今更ですが、ゲット。
P1060390_R
EVERNEW Ultralightパン #16




先日このUltralightパンの記事を書いたあと、まんもからLINEで「カモシカスポーツで10%オフで売ってるけどどうする?」と連絡がありまして・・・。
ちょうどこの#16のサイズは、どのショップでも割引で買えるところは売り切れになっていたので、10%
オフでもありがたい!
という事で、早速購入を依頼。連休中に受け取ってきました。
P1060391_R
P1060392_R
#18のサイズは店頭在庫が結構あって、現物を見て値段も安くなってるし・・・とちょっと心揺れたりしてましたが、やっぱり#16のサイズが良いですね。この大きさが絶妙にちょうどいい。P1060394_R
900ml/30.4oz(129g)実測では約128gでした。すばらしい。
P1060393_R
フライパン、と呼ぶには深さのある形状。公式では約5cmとのこと。
この深さこそが、この商品を選んだポイントでもあります。すなわち、「鍋」としても積極的に使えるという点です。
P1060396_R
P1060400_R
トランギアミニと比べてみると、ちょうど一回りほど大きい感じ。
P1060398_R
高さ。比べてみると
トランギアミニ > 400FD > Ultralightパン#16
といった感じ。
冬場の使用を想定するとUltralightパンと400FDを組み合わせることになりそう。
本当は400FDがすっぽりと入ってくれたら理想的だったけど、そこはご愛敬か。
P1060399_R
スタッキングすると5个曚表个討靴泙い泙垢諭
P1060408_R
先に書いた通り、実測値では約128g。
P1060410_R
トランギアミニが実測値で約188g。ちょうど60gほどUltralightパンの方が軽量です。が、フタを除いての重量なので、もし蓋を着けたら同じくらいになるかな・・。一応サイズが合いそうなものを探してはいるけどなかなか見つからないですね。
ビリーコッヘルの1Lのフタがジャストサイズらしいけど、わざわざそのためにビリーコッヘル買うのもアレなので、当面はアルミホイルで代用かな。2枚くらい持ち歩いておけば大丈夫そうだし。
P1060413_R
さて「鍋仕様」のクッカーセットはこんな感じ。これをセットしてみると・・
P1060405_R
こうなって
P1060406_R
約366gおお、いい感じ。(アルミホイル除く)
P1060409_R
同じ装備で、トランギアミニでセットしてみると約452g。だいたい100gほどの軽量化となります。

これだけ軽量化できるなら夏場の装備としても使えそう。
問題はパッキングサイズが少々大きくなるので、今年の夏の黒部五郎岳の時のような攻めたパッキングだと使いにくいかも。ただ、夏場にこのUltralightパンを使うとしたら焼き物だろうから、その場合はDistance15でのパッキングにはならないかな。だとしたら通年の基本スタイルがこちらで、よりファストパッキング的なスタイルなら400FD、またはトランギアミニ、といった感じで使い分けできそう。

いずれにしても最近は気温の低い日も増えてきたので、早いところこのUltralightパンを持って山に鍋をつつきに行きたいもんです。