DSCN8192_R
現在、世界中で猛威を振るっている「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」ですが、新年度を迎えた現在もその勢いは収まらず、連日多くの感染者と犠牲者が報道されています。
感染された方は一刻も早い回復を、そしてお亡くなりになられた方にはご冥福をお祈りしたいと思います。

[4/6UPDATE]
アウトドアショップ等で冊子を配布されている「山歩みち」さんのサイトで、山小屋の営業状況についてキレイに纏められておりました。
Twitterをフォローしていなかったので気づきませんでした・・・m(__)m
以降はこちらを参照されると良いかと思います。


さて、季節はめぐり木々や自然は春の装いへと姿を変えています。やはり山好きとしてはどうしても山歩きをしたい・・・と思ってしまうところではありますが、実際に山へ行く、行かないの問題は別として、この先小屋開きを控えている高山の山小屋等では、新型コロナウイルス感染症に対する対応をアナウンスしている小屋もあります。
そこで非常に雑ではありますが、各エリアのアナウンス状況をざっとまとめてみました。
基本的に4月1日時点でアナウンスされている小屋のみ掲載していますが、今後アナウンスが確認できた小屋については順次追加していきたいと思います。エリアも随時追加していきたいと思います。
また、小屋によってはSNS上でのアナウンスをしている場合もあり、ここに掲載している情報で拾い切れていないものもあるかもしれませんが、もしご指摘いただければ追加したいと思います。
それ以外にも訂正などありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。


各山小屋の新型コロナウイルス感染症に対するアナウンス状況について

■北アルプス
・蝶ヶ岳ヒュッテ
4/1時点での営業に関する制限は特記無し。
訂正→利用人数を制限するため、宿泊者数が減る、とのこと。

・燕山荘
宿泊は完全予約制、テント泊者は原則館内利用不可。

・冷池山荘
GW中の山荘での宿泊は無し、売店営業・テント泊のみ。

・西穂山荘
客室利用の一部制限、消毒液の利用、山荘内換気等。
詳細:http://www.nishiho.com/(TOPのお知らせにコロナ関連あり)

・徳澤園
4/1時点での営業に関する制限は特記無し(テント泊外来夕食の定員数は減るらしい)。

・明神館
若干の宿泊制限がある模様。


■南アルプス
・七丈小屋
小屋迫は完全予約、10名程度。
4月3日〜4月12日まで臨時休業とのこと→https://twitter.com/hana1976/status/1245638645412855812

・鳳凰小屋[NEW]
GWは売店とテント泊のみとのこと。
詳細:http://blog.houougoya.jp/?eid=1214881

■東北
・会津駒の小屋
営業日が変更されています。
詳細:https://ameblo.jp/aizukomagatake/entry-12586173896.html


■丹沢周辺
・鍋割山荘[UPDATE]
週末営業の取りやめ等がある模様。TOPページとTwitter(@Nabewarisanso)フォローを推奨。
※今後の営業についての注意事項等が告知されています。(4/4)
詳細:https://nabewari.net/archives/1175


■奥多摩
・七ツ石小屋
当面テント泊も全日予約制。小屋の定員は5名まで。
4/5〜4/28まで休業、テント泊も不可となります。


■奥秩父
・甲武信小屋
4/1時点での営業に関する制限は特記無し。


■八ヶ岳周辺
・オーレン小屋
一部宿泊制限等あり。

・しらびそ小屋
コロナ関連のアナウンスあり。

・青苔荘
一部個室宿泊等の対応がある模様。


※アナウンスがされていない小屋だとしても、基本的な対策は各自で行いましょう
<参考>
新型コロナウイルスを防ぐには
家庭内でご注意いただきたいこと

新型コロナウイルスは長期戦が予想されています。
もしかしたら今年は登山どころではない、、、かもしれません。
それでも一日も早く終息、あるいはワクチンや治療法が確立され、平穏な日々が戻る事を願いつつ、私たちも出来ることから取り組みましょう!