DSCN9520_R
2019年山初め・ちょっと寄り道→大山南陵尾根を走ります。

大山山頂を後にして、9時4分に下山開始。
この時間になると登ってくるハイカーもだいぶ増えてくるのですが、それでもいつもよりは少ない印象。
20分ほどで16丁目に到着。
DSCN9486_R
ここからは右手に逸れて、大山南陵尾根を下っていきます。途中最初の分岐で一旦阿夫利神社へ立ち寄り、用事を済ませてから蓑毛方面へ戻る、というちょっとめんどくさいルートです。
だって、ここまで来たらアレは買わない訳には行かないデショ。
DSCN9487_R
DSCN9489_R
DSCN9492_R
16丁目からのくだりは、しばらくはガレ場の急斜面は続いて、なかなかにスリリング。
結構大きめの段差もあるので安全優先で下ります。途中、数名のハイカーとトレランナーとすれ違い。
こっち側から来る人は、鶴巻から来たのかどうか気になる。。。めたくそ修行ルートだよなあ。
DSCN9494_R
下社方面への分岐に到着。実は最初、ここが蓑毛方面との分岐点だと勘違いしてしまって、下社方面に進んでいくと結構、かなり、というか登り返すのが面倒なくらいガッツリ下って行っていたのでちょっと焦りました。でもまあ登り返しでもトレーニングだと思えばいっか・・くらいに思っていたんだけど、問題は同行者のまんも。
流石にこっちの勝手な買い物のために付き合わせたあげく、
「下社までのルートはトラバースだからアップダウンなんてほとんどナイヨ!大丈夫大丈夫!」
なんて言って連れてきちゃったんだよな・・・。

と、途中であまりにも下るのでおかしいと思い、再度地図を見直すと、一本手前の分岐(つまり蓑毛じゃないところ)を左手に進んでいることが判明。
あ〜そりゃそうだよね、蓑毛からの分岐だとあんまり大きなアップダウン無いはずなのにおかしいと思ったわ・・。
DSCN9495_R
そんなこんなで9時44分、2時間ぶりくらいに下社に戻ってきました。
お目当てはもちろん、コレ。
DSCN9497_R
大山阿夫利神社の霊験あらたかな足腰守!
1年間山で足の怪我など無く、安全に楽しめているのはこれのおかげと言っても過言ではありません!持ってないと不安でしょうがないヤツです。
今年もシューズのカラーに合わせて黄色をチョイス。
(ちなみに、付き合わせたまんもにも足腰守をプレゼント。これでニューハレ張らなくてもばっちりだぜ!w)
DSCN9498_R
古いお守りもしっかりとお納めしてきました。1年間ありがとうございました!

DSCN9500_R
無事に目的も果たしたので、再び下山開始。今度こそ蓑毛方面へと向かいますよ。
DSCN9501_R
ここが途中にある分岐。左に進めば蓑毛方面、右手に上がっていくと先ほどの下社への分岐に戻ります。
DSCN9502_R
DSCN9505_R
DSCN9509_R
ちなみに、下社〜蓑毛へのトラバースは、マップ通りアップダウンはほとんどないトラバースでした。
若干細い部分や、片側切れている部分もあるので通過の際は下手に走らない方が安全でしょう。
DSCN9513_R
10時09分、蓑毛分岐に到着。ここから左手に大山南陵尾根を進みます。
DSCN9514_R
この辺りから先は尾根も広く、フラットで歩きやすい(走りやすい)トレイルが続きます。
めっちゃ気持ちいい!
DSCN9515_R
電波塔通過。この手の電波塔がいくつかあります。
DSCN9520_R
DSCN9526_R
10時39分、不動越を通過。
DSCN9528_R
高取山手前の登り。ここがほぼラストの登りになります。一気に駆け上がって・・・
DSCN9529_R
10時56分、高取山到着!先ほどまでいた大山の山頂もばっちり。
ここで一休みして・・
DSCN9530_R
以前一度このルートを通った時は鶴巻温泉まで行ったんですが、今日は左に逸れて聖峰を目指します。
DSCN9533_R
聖峰の分岐を左に曲がると、すぐに木の階段の急斜面が始まります。
若干降りるのが怖いくらいの斜度なので、かなり慎重に降りますよ・・。
DSCN9534_R
木の階段の途中、開けたところからはこんな絶景が。この写真撮ったところも、右手がすぐ崖みたいになってます。おっかない・・・。
DSCN9536_R
エラい角度の斜面を降りてきて一安心。低山だからといって本当バカにできませんよ。
DSCN9539_R
しばらく進むと、お堂が見えてきました。
どうやらここが聖峰らしい。
DSCN9540_R
11時18分、聖峰到着!
いやーここ、めちゃくちゃ絶景ポイントじゃないっすか。
DSCN9542_R
標高こそ380mほどとさほど高くないけど、目の前に遮るものが無いので遠くまで見渡せます。
中央には右手から伸びる東名高速と、左手から工事中の新東名のクロスする部分も見えてます。
いやーすごい、なんだか、奥武蔵の日和田山を思い出すなあ。
地元の幼稚園の遠足地にもなっているらしい。
まあ、登りはほぼ車道みたいな女坂もあるし、景色も良いしね。
ちなみに、ここには簡易トイレが設置されていました(紙ナシ、結構ハードな部類w)。
DSCN9545_R
11時26分、聖峰を出発。
DSCN9546_R
DSCN9552_R
ジグザグになっている斜面をひたすら下り・・・
DSCN9554_R
あとは車道歩きで、11時38分に聖峰登山口に到着!
ここからはデポしておいた車で大山ケーブル下の駐車場へ向かい、まんもと分かれて解散となりました。

もはや毎年恒例となっている山初めの大山。
行き慣れた山なのでルート選定にはいつも悩むのですが、今回のルートはなかなか良かったです。
今回はまんもが同行してくれたので、車2台で登山口と下山口を変えてルートを組みましたが、不動越から左に下れば、一応大山方面にも降りられるので、1台でもラウンド出来そう。いずれやってみようかな。

足腰守も無事に手に入れたことだし、また今年1年、無事に山を楽しもうと思います!

◆登山データ
大山第二駐車場発(6:50)→大山ケーブル駅(7:00)→大山寺(7:12)→阿夫利神社下社(7:28)→16丁目(8:08)→大山山頂(8:34)→休憩→大山山頂発(9:04)→16丁目(9:21)→下社分岐(9:30)→阿夫利神社下社(9:44)→蓑毛越I(10:09)→不動越(10:39)→高取山(10:56)→聖峰(11:18)→聖峰登山口(11:38)