やっと見つけた、山用帽子の最適解。
DSC_0474_R
WORKROWN WORKCAP JET CYCLE "MOUNTAIN HERO" CYCLE。



2年ほど前に、山用の防止は迷走しやすい、ということでこんな記事を書いたことがあります。
→「山と帽子問題

まあ、根本は今も変わっていない訳ですが、それでもここしばらくは、Patagoniaのダックビルキャップでほぼ落ち着いていました。なんだかんだで定番は安心だ・・・。

安心なのですが、今年に入って、ランニング中に少し気になったことが。
ダックビルキャップ、とてもいいのですが、汗をダバーっとかいて帽子全体が濡れてしまうと、ツバの部分の張りがなくなりヘタって来ちゃうんですよね。あと、もともとツバには芯も入っていないので当然と言えば当然なんですが、風には弱くて、ツバがすぐめくれちゃったり。

まあ大したことじゃないっちゃそうなんですが、一度気になり始めるともうダメで。
うーん、やっぱりなんかないだろうか・・・とまたも帽子問題で頭を悩ませていたところ、WORKROWNさんから超理想的な帽子が出るじゃないですか!
 
 WORKCAP JET CYCLE "MOUNTAIN HERO" CYCLE

さて、おさらいですが個人的に山用の帽子に求めるのは次の点。
・ツバ短め
・通気性が良いこと
・ドローコードなどで調整が出来ること

ツバが短め、これは視界の確保もそうですが、夜間や早朝夜明け前の行動時、または日常におけるナイトラインニングの際にヘッドランプを使う事になるのですが、その際光軸に干渉しない(しずらい)ことが理想です。
さらに、前述のダックビルで気になった点として、張りがあることもツバに求める要素としてはやっぱり必要かなーと思ってます。
通気性については、もともと汗かきなので蒸れにくい帽子が欲しい、これの1点に尽きます。この辺はダックビルも全く問題なかったんですけどね。
3つ目のドローコードなどでの調整について。
ツバの短い、という要素だけでも、実は理想形としてはサイクルキャップに行きつくんです。ただ、サイクルキャップの多くはヘルメットの着用時の後頭部の干渉を避けるためにドローコードやアジャスターの類はついていないことが多いんですよね。なので伸縮性のあるゴムシャーリングなどで処理されていることが多いのですが、汗をかくと帽子が緩んだりするし、ゴムシャーリングの場合キツいと頭が痛くなったりするので、やっぱり調整できるタイプが理想です。

このすべてを満たし、かつ見た目も好みだ!というのが
  WORKCAP JET CYCLE "MOUNTAIN HERO" CYCLE
でした。
もう、サイトで見つけたときは大喜びだったんですが、その時はなんとSoldOut表示・・・慌ててWORKROWNさんに問い合わせしてみたところ、実は発売前の新商品だったらしく。そしてその返答を頂いた翌日の7月3日の12時〜から発売開始と知り、もうカートが使えるようになったら速攻で購入しましたw
恐らく購入した人の中で1番だった自信がある・・w

ということで、早速レビューです。
DSC_0474_R
DSC_0470_R
シルエットはもうほぼサイクルキャップですね。山やランニングで自分は使うつもりですが、もちろんサイクリングでも問題なく使えるでしょう。
ツバは張りがあり、風によってめくれたり、という心配は一切なさそうです。
ちなみに公式サイトによると

フロントパネル部分:高通気・撥水・ストレッチ ポリエステル 100%

ツバ部分:防水・撥水・透湿素材 (耐水圧 8,000mm 透湿度 8,000//24hr) ナイロン100%

トップパネル部分:吸湿発熱・放湿冷却・抗菌防臭・制電・UVカット・ストレッチ ポリエスエル 100%

汗止め部分:吸湿発熱・放湿冷却・抗菌防臭・制電・UVカット ポリエスエル 100%

とのこと。
このキャップ自体が、「あらゆる天候や環境で快適に走れる機能的なキャップ」というコンセプトで作られており、メーカーのこだわりを強く感じる部分でもあります。
DSC_0472_R
ダックビルキャップ同様、サイドは目の粗いメッシュタイプ。
DSC_0473_R
フロントパネル(あずき色の部分)やトップパネル(黒い部分)も細かいメッシュになっていて、直射日光を防ぎつつしっかりと通気性を確保してくれています。
また、このフロントパネル・ツバ部分は撥水加工されており、レインウェアのフードを被る事で雨天時の視界を確保し、かつ雨を防ぐことが出来ます。ダックビルはフロントパネルやツバは撥水性無いのでこの辺はよく考えられてるなあーと感心。
DSC_0469_R
アジャスタ―はリフレクター付きのドローコード。これがもうばっちりなんです。なかなか無いんだよなこういうの・・・。
DSC_0475_R
手持ちのダックビルキャップと並べてみたところ。
ツバの形がサイクルキャップらしさを醸し出してます。
DSC_0465_R
キャップ本体が割と深めに作られているので、風に飛ばされにくく安心感があります。
ツバの長さも良い感じ、視界への干渉は全くありません。
DSC_0466_R
張りのあるツバなので、跳ね上げもパキっと決まります。
DSC_0467_R
ヘッドランプを付けてみたところ。
ツバが短いのでランプの光軸への干渉は最小限に抑えられます。

汗止めやメッシュ部分も柔らかいので、かぶり心地もとても良いです。
造りも丁寧でマスプロと遜色ありません。
実は2年前からWORKROWNさんの帽子は注目していたのですが、どうしてもカラーリングが好みに合わなくて・・(いいと思っても真っ黒か真っ白でw)。そこにこのキャップですからね、もう最高です。
本当は・・・こっちのカラーリングが渋くて良かったんだけど、あまりに地域的に無関係過ぎて買うの躊躇ってましたw
でも、待ったかいがあったかな〜!

今年の夏は、これで山をあちこち、行けたらいいなあ・・・。