灼熱の裏高尾錬!
DSCN9964_R


長かった梅雨もようやく開けて、さあ8月!
いよいよ夏山も本格的なシーズンを迎えます。自分も兼ねてより計画していた通り、今年は北アルプス(天候次第では変更だけど)は裏銀座方面、雲ノ平を目指しての2泊3日の山行を予定しています。
今年は2泊3日で少し長めに歩きたい、というのは今年の年初からずっと考えていたことで、それを見越して10km以上のロードランニングでの体力づくり等に取り組んできたわけですが・・・

実は7月下旬、ある検査で処方された薬の副作用により、全身の筋肉が血中に溶け出し、筋力低下・脱力感等の症状を起こしてしまう「横紋筋融解症」という症状を発症してしまい・・・
上はアゴから両腕、腹筋・背筋から太もも、脹脛に至るまで全身が筋肉痛のような痛みと、急激な筋力の低下により日常生活にも影響が出てしまうほどのものでした。
歩けばロボットのように、階段では手すり必須、ペンはまともに握れず・・・

こんな状態では、山を登るどころか、普段のランニングすら危うい状況。
幸い、副作用の原因となっていた薬については、2日目に自分が「おかしい」と気づき服用を止めていたため、症状は軽いものだったのですが、それでもたった2錠飲んだだけでこの状態。
徐々に痛みや脱力感は抜けてきているものの、2週間後に迫った山行に体が耐えられるのか??
それを知るために、この週末裏高尾へとリハビリハイク(ラン)へと行ってきました。

DSCN9925_R
途中でまんもをピックアップし、いざ日影沢へ。
すでに駐車スペースは結構埋まっていたけど、実はこの先の林道脇はまだ空いている感じでした。
それにしても最後に山に登ったのが家族で行ったGWの大野山なので、実に3か月ぶりの山・・・。
北ア前の最後の山が3か月ぶりの高尾というのもどうなんだろう?と思いはしたものの、今の自分の体の状況からすると下手に無理も出来ないのでちょうどよかったのかも。
ともあれ、6時34分、出発です。

DSCN9930_R
暫くは林道を進みます。今回は小仏城山へ抜けるバリエーションルートを登るので、途中で右手の沢を渡って取りつくのですが、どうやら取りつきに気づかずスルーしてしまった模様w
DSCN9931_R
DSCN9932_R
少し戻ったところに取りつきがありました。
ここから沢を渡渉して対岸のトレイルに入ります。
DSCN9933_R

DSCN9935_R
沢を渡ると早速の登り。
ここが実は一番きつくて、体、というか足がめちゃくちゃ重たい・・・!
全然足が上がりませんw
久しぶりの山だから?というだけではなく、明らかに筋力の低下によるパフォーマンスダウンです。
このままずっとペースが上がらないとなると、北アどころかこの日の山行すら危うい・・!
DSCN9936_R
DSCN9939_R
幸い、徐々に慣れてきたころには何とか体も動くようになってくれました。
なんとか、下手にペースを上げず一定の速さで進むなら大丈夫そう・・?
DSCN9941_R
DSCN9947_R
DSCN9949_R
それでも標高500m前後の尾根筋は、時折沢からの冷たい風が上がっては来るものの基本は無風、さらに湿度に朝早いのに高めの気温。
6時待ち合わせだったけど、あと1時間早くても良かったか・・・
滝のように滴り落ちる汗、めちゃくちゃしんどい。
体は思うように動かない。でも、やっぱり山の中で流す汗は気持ちいい。

適度に涼しければね!
この日はぶっちゃけ、もう下山して沢に飛び込みたい!という気持ちだけでしたww

DSCN9951_R
雲一つない空。
樹林帯が途切れるとジリジリと体を焼く太陽がうらめしい・・・
まあ夏らしくていいんだけど、いや、キツイ・・!

DSCN9955_R
DSCN9960_R
舗装路に出ました。もう小仏城山はすぐそこ。
この先で、2名のトレランナーさんと軽く談笑。日影沢から同じタイミングで登りだしていたのですが、実は24時間錬の最中だったらしく。夜通し走ってもう75劼らい・・・この暑いなかで!
どこかチームに所属されているのか気になって聞いてみたところ、聖蹟桜ヶ丘にあるパーソナルトレーニング&治療院のTREATさんのチーム所属らしく・・そ、そら走りますよねえ!!
いやあ、すごいの一言。たださすがにこの暑さは堪えたらしく、途中でTREATの夕子さん(トレランナーで数々のレースでも優勝されているトップアスリート)に捕まらないように・・・この後は下山されるとのことでした。あのあと無事?でしたでしょうかw

DSCN9962_R
ランナーさんとの談笑後、すぐに小仏城山の山頂に到着!

DSC_0520_R
天狗さんに挨拶して・・・
(これ、天狗の真似したつもりだったんだけど、写真で見るとただまんもを指さしてるだけにしか見えないw)

DSCN9968_R
あまりの暑さにかき氷を注文!
サイズは小サイズ。

・・・小サイズ??ww

うそでしょ、ってなるくらいデかいですwお蔭でばっちりクールダウン。
ちなみにコーラ味でしたが、めちゃ美味しかった!
DSCN9969_R
体を休めて、次は高尾山へ。
まだ人が少ない時間帯なので、比較的トレイルも走りやすいです。
早朝はトレランの形割り、ハイカー2割といった感じ。
DSCN9973_R
DSCN9977_R
DSCN9979_R
DSCN9981_R
小仏城山からのんびり走って30分ほどで高尾山に到着!
ここまで来るとハイカーの割合がグンと上がりますね。
DSC_0525_R
せっかくなので1枚。
二の腕白いな俺www

山頂でトイレ寄ったり小休止して、さて、下りは4号路→日影沢で帰りますよ。
DSCN9983_R
DSCN9987_R
4号路〜日影沢までは数名すれ違ったくらいで、静かなトレイル。
ただやや細く片側が崖になっている箇所も多いので、下手にスピード出してるとちょっと危ない感じ。
特に今は踏ん張りが効かないのでゆっくりと下ります。
DSCN9989_R
9時9分、山頂から20分くらいで林道まで降りてきました。
ここからはのんびりと歩きながら駐車場まで戻ります。

結局駐車場には9時24分に到着。
沢で汗を軽く流し、高尾山近くのファミマのイートインで休憩&北アの計画について相談、それでも12時前には自宅へ帰ってシャワー浴びれる感じでした。

夏の時期は低山でのトレーニングに悩んでたのですが、裏高尾いいっすね。
今日は7劼らいの本当に体の調子をみるのと、リハビリが目的だったのでさっくりといった感じでしたが、場合によっては陣馬とか景信とかまで足を延ばしてピストンしすればかなりいいトレーニングになりそう。
丹沢はこの時期足を運びにくいし、奥多摩は遠いし・・・と考えると、なんで今まで来なかったんだろう?と思うくらい良いルートでした。
エイド(茶屋)も多いしねw

さて、肝心の体調ですが、本当下手にスピードを出し過ぎたりしなければ大丈夫そう。
あと歩き始めはエンジンかかるのがだいぶ遅い感じがしたけど、一旦スイッチ切り替わってくれれば何とかなるかな・・・。
あとは小まめに小休止しながら行くしかないかと。それから日常のランを、短距離でもいいから増やしながら、徐々に体を動かすことを再認知させつつ、体力を少しでも戻すようにしなければ・・・。

本番まであと2週間。
2つある心配のうち、体調面については現状把握と対処がなんとなくイメージできた。
あとは天気ですなあ・・・まだ台風が産まれそうだけど、どうなることやら・・・。

◆登山データ
日影沢駐車スペース発(6:34)→取りつき(6:43)→最初の鉄塔(7:18)→林道合流(7:35)→小仏城山( 7:41)→休憩→小仏城山発(8:09)→一丁平(8:16)→高尾山山頂(8:34)→休憩→高尾山発(8:51)→4号路・日影沢方面分岐(8:59)→日影沢林道合流(9:09)→日影沢駐車スペース(9:20)