2019年の山初めは、いつもの大山詣でへ。
DSCN9442_R

2019年最初三連休の最終日。
毎年恒例となっている、丹沢・大山の阿夫利神社の足腰守りを入手すべく山初めを兼ねてハイキングへと行ってきました。同行者はいつもの通りまんも。
今回は、大山の表参道を登り、その後蓑毛方面へと下っていくルートで、下山口となる聖峰の登山口に車をデポし、もう一台まんもの車で大山表参道の駐車場へと向かう計画。
 キャプチャ
ちょっと予定外の寄り道も含め、およそ12km程度の行程です。

まんもとは厚木市内のコンビニで待ち合わせ、まずは下山先となる聖峰登山口へと向かい自分の車をデポ。その後大山ケーブルの下の表参道の駐車場へまんもの車を停めて、6時50分、出発です。

DSCN9415_R
キンと冷え込む空気の中、まずは表参道をのんびりと歩いていきます。
ウォーミングアップにはちょうどいいくらい。
DSCN9416_R

10分ほどでケーブル駅に到着。その上の階段に差し掛かると、東から真っ赤な光が差し込んできました。
DSCN9419_R
写真だとイマイチ伝わりにくいかもしれないけど、階段も山肌ももっと赤いです。
DSCN9422_R
7時12分、大山寺。階段を登り切って・・・
DSCN9426_R
振り返るとオレンジ色に輝く朝陽。
湘南、江の島、三浦半島、その先の房総まで良く見えています。
DSCN9427_R
そうそう、今回はこの前購入したモンベルのU.L.フォールディングポールの試運転。この先の登りから山頂まで、久しぶりに使ってみたいと思います。
DSCN9431_R
超久しぶりのストックワーク。
まずはU.L.フォールディングポールの強度も確かめながら登ります。
この時点で、やっぱり体を一瞬でも預けられるものがあるって楽!と実感。ただ、上半身に疲労が分散されている感じ、ですかね。
DSCN9436_R
DSCN9437_R
女坂を上り切り、7時30分、大山阿夫利神社に到着。
DSCN9439_R
だいぶ太陽も高くなってきました。が、それでもまだ人はまばら。
DSCN9445_R
DSCN9449_R

ちなみに、今回の一番の目的は、毎年阿夫利神社で購入している足腰守りを購入し、古いお守りをお返しすること。とは言え、時間はまだ7時半筋、まだまだ社務所もやっていない・・・!
本当ならば、大山山頂からは蓑毛方面に降りて、そのまま浅間山→高取山→聖峰へと向かうつもりでした。が、目的のものが買えないのでは、また阿夫利神社に来ないとならなくなるし。。。。
ううむどうしよう。取りあえず山頂へ向かって、後で考えるか・・・。
DSCN9450_R
いつもの急な階段を上ります。
DSCN9454_R
大山山頂への道は結構大きめの岩がゴロゴロしてたりしますが、基本的に苦手な木段とかあまりないので、塔ノ岳とかよりは楽な印象。おまけに今回はストックも使ってるしね!
DSCN9456_R
標高1,000mを越えたあたりから雪が出てきます。と言っても日陰に残っている程度。
DSCN9458_R
富士山も良く見えてますね。
DSCN9461_R
この辺りまでくるとだいぶストックワークも慣れてきました。ただ、ストックを使っているとどうしても前へ前への意識と体の動きが出てしまい、気づくとオーバーペースになっている事があります。
出来るだけそうならないようには気を付けてるんですけどね、なんか前のめりになってしまうw
DSCN9466_R
8時32分、鳥居通過。
DSCN9468_R
8時35分、大山山頂に到着!
そんな早い時間ではないと思うけど、山頂にはまだ人が全然いませんでした。
DSC_2157_R
DSCN9470_R
トイレの前にあるベンチに腰掛けて小休止。
前日まではもっと雪があったらしく、だれかが作った小さな雪だるまが置いてありました。
DSCN9471_R
しばし景色を眺めながらコーヒー休憩。
最近はバーナーなどは持って行かず、保温ボトルに入れたお湯で済ませちゃってます。
DSCN9472_R
普通にしてますけど、風が通ると結構な寒さ。
DSCN9475_R
山頂の北側。ここは人も少なくてお気に入りのポイント。天気がいいとこんな風に富士山から南アルプス、丹沢表尾根と素晴らしい景観が堪能できます。
が、日陰なのでめちゃくちゃ寒い!
DSCN9483_R
写真だけ撮ったら早々に退散w
9時4分、山頂を出発です。

つづく。