DSC_3017_R
まあ、今更ではあるのだけど、ド定番。
MountainHardWear FluidRaceVestpack(廃版)

かれこれもうロードも走るようになって5年くらい経つわけですが、ランニング中の手回り品(小銭やらスマホやらボトルやら)はULTIMATE DIRECTIONのFastdraw20を愛用していました。
今使っているのは2代目、本当コレ使いやすくていいです。
 25a0f2b6
↑これは初代のヤツ。今は青いのを使ってます。

まあいいんですけどね、やはり片腕に結構な重量がかかるので腕は疲れます(もう慣れたけど)。
あと、たまにこれを持たないで走ると、気持ち走りやすい感じ。
実は最近のテレワークで、勤務前に朝イチで走りに行ったりするとき、たまにBlackDiamondのDistance15を背負って走るんです。
理由は、帰りにパン屋によって朝食用のパンを買って帰るからw
でも当然15Lのザックなんてオーバースペック、何か手頃なの無いかな・・・と思っていたところで、偶然某フリマでMountainHardWearのFluidRaceVestpackが、格安でしかも超美品が出品されてまして。早速購入させてもらった次第。
DSC_3018_R
トレラン用のザックとしてはもうド定番の部類ですね。
そう、ド定番のはずなのに、2020シーズンではカタログ落ち。どうもこれは推測ですが、販売元であるコロンビア内で
・トレラン系→モントレイル
・ハイキング/アルパイン/クライミング→MHW
みたいな棲み分けになったように見えます。その結果MHWのFluidシリーズは「Fluid15」を残すのみとなっています。かろうじてFluid6の遺伝子(?)を受け継いでいそうなモデルが、モントレイルのラインアップで「カルドラド7ランニングパック」として残ってますが、見た目はFluid6に似ててもディティールは結構違ってたりしますね(推測ですけどね)。

ちなみに今回購入したこの「FluidRaceVestpack」、何度かネーミングも迷走してます。
モデルとしてはほぼ同じ形状で結構長い事売られていたのに、「FluidRacepack」だとか一番直近では「シングルトラックレースベストパック」だったかな?なんでこんなにコロコロネーミングが変わったのか・・・。
まあ事情は良く分かりませんが、ともあれ良いトレランザックであることには変わりないでしょう。
ある意味これをこんな状態の良い品で入手できたのはラッキーだったのかも。

DSC_3019_R
DSC_3020_R
チェスト部分のボトルポケット(左)。ポケットの裏側には、サイドジッパーでアクセスできる隠し?ポケットあり。ここに最初はスマホいれようかな〜と思ってましたけど、ちょっと小さいです。
ここはジェル系やごみ入れかな、使うなら。

DSC_3021_R
チェスト部分(左)上部にはベルクロの小型ポケットにハイドレーションのチューブホルダー。自分はハイドレーション使わないのでこれの出番は無いかな。取っちゃってもいいかも。
DSC_3022_R
チェスト部分(右側)は上部にはジッパー付の小型ポケット。ここにはサプリメント/ジェル系かな。
下には左側と同様のボトルポケットとジッパー付のポケットがあり。
収納は結構充実してます。
DSC_3024_R
メインのバッグ部分。ロゴとループにはリフレクター付き。夜間のランでもちょっと安心。
DSC_3030_R
メイン部分は、サイドをぐるりと囲むようにストレッチメッシュ素材が使われています。
これによって結構パック部分が膨らむので、見た目以上に物は入りますね。入れすぎてもダメですけど。これで安心してパン買って帰れますww
DSC_3025_R
ガバっとU字に開きます。中には小物入れのポケットと、ポケット内にキーリング。
鍵なんかはここですね。
ちなみに、背面はスケスケのメッシュ素材なので通気はバッチリです。という事は同時に汗なんかもそのままパック内に浸透してきます。なので濡れて困るものはジップロックに入れるなり何等か防水対策しておかないとえらい目にあう事になりますw
鍵なんかはキーリングに着けたいところだけど、ジップロックに入れてジッパーポケットに収納した方が安心かもですね。
DSC_3026_R
メインのパック部分と背面の間にハイドレーションスリーブ。ここはダブルジッパーになっていて。チューブを上から出すこともできます。
DSC_3027_R
ボトムには左右にハイドレーションのチューブ出口があり(上中央白い部分)。
DSC_3029_R
さて、気になるボトルの収納性。
一応分かりやすくULTIMATE DIRECTIONのボトルとオスプレーのスポーツボトルで試してみます。
DSC_3028_R
こんな感じ。UDのボトルは上部はみ出てるけど、くびれ部分でポケットのコードで絞めて固定出来るので飛び出そうな感じはありません。オスプレーのスポーツボトルはスッポリは入っちゃうので、こちらも安心感あり。

個人的にベストパックのボトルの位置は、BlackDiamondのDistance15もそうなんだけど脇の辺りが一番安定しているように思えます。肩に近い上部にレイアウトされているものはソフトフラスクとか使う方が良いんでしょうね。自分はソフトフラスクがあまり好きになれなかったので、このカタチがやっぱ良いです。

という事で。
UDのハンドボトルはまだ使う機会はあるだろうけど、しばらくはFluidRaceVestpackでランニングしてみようかなと思いますよ。