ゆるやかな山の時間。
DSCN4047_R

冬の奥多摩ハイク、1日目ラストです。

 DSCN4013_R
久しぶりの鷹ノ巣山避難小屋。
この時期とは思えない雪の無さですが、この小屋前の防火帯の開放感は抜群ですね。
そう言えばこの防火帯にあった2か所のベンチが無くなっていました。
以前来た時も壊れていたり、釘が出てしまっていたりして危ないと思ってましたが、やっぱりその辺考慮して取り壊されたんでしょうね。
テーブルの脚部分を鋸で切った後があったのですが、まだ新しい感じだったので最近の事かも。
いずれまたベンチが復活すると良いのだけど。

DSCN4021_R
防火帯より日陰名栗を望む。この写真の辺りにテーブルがありましたね。

このあとはひたすらのんびり。昼寝したり、ちょっと起きたらビール飲んだり。
風もそんなに強くなくて、陽が当たっているとポカポカして気持ちいい。
DSCN4026_R
小屋脇の温度計は5度くらい。
DSCN4018_R
今回のアルコールチームスタメン。
ソロでのんびりならこれくらいが丁度いいと判明。特にセブンイレブンで売っていたワインは本当ぴったりだった。ビール2本は昼間に飲み切り、陽が暮れてからはハイボールとワインで程よい酔い加減。
DSCN4046_R
DSCN4047_R
遠く南アルプスの稜線に太陽が沈んでいきます。
そう言えば山で夕日を見るのは久しぶりな気がする。
DSCN4057_R
DSCN4058_R
避難小屋前のベンチを借りて晩御飯。今回はかなり手抜きですw
でも、さすがに日が暮れると寒いので鍋系でもよかったかな。
インスタントパスタのパレットは本当優秀。セブンイレブンのチーズ入りハンバーグ先に湯煎しその後パックを拭いてからポケットに入れて保温、そのお湯でパレットを作れば無駄も無し。

DSCN4069_R_R
見上げれば空には一面の星。
風も無く穏やかな夜が過ぎていく。

星空撮影したりワインを飲んだりして、この日は21時に就寝。
程よい酔い加減に昼間の疲労も重なり、スコーンと意識を失ったようでした。

つづく。