d35fe022-e0cc-413e-93e9-bfd28c0e56fd
待望のBlackDiamond新作!

BlackdDiamondの名作シェルターと言えばoneshotやハイライトが挙げられると思いますが、近年新しいシェルターも出て来ず(一時期Neoshellを使ったシェルター開発の噂はあったけど結局お蔵入りっぽい)。
そんなみんな大好きBlackDiamondから、今年待望の新作シェルターが登場する(らしい)。
d35fe022-e0cc-413e-93e9-bfd28c0e56fd
Black Diamond Distance Tent 

rei.comのサイトではすでに商品としても掲載されており、国内投入も時間の問題と思われます。
代理店であるロストアローさんはとても良心的なので、価格差もそれほど無い、と期待したいところ。
見込みでは3万円前後と言ったところでしょうか。

ぱっと見たところ、プロトタイプとの大きな違いは出入口のメッシュベンチレーションや、カラーリングがブルーに変更されている点など。black-diamond-distance-tent-768x433
(Photo:https://andrewskurka.com/より。こちらはプロトタイプ版)

以下、rei.comサイトの掲載情報より。

【スペック】
重量:約710g
収納サイズ:12×30cm
フロアサイズ:147×241cm
フロア高:104cm
素材:30Dポリエステル


今期のBlackDiamondは、トレイルランニングやファストパッキングをターゲットとして「Distance」シリーズをより進化させ展開するようですね。
このシェルターも「Distance Carbon AR」の場合、ストックのハンドル部分にシェルターの頂点に当たる部分のフレームを差し込む穴が開いていて、そのまま設営に使えるようになっています。
distance-tent-peak-vent-768x432
(Photo:https://andrewskurka.com/より)

また、純正のストックでは無くても、別売のアダプターを使用することで設営が可能になります。
distance-tent-pole-adapter-768x513
(Photo:https://andrewskurka.com/より)

今年購入したモンベルのU.L.フォールディングポールが約310g。
このシェルターが約710gという事で、セットで約1kgとなれば許容範囲内ですかね。あとはパッキングサイズが少々大きめなのが気になるけど、これはある程度圧縮できるだろうと勝手に想定してます。
また、保水しにくいポリエステル素材を使用している点も見逃せません。
保水しないので、荒天時も幕が膨張しガイラインなどが緩むことが少なく、また撤収時も乾燥が早いので軽い状態で収納できます。これはプロモンテのVLシリーズなどを使ったことのある人なら分かると思います。
素材も30Dと、最近のやたらと軽さを求めるばかりに10Dとか15Dといった不安な薄さと違って、まだ安心感のある厚さ。と言ってもフロアはやっぱりフットプリントは何か使いたいかな〜。

今使っているモンベルのU.L.ドームシェルターもお気に入りの幕なので、もしこれを入手しても手放さないと思います。自立式はやっぱり便利だしね・・・。
でもこのシェルターもかなり面白そうだし、早く現物見てみたい、そして見たら速攻手を出してしまいそう・・・w