DSC_2774_R
令和最初の山歩き。
丹沢ラウンドハイク その2です。


 7時41分、三ノ塔休憩所を出発し、まずは烏尾山へ。
DSCN9856_R
DSCN9857_R
鎖場ではあるものの、以前よりも整備されて格段に歩きやすくなった三ノ塔→烏尾への下り。
ただ、結構ザレているので慎重に進みます。
DSCN9858_R
100m弱標高を下げて鞍部へ、ここからまた少しだけ登り返せば烏尾山です。
DSCN9859_R
三角屋根が特徴的な烏尾山荘。この日はまだ営業していませんでした。
ここにもキレイなバイオトイレが設置されています。
先ほどの三ノ塔ではかなり北風が強かったのですが、烏尾まで降りてくると風も無く穏やか。
DSCN9863_R
つづいて行者岳へ。
途中の尾根は、冬場ほどではないものの若干泥濘が所々あるくらい。そんなに気にはなりません。
DSCN9867_R
8時15分、行者岳に到着。ここまで数名のハイカーを追い抜きましたが、塔ノ岳方面から来るハイカーは今のところゼロ。DSCN9868_R
DSCN9869_R
一番心配していた行者岳北側の鎖場も誰もいませんでした。
いくらGWとは言え、まだこの時間だとこの辺りまで来る人は少ないのかも。
という訳で、無人の鎖場をゆっくりと下ります。
DSCN9870_R
鎖場を超えるとその先には崩壊地。ここも見る度に痛々しさが増しているような気が。
DSCN9874_R
8時28分、政次郎ノ頭を通過。
そのうちまた政次郎尾根も歩きたい。
DSCN9876_R
目指す新大日と、トレイル脇のヤマザクラ。
下界ではすっかり緑に変わってしまったけど、季節の遅い山の上ではまだ桜も見られました。
DSCN9880_R
8時44分、新大日に到着。
冬場から春先にかけて、新大日手前のトレイルはいつも泥濘に悩まされるのですが、最近の登山道整備のお蔭で木道になっていて、泥濘自体は全く問題ありませんでした。が、登りそのものが結構しんどかった・・・新大日の登りってこんなキツかったっけ??
取りあえず結構疲れてきたので、ここで長めの休憩。行動食をパクつきながら写真を撮ったり。
DSCN9882_R
DSCN9889_R
10分弱休憩し、8時56分、再び出発!
ここから塔ノ岳まではもうあと少し。気が楽なのでのんびりと歩きます。
DSCN9890_R
9時4分、木ノ又小屋を通過。
DSCN9891_R
解放感があって気持ちの良いトレイルが続きます。
DSCN9893_R
DSCN9894_R
木ノ又小屋〜塔ノ岳の間で唯一気を付けなければならない、崩壊したトレイルの北側斜面をトラバースする箇所。↑の写真は塔ノ岳側からのものですが、木ノ又側の階段は雨の後など泥濘があるときは通行注意です。結構滑りやすくて、安心できません。
DSCN9898_R
遠くには富士山、そして右手には塔ノ岳と尊仏山荘が見えてきました。
DSCN9899_R
9時25分、山頂直下の登りをじわじわクリアし、久しぶりの塔ノ岳山頂に到着!
朝早い割には結構人が居るけど、それでもGWだから、というよりは普通の週末くらいの混雑かな?
DSCN9902_R
見晴のよいポイントを見つけて、コーヒーとiLL玄米でまったり休憩。
DSCN9901_R
写真だと分かりにくいかもですが、標高の低いところでは新緑に変わってきていて、おそらく700〜800m前後かな?それより上はまだまだこれから緑が上がってくる感じでしょうか。
こういった季節の移り変わりの時期というのは、山を歩いていても楽しいですね。
DSC_2774_R
DSCN9905_R
お湯を沸かしたりトイレ行ったりしたのでだいぶのんびりとしちゃいました。
そろそろ下山、10時6分、塔ノ岳を出発。
DSCN9907_R
山頂の混雑よりも、登山道のハイカーの多さの方がびっくりでした。
流石GW、もう何人の人と「こんにちわ!」を交わしたか、分かりませんw
印象的だったのは結構子連れの登山がやはり多かったこと。
中には3歳の子供と一緒に登っているご家族もいました。ううむ、うちの娘も行けるのだろうか・・・。
あとは、予想はしていたけど団体さんも多かったですね。
DSCN9909_R
DSCN9910_R
結構時間かかって、10時44分、堀山の家を通過。ここでも結構な数のハイカーさんが休憩中でした。
DSCN9911_R
まだ柔らかい緑を纏った木々と、木漏れ日のトレイル。
DSCN9914_R
DSCN9912_R
東側を見ると、さっきまで居た三ノ塔、烏尾と行者へ至る稜線が見えます。あっちからぐるりと歩いてきたわけですな。プチ馬蹄形といった感じでしょうか。
DSCN9918_R
その後も順調に下山、11時25分には駐車場に到着!
いやー、キツかった・・・。三ノ塔登ってからの塔ノ岳ラウンドって、実はヤビツ峠→塔ノ岳→大倉よりキツいのでは・・と思って後で調べてみたら、ヤビツ峠からのラウンドだと約13.7km、今回の大倉バス停起点での三ノ塔〜塔ノ岳〜大倉だと約15.5km!
やっぱりこっちのがキツかったか・・w
お蔭でこのあと、2日間は足がガタガタで階段もロボット状態でしたw
なんとか仕事が始まるまでにまともに歩けるようになって良かった・・・。

とにもかくにも、令和最初、そしてGW唯一の山行は無事終了。
もう少し定期的に山で歩けると良いんだけどね・・なかなかそうもいかないか。
それでも久しぶりに山を歩けてかなりリフレッシュになった。次は梅雨入り前にテント泊で歩きたいな・・・。

そして今回初投入だったBlackDiamondのDistance15.
実際に使ってみて分かってきたところも多いので、追ってレポートしたいと思います。

◆登山データ
大倉バス停発(5:45)→三ノ塔登山口(5:56)→牛首(6:18)→三ノ塔(7:23)→三ノ塔発(7:41)→烏尾山荘(7:59)→行者岳(8:15)→新大日(8:44)→木ノ又小屋(9:04)→塔ノ岳(9:25)→塔ノ岳発(10:06)→花立山荘(10:20)→堀山の家(10:44)→見晴茶屋(11:07)→観音茶屋(11:16)→大倉バス停(11:25)