少し前のお話ですが、GWの翌週に娘を連れての初登山へ行ってきました。
P1050783_R



GW後半、1度だけ日帰りで丹沢(三ノ塔〜塔ノ岳)へ行ったのですが 、この時自分が山に行くのを見て娘が「私もお山登りたい!」「お山連れてって!」としきりとせがんで来まして・・・。
いい機会なのでそれじゃ家族で娘も長男も連れて初登山しようか、と、GWの最終日に一度丹沢の外れにある「大野山」へ行ったんです。
ただ、この日は当初の天気予報とは打って変わって今一つな天気。駐車場に着くと雨まで降りだしてしまい、結局山には登らず撤退。

ただ、娘があれだけ山に登りたい!と自分から言うことは珍しいし、この機会を逃すといつ行きたいと言うか分からない。という事で翌週末に再度大野山へリベンジ登山へと行ってきました。
P1050767_R
車は「山北つぶらの公園」の駐車場へ。
ここは平成(もう一つ前の元号なんすね)29年に開園した新しい公園で、駐車場も広いし、何より最近出来たトイレがキレイでとてもいいです。オムツ交換できる台も設置されてます。
この日は天気も良くて、前の週には見えなかった富士山もばっちり!
P1050766_R
子供たちもニコニコで駐車場をスタート。
P1050771_R
公園を出て右手の車道を暫く進みます。結構下ったりするので道を間違えたかと不安になったりしましたが、そのまま進んでOK。
P1050776_R
20分ほど歩くと、大野山への登山口であるトイレが見えてきます。
ちなみにこのトイレの50mほど手前に「頼朝桜」という桜の木があったみたいですが、この時期は新緑に紛れていて気付きませんでした・・・。
P1050779_R
しばらくはアスファルトの坂道を登っていきます。この坂道が意外とキツイ。
P1050782_R
坂道を登り切った先からが本格的な登山道になります。大野山までは標識のCTで約55分。
P1050786_R
嫁さんも実は結構久しぶりのハイキング。という事で、娘とペースを合わせてリハビリです。
娘は段差を登ってく感じが楽しいらしく、どこに足を置くか色々考えながら登ってました。
P1050790_R
5月らしい新緑に溢れた登山道。片側が切れているとか、危険なところは皆無、ガレ場も無し、とても歩きやすいです。
P1050792_R
途中途中で道に落ちているどんぐりとか、葉っぱとかを珍しそうに見ながら、のんびりと登っていきます。
P1050799_R
30分ほど歩くと東屋が出てきます。ここで小休止。
長男は長男で、ベビーキャリアに揺られて終始ご機嫌な様子。緑に囲まれた自然の中をあるくのはやっぱり楽しいのかな?
P1050805_R
東屋を過ぎて少し進むと獣害除けの柵があり、そこをくぐっていくと開けた斜面の九十九折が始まります。
P1050811_R
樹林帯を歩いてきたので、この変化は気持ちよくていいですね。開放感も抜群!
P1050815_R
P1050820_R
登山口から1時間ほどで、スカイツリーと同じ高さまで登ってきました。
木彫りのウサギのオブジェを見て娘も「かわいー!」と嬉しそう。
P1050823_R
P1050829_R
山頂付近の登山道は、斜面側に柵も設置されていて、子連れには非常に安心感があります。
こういったところがありがたい。
P1050831_R
ちょっと疲れて、愚図り始めた娘も、たんぽぽの綿毛を探しながら歩いてなんとか頑張ってます。
ここまで既に1時間半近く登山口から歩いてきてるわけで、正直こんなに歩いてくれるとは思ってませんでした。すごい!
P1050839_R
牧場脇を進めば、もう山頂はすぐそこ。
P1050840_R
P1050844_R
という訳で、登山口から1時間40分ほど、10時47分に大野山山頂に到着!いや、本当良く頑張った!
疲れただろうけど、大したものだよ。これだけ歩ければ高尾山も行けるかな・・?
P1050854_R
大野山の山頂は多くのハイカーで賑わってました。が、風が冷たいうえに強くて、しかもどんよりとし始めて展望も今一つ・・・なので、風よけになる場所を確保して休憩。風さえ当たらなければ寒くはないんですけどねえ。
P1050850_R
P1050853_R
娘と約束していたポップコーン。子供は作る過程も喜んでくれるし、ほどよい塩っ気が疲れた体にちょうどいいです。今度も持って行こうかな。
P1050856_R
丹沢湖方面もうっすら・・・と言った感じ。うーん、残念。また天気のいい日に来てもいいかなー。
P1050860_R
長男は爆睡w
P1050864_R
展望もないうえに寒くなってきたので早めに下山開始。
・・・ところが、まあ予想はしていたけど娘が歩いてくれませんwという事で、長男を乗せたベビーキャリアは、荷物を空にして嫁さんにバトンタッチ。
娘は自分が抱っこして下山です。
DSC_2800_R
歩けそうなところは歩かせようと思ったんですけど、まさかの寝落ちww
やっぱり疲れたんだなー、朝も早かったし。まあ、登りがんばったし仕方ない。
P1050869_R
途中の東屋で降ろしても起きないw

こうして結局、登山口のトイレ脇の東屋まで起きることなく、山頂から抱っこで娘は下山しました。
次は歩いて下山出来るといいねえ。

P1050879_R
二人とも、まあよく頑張ったよ。
長男はほぼ寝てたけどねw
また、山登りに行こう!

こうして初の登山は無事成功。
色々と自分の経験や目線で考えると、子供を山に連れて行くのは正直とても怖かったけど、大野山はその意味では安心して歩ける山でした。ちなみに、山北駅側から登るルートの方がもうすこし荒れていて、歩きにくいところがあるようです。
谷峨駅側のルートはほぼフラットな登山道が続いているので、本当安心して歩けます。
本当は最初の登山は高尾山かなーと思っていたけど、大野山にして正解でした。
人も高尾山みたいに大混雑はしないし、トイレも途中にあるし。何より駐車場が無料!
(山頂のトイレも、まあまあキレイなほうです。今回は紙も置いてありましたが、スペアは無かったので持参した方が安心でしょう。)

次は秋とか、また来年の桜の時期に来てもいいかな。
そして高尾山も空いてそうな時に連れて行ってみよう、下山はあっちの方が楽そうだし・・・。