DSCN9379_R
2018年大晦日
今年の山の、登り納めに行ってきました。


2018年もいよいよ最後の一日・大晦日。
今年一年の山を締めくくるべく、ラストハイクへと行ってきました。

目的地は丹沢・塔ノ岳。
午前中に下山して帰宅しておきたかったし、あと、実は今年初めの山が同じ塔ノ岳だったこと
塔ノ岳に始まり、塔ノ岳に終わる。うん、今年はこれで〆よう。

31日早朝。自宅を4時に出発し、一路大倉へ。
大倉には4時50分に到着。バス停前の24時間パーキングに駐車して準備に取り掛かります。
時間が早いからか、大晦日だからか。いつもは早朝には満車になる事が多いこのパーキングも今日はガラガラ。


DSCN9366_R
5時16分、大倉バス停を出発。
少々雲は多いものの、空には星も見えていて、良く晴れてます。
DSC_2095_R
慣れたルートだけど、大倉バス停側から登るのは久しぶり。
辺りは真っ暗でヘッドランプだけが頼り。
DSC_2101_R
DSC_2102_R
見晴茶屋まで来ると、薄っすらと赤く染まりつつある空に、秦野の夜景。
ちなみに、この辺りから写真はしばらくスマホのカメラ撮影・・。実は大倉バス停のトイレ前で、カメラの三脚をまたも壊してしまい・・・。やっぱ100均の三脚はダメかあ。
DSC_2109_R
さらに進むと、空がオレンジ色に。まるで東の空は燃えるような色です。
DSC_2113_R
DSC_2114_R
6時22分、堀山の家に到着。
ここで最初の小休止。
DSCN9369_R
西側には富士山もばっちり見えてます。
DSCN9371_R
休憩を終えて再び塔ノ岳を目指します。
この辺からだいぶ明るくなってきたので、なんとかコンデジでも写真が撮れるように。
DSCN9373_R
6時49分、駒止茶屋の上の登山道を歩いていると不意に東側から赤い光が差し込んできました。
今年最後の朝陽が、地平線上にあった雲の上から昇ってきたようです。
DSCN9375_R
反対側の登山道には、赤い朝陽と、自分の影も。
DSCN9378_R
7時1分、花立山荘に到着。山荘前から南へ振り返ると・・・
DSCN9379_R
2018年最後の朝陽が相模湾に見事に浮かんでいました。
DSCN9380_R
モルゲンロートに染まる鍋割山稜と、その向こうには富士山の姿も。
DSCN9382_R
花立山荘を後にして、先へと進みます。
良く晴れているけど、まだ陽が登り切っていないのでとても空気は冷たく、体が芯からひえてくるようです。今回は終始キャプ4フーディとフーディニを着っぱなしでした。
DSCN9386_R
7時12分、金冷やしを通過。
山頂はあと少し・・!
DSCN9388_R
山頂直下の木段を登っていると、聞きなれない音が。最初は発電機の音かな?と思ったけど、ふと空を見るとなんとドローンが飛んでいました。
この時は天気もいいし誰かが山頂で飛ばしているのかな?と思ってました。
DSC_2119_R
7時22分、塔ノ岳山頂着!
・・と、何やら山頂標識のところでカメラクルーが撮影をしていました。
どうやら先ほどのドローンもこちらの方々のもののようです。
話を聞いてみると、元旦に放送される番組のリハーサルをされていたとのこと。
なるほどね・・・。朝6時半からの、TBSの番組だそうですよ。

この後も撮影隊は3回くらいリハーサルを繰り返していました。
山頂に響くアナウンサーの声・・・まあ、向こうはお仕事ですから。
ですが、何となく〆の登山に来たのに雰囲気は一気に吹き飛んでしまいましたw

DSC_2120_R
「リハーサルだから大丈夫だろうけど、こんな自撮りしてるところをドローンで撮影されて放送されたらヤだなあ・・・w」

DSC_2122_R
リハーサルの合間、一瞬撮影隊が場所を開けてくれたので1枚。
ただ、山頂標識の脇にカンペか台本か何か、落ちてますw

DSCN9394_R
DSCN9400_R
一しきり景色をぐるりと眺め、何となく雰囲気もアレなので下山することに。
のんびりは出来なかったけど、まあ、仕方ない。
DSCN9401_R
7時47分、下山開始。
DSCN9405_R
途中、いつもより荷物が多そうなチャンプさんとすれ違う。
大晦日までご苦労様です・・あの撮影隊のためのものもあるんだろうなあ。
DSCN9414_R
下りはかなり快調で、8時50分には大倉バス停に到着。
無事に登り納めて、10時過ぎには帰宅しました。

2018年は、時間や回数が限られる中でも、要所要所で充実した山行が楽しめたかと思ってます。
今年のようなペースが当面は1つの指標になるのかな、と。来る2019年は、実は当ブログの10周年の年でもあります。毎度この時期になると思う事ですが、来年はまた新しい事にもチャレンジしつつ、充実した年になればいいなあと思っています。

そんな限られた中でお会い出来た方、また、お会い出来なくてもブログを見てくれている方や、SNSを通じてコメントを頂ける方、今年1年お付き合いいただき本当にありがとうございました。
2018年も残り数時間、過ぎ行く1年を惜しみつつ、皆様もどうぞ良い新年をお迎えください。

DSCN8770_R
2018年9月 南アルプス 仙塩尾根ラウンドハイクより。
今年は南だったから、来年は北かな・・