山で寝るのはとても気持ちいいわけです。
DSC_2133_R
Qualz エアピローファーヴァ。

山で寝るのって、本当気持ちいいですよねぇ。
自分は、山での睡眠って2つの面で大事だと思っていて、1つはもちろん体力面。体をしっかりと休める事は、翌日の山行にも大きな影響を与えます。ただ眠い、というだけではなく、注意散漫になり思わぬところでの事故に繋がったりと、そいうのが一番怖いですね。
2つ目は精神的な側面で、これは言わば「満足度」みたいなものでしょうか。
日常生活を離れ、布団はもちろん、ベッドなんてありえない(テント泊では)。そんな山での睡眠を満足いくものにするのは個人的にはとても大事で、やっぱ「ああ、よく寝た!」っていうのが欲しいじゃないですか。これがあると無いとではその山行の満足度にも少なからず影響を与えるものと思ってます。

そんな山での睡眠の満足度を上げるのに欠かせないのが・・・「枕」。
自分は普段からも枕は結構拘りがあって、そば殻の枕じゃないとイヤ、少し固めじゃないとダメ。
枕が変わると寝られない、とまでは言わないけど、しっかりした枕は欲しいんです。
それがたとえ山であっても。

そんなささやかな拘りのある自分ですが、昨年末の忘年ハイクでとんだ失態を犯してしまいました。
DSC_1866_R
宴会で泥酔し、シュラフの中に入れておいたエアピローの上に思いっきり全体重をかけて乗ってしまう=結果当然のごとくパンクですよねwww

もうね、「パンッ」ってね。
めっちゃ乾いた音してね。
最初は酔っ払ってたから何の音か分からなかったけど、冷静になるにつれてどうもテント内で音がした→音が鳴るものなんてあったっけ?→なんかが破裂した?→破裂するもの?→あ・・・

モンベルのエアピローじゃん!!!

ってね・・・w


ああ、こうなると次のテン泊予定までに枕を用意せねば。
という事で年末から枕を物色してました(そう言えば新春物欲初めには書かなかったなw)。
当初はSea To Summitのエアロウルトラライトピローにしようかと思ってました。
キャプチャ
んで、そう言えばWild-1(アウトドアショップ)のポイントがいくらか溜まってたから、それで買おうと思ってお店に行ったところこれ、売ってなくてですね・・w
代わりに見つけたのが「Qualz」という、Wild-1のオリジナルブランドから出ているエアピローファーヴァだったわけです。
店頭にはラスト1つ、調べてみると素材はポリエステルの20D、大きくて使いやすそうな吸排気バルブ、何よりコンパクトな収納サイズと重量70g(カタログ値)。しかも値段は2,000円(税抜き)。
これは試してみる価値ありそうでしょ・・という事で早速購入してみました。
DSC_2133_R
表面はサラっとした手触り。以前使っていたモンベルのエアピローはいかにもポリエステル感のあるプラスチックな感じがしていたのですが、こちらは肌触りも優しくて良い感じです。
使用時のサイズは幅約39cm、奥行き約28cm、厚さ約12cm。
DSC_2134_R
一見するとSea To Summitのバルブと同じように見えますが、こちらはもっとシンプル。中に簡易的な逆流防止弁が着いているだけ。
DSC_2135_R
指で押すとペコっと開きまして、一瞬で中の空気がバフっと抜けていきます。これは良い。
モンベルのは空気抜くのも少々面倒だったからな・・・。
DSC_2136_R
こんな感じで弁が開きます。

ピローに空気を入れる時も、このバルブに口を当てて2〜3吹きもすればパンパンになります。バルブが大きい、かつ弁が簡易で簡単に開いてくれる、そして吹くのをやめればしっかりと閉じてくれるので膨らませるのがめちゃくちゃ楽です。
排気も弁を指で開けば一瞬。
収納時は折りたたみながらバルブ周辺に空気が溜まるようにして、弁を指で開いてやれば簡単にペッタンコになります。
DSC_2137_R
収納サイズ。なぜか比較がリップクリームw
カタログ値では収納サイズは9cm×6.5cm×4cm。
DSC_2130_R
重量は約69g・・と出てますが、70gと行ったりきたりwなので70gで良いと思いますw
DSC_2129_R
リペアキット4g。
DSC_2128_R
収納袋6g。
これで本体が60gだったので、足すとやっぱり70gっすね。

DSC_2138_R
実際寝てみるとやっぱり肌触りが良いので寝ても気持ちいいです。
欲を言えばマットとの固定用トグルか、ホールが開いていると良かったけどまあ贅沢は言わない。
だいたいシュラフの中に入れちゃうし、夏場でもそんなにずれる事無いから大丈夫かな。

あとは耐久性が気になるところだけど、ちょっと調べてみたら2年くらい使っている人もいるようなので、しばらくはこれで様子見してみたいと思います。
長く持ってくれればコスパはめちゃくちゃ良い枕ですからね。
ブランドに拘りが無ければおすすめですよ。