している山にはどっと人が押し寄せる気がしてなりません。
なんとなく静かな山歩きが出来なさそうだなあ・・と、若干テンションも上がりきらないというのが正直なところです。
もちろん、行けるチャンスがあれば行きたいとは思いますが、まだ新型コロナウイルスに対する山岳シーンでの対応は、様々な面において試行錯誤が行われている最中であり、それはこの夏もずっと続くでしょう。
個人レベルでのリスク管理はもちろんするつもりではありますが、正直少し様子を見たいというのも本音だったりします。

という事で、山は行きたいけど、それに代わる代替えプランは何かないか?
ふと思ったのが、「ラン旅」です。

新型コロナウイルスの影響により在宅勤務が増えたことから、以前より走る機会が大幅に増えました。
まだまだ本当に長距離を走れるほどの自信はありませんが、それでも10km、20km程度ならなんとか行けそう、さらに時間をかければ40kmくらいは行けるんじゃ・・・?とかね。
何も走るのは山じゃなくても、例えばどこか自宅から20km〜30km圏内くらいで山のふもとのキャンプ場にランで行って、テント泊して帰ってくるとか、なんかそう言う旅でもいいような気がしてます。
むしろ山と違って、街中や街道を走るわけで、ある程度補給は山よりも計算できるし、なんなら温泉とか、山では出来ない焚火とか、ちょっと違った楽しみ方もできるんじゃないかって、それはそれでちょっとワクワクしてたりします。
実際はもう少し走り込みをして目星をつけてからになりますけど、今年は山は低山、テント泊はラン旅っていうのもアリかな〜と。

ちょっと行ってみたいのが、長野県の穂高駅〜白馬駅間のラン旅ですね。
このルートは、実は以前2006年にチャリ旅で走破したルートでもあるのですが、この時は当時まだ存在していた白馬駅上のホテルに泊まったり、翌日は白馬周辺をポタリングしてのんびり電車で帰ったりと結構楽しかった記憶があります。
IMG_2542_R
↑2006年8月、木崎湖畔にて。直前までスコールみたいな雨が降ってた。
IMG_2566_R
IMG_2568_R
↑翌日は夏らしい空も。ただ白馬三山は見えず。。。

また、走っていても天気が良ければ常念山脈や後立山連峰、さらには白馬連峰などの山々を眺めながらの長閑な旅ができるわけです。これはテンション上がる!
もし余裕があれば、「塩の道」をラン旅してもまた風情があってよいかもしれない。

という訳で、それならもうちょい走れるザックが欲しいよねえ・・
で、今この2つであれこれ悩んでますw
00-Rush20
■PAAGO WORKS RUSH20
やはりメイド イン ジャパン。よくできてます。本当に。
実はついこの前背負う機会があってあれこれ見てみたけどいいねえこれ。
気になる点としたら快適そうなんだけど少々厚手過ぎるショルダーハーネス、幅もあるので夏場は熱がこもりそうだなあ、というのと、あと控えめになったとはいえあの手裏剣アイコンがね・・w
まあこれは好みの問題。レインカバーもついてるしお値段もお手頃。かなり有力。

xa-25-set__LC1302500
■Salomon XA 25 SET
こちらもかなりよさげ、シームされて防水性も高く、かつ通気性のよさそうなショルダーハーネス、ボトルホルダー前にあるジッパー付きのポケットなど、なんでレビューが全然出てこないのか不思議なくらいよくできてると思う。容量はRUSH20よりも5L分多い。本当はXA15SETでも良かったのだけど同じ15LならDistance15があるので・・・。
そして「SET」の名の通りソフトフラスクが2本セットになっている点もかなりお買い得感があります。
同じレンジでノースフェイスからTRロケットが競合になりそうなんだけど、こちらは防水性なし(レインカバーもない)、ソフトフラスクも無しと上記2つに比べてやや物足りなさがあり今回は除外。


Salomonの方はまだ実物を見られていないので早いところどこかで見たいところ。
欲を言えばRUSH20と2つ見比べられるといいんだけどね・・・。


あとは、モノに見合う体力をもうちょいつけないと!
その前に痛めた左足も早く治さねば・・・(;´・ω・)