コンチネンタル”LOVE”ソール。

DSCN8625_R
adidas TERREX AGRAVIC SPEED
山で試してきました。


先日、といっても、もう2か月も前になるわけですが・・
新しく購入した「adidas TERREX AGRAVIC SPEED」、梅雨も明けて夏真っ盛りになって、ようやく実戦デビューできたので、レポートしてみたいと思います。

場所は丹沢は大山。
先日のリハビリハイクでの大山錬の際にAGRAVIC SPEEDを試してみました。
DSCN8562_R

今回のルートは、先のブログ記事にも書いた通り、ふれあいの森から見晴台→雷ノ峰尾根→山頂→下社→見晴台→ふれあいの森、というラウンドルート。
このルート、林道、樹林帯、ザレ場、岩場、泥濘と言った様々なルートコンディションが試せる、なかなか面白いルートです。
特に、山頂→下社の間は、大きな岩がゴロゴロし、かつ湿気もあるので泥濘や濡れた岩という、結構イヤらしいコンディションが味わえます。
ただ、このAGRAVIC SPEEDが持っている「コンチネンタルラバーソール」は、濡れに強いという触れ込みなので、まさにテストにはうってつけな訳です。

トレイルに入って最初に出てくるのは一般的な樹林帯の道。なのですが、このルート、登山口から途中のお地蔵様のある辺りまでは、九十九折のトレイルの所々が石畳のようになっているところがあります。
この石畳がこれまた結構滑る訳です。
ソールが滑ると、その分体力のロスがかなり大きく、登り初めなどはまだしも後半にもなると結構体力を削られてしまいます。なのでロスなく歩く子ことはとても重要な訳ですが、、
DSCN8569_R
DSCN8571_R
滑らない!

なかなか強力なトラクション。
ソールの追従性も良く、トレイルの状態を把握しやすいうえに、シューズ自体が軽くて取り回しも良いので、ロスがかなり少ないです。
湿って、少し苔が生えているような岩や石は流石に滑りますが、多少濡れている状態であれば問題なくグリップしてくれます。

DSCN8580_R
不安定な、こういった木の部分についてもグリップは問題なし。
DSCN8626_R
ちなみに、登山道に入る前の林道を歩いてる際、沢の水があふれて林道が水浸しになっていたため、水たまりの中を歩くようなシーンがありました。
が、アッパーも通気性がよく、あっという間に乾いてしまいました。この日は気温が高かったという事もありますが、シューズ内とドライに保てるのは非常に重要な事で、この辺りはキナバル2.0によく似た感じです。

DSCN8627_R
DSCN8628_R
ラグも泥が付着しずらいパターン。着いたとしてもすぐに落ちてくれるのでグリップ力の低下はあまり気になりませんでした。

と、ここまでは登り主体のお話。
登りではシューズのネガティブな面が出にくいという事もあるので、下りでもしっかり試してみたいと思います。

DSCN8632_R
前述のとおり、山頂から下社までのルートは岩場とザレ場、泥濘の混在するルート。
なのですが・・この日はあまり湿った岩場が少なく、結構ドライな状態でした。
こうなると濡れた状態でのテストにはあまりならないのですが、それとは別の問題が。
これは、今回のハイクの際に試した「アルトラ結び」も影響しているような気がするのですが、
DSCN8623_R
トラクションの強いソールのため、ドライ状態の岩場に着地するとグリップが強すぎて、シューズ内で足がずれてしまう事が多々ありました。
このためにバランスを崩しそうになったり、足が引っかかってしまうような感覚もあり、ちょっと怖い感じもありました。
恐らくですが、このシューズの場合は、特にスピードを出すような下りではアルトラ結びはしない方が良いかもしれません。
(インソールを変えると良くなる可能性もあるので、これは別途試してみるつもりです)

DSCN8663_R
こちらは見晴台〜登山道口までの樹林帯のルート。
ここも滑りやすい場所なのですが、やはりグリップの強さは良く実感できましたね。
ただ、それとは別にもう一つ。
この時のハイクでは標準で付属してるインソールをそのまま使ってみたのですが、このインソールが個人的にはかなり良くない印象でした。
P1040572_R
かなりペナペナ。
下りでは足裏へのインパクトが大きくなるので、もう少しプロテクションが欲しい感じでした。
イメージとしては、アルトラのスペリオールシリーズで使われているような薄いTPU素材のストーンガードのようなものがあるといいかな・・。

さて、長々と書きましたが軽く総括してみると

・グリップ力はとても強い。バッドコンディションでも安心できそう(過信は禁物)。
・ソールはダイレクト感がとても強いので、そういった感覚が好きな人にはオススメ。
・下りでは強すぎるグリップを嫌う人もいるかも。特に、アルトラのスペリオールのようにある程度滑らせて走りたい人には向かないかも。
逆に、スペリオールのダイレクト感は良いけど、グリップが物足りないと感じていた人にはオススメ。
・インソールはスタイルに合わせて変えた方が幸せになれそう。

tori_DSCN8586_R
特性を良く理解すれば大きな武器になります。
暫くはこのシューズが相棒になってくれそうです。