お久しぶりの六ツ石山・鷹ノ巣山へ。
DSCN3954_R
冬の静かなトレイルを歩いてきました。





2月終わりの三連休、久しぶりの鷹ノ巣山へ行ってきました。
せっかくテント泊で行けるタイミングだったので、本当はもう少し雪のあるところに行きたかったのだけど八ツまで行くと装備不足だし、奥秩父だとちょいアプローチがめんどい。
で、それならと久しぶりに鷹ノ巣山に行こうか、という事で直前で大決定。
鷹ノ巣山は、2019年の台風19号の影響で日原街道が通行止めになっていることもあり、よく使っていたルート(稲村岩尾根)が現在歩けない状況です。最短なら浅間尾根から、という手もあるのですがさすがに短いしなあ・・という事で、奥多摩湖に車を停めて水根からトオノクボ経由で六ツ石山〜将門馬場〜水根山〜鷹ノ巣山という、石尾根縦走路を絡めたルートで歩いてきました。
鷹ノ巣避難小屋で水が出ていれば小屋前で幕営、出てなかったら七ツ石小屋まで歩く、という想定です。

DSCN3918_R
2月23日の7時前に奥多摩湖着。トイレなどを済ませて7時30分、スタートです。まずは登山口までの車道歩き。
DSCN3920_R
水根方面へと向かい、途中から右手にそれて六ツ石山方面に進みます。
DSCN3922_R
途中、眼下には奥多摩湖。
台風19号の影響でかなり水が濁っていたけど、だいぶ復活してきたかな?
DSCN3923_R
7時51分、登山口に到着。
このルート、6年前の2014年に一度鷹ノ巣集合ハイクで下山時に使ったルートなんですよね。
いやあ、懐かしい・・・。あの時めっちゃしんどかった激下りを、無謀にも今回は登ろうというね。
我ながらドMな選択ですw
軽くストレッチをして、7時56分、いざ激登りの旅へ!
DSCN3927_R
このルート、知ってはいたけど取りつきからもういきなり急登です。
ひたすら登る登る。
DSCN3928_R
去年末以来のテント泊装備、しかも最近は腰痛が(おっさんww)酷くてランニングもロクに出来てないので運動不足もあり体が重い重い・・・。まあ、今回はソロだし、急ぐ理由もあんまりないのでのんびりと登っていきます。そう言えばソロでのテン泊って結構久しぶりな気がする。2年前の南ア以来かも。
DSCN3931_R
それにしても本当遊びの無い急登が続きますww。いやしんどいわこれw終わりが見えない!
DSCN3933_R
DSCN3935_R
8時35分、途中にあったフラットなスペースで小休止。腰も痛いのでストレッチしながら。
DSCN3937_R
DSCN3938_R
途中、風ノ神土にて今回の山行の無事をお祈り。
DSCN3940_R
風ノ神土を過ぎるとトドメの急登が始まります。急なだけではなくザレているのでさらに登りにくい・・・。
DSCN3944_R
DSCN3947_R
9時13分、トオノクボに到着。
ここ、右手を見ると気持ちよさそうな尾根が続いているのですが、こちらがハンノキ尾根。バリエーションルートですね。こっちも取りつきから暫くは結構しんどいらしいですけど、いずれ機会があれば歩いてみたいかも。
DSCN3948_R
左側が六ツ石山方面。
いやあ、なんとも気持ちの良い青空、そしてナイスな尾根!
しかし・・トオノクボまでの急登ですでに足が品薄状態です。ヤバイぜ・・・。
DSCN3949_R
地面も所々ぬかるんでいたり、かと思えばザレてたり。柔らかくて足には優しいんだろうけど、地味に体力奪われます。
DSCN3953_R
それでもこんなところですからね、声だけは「いやあ最高だ!」とか「めっちゃ気持ちいい!」とか言いながら歩いてます。でも体はもう悲鳴を上げてますw
DSCN3957_R
おまけに人も少ない。自分意外に歩いているのは2人くらいでした(途中めっちゃ早い人に追い抜かれた)。
DSCN3960_R
天気も良くて最高なんですが、それにしても雪が無いですね・・・。
ちょっとスノーハイクも期待していただけに少しだけ残念。
DSCN3966_R
9時51分、六ツ石山に到着!なんだかんだで2時間くらいかかった・・・。
個人的には、石尾根縦走路からも外れいてるためあんまり来ることの無い場所、ある意味貴重。
写真中央やや左のピークは目指す鷹ノ巣山。いやーまだ遠いな・・・w
DSCN3967_R
南に目を向けると富士山もチラリ。
一休みしてから、先へと進みます。

つづく。