カラダを試すにはやっぱりここでしょ。
DSC_1355_R
リハビリハイク→大山錬!

先日のキャンプでやらかしてしまった腰の痛みがかなり良くなってきたので、腰の調子を見るために丹沢大山へとリハビリハイクへ行ってきました。
それにしても本当に久しぶりの山行です。
最後にハイクに行ったのはなんと今年の1月、山初めの塔ノ岳以来なんですよね。。。季節はすっかり移り変わって、もう夏も終わり。
色々と事情があり行けなかったのですが、今年後半は少しは山復帰できるかな・・。

それから、今回のハイクは久しくブランクの開いてしまった山のカンを取り戻すという意味もあります。
来月頭に予定しているアルプスで、どの程度体が鈍っているのか位は把握しておかないとプランにも影響してきますからね。

DSCN8561_R
さて、今回のハイクのスタート地点は、もうお馴染みかもしれませんが「ふれあいの森日向キャンプ場」近くの駐車場から。
快晴の夏休みとあって、近くのキャンプ場へバーべーキューとか子連れで来ている人が既にちらほら。
今回はこの林道を上がっていきます。
DSCN8563_R
DSCN8564_R
6時25分、大山へ向けて出発です。
それにしても、林道をここまで歩いてきただけで汗が噴き出してきます。湿度も高いし、樹林帯は早く抜けたいなあ・・・。

DSCN8566_r_R
DSCN8567_R
ふれあいの森から取りつくと、しばらくは杉の樹林帯を九十九折に登っていきます。
トレイル自体は整備されていてとても歩きやすいのですが、いかんせんこの気温。
そして久しぶりの山なので、あまりペースを上げないように進みます。
あと、心配していたヒルは、今回のルート上では全く見かけませんでした。

DSCN8571_R
湿度が高いせいか、森の匂いも濃い感じがします。
そして7か月ぶりのトレイルの感触。暑いし登りはキツイけど、やっぱり山は良いや。

ところで、今回初実戦投入となるadidas TERREX AGRAVIC SPEED
コンチネンタルラバーソールは、以前からトラクションの強さでかなり期待値が高かったのですが、その期待を裏切らない鬼グリップで、イヤらしい、ジメジメした石畳もグイグイ登っていきます。
変に足が滑ってずれることもほとんどないので、長距離になると足の疲労軽減にも貢献してくれそう。
この靴については今回のハイクで色々と試したので、追ってレビューしたいと思います。

DSCN8572_R
だれかが積み上げて出来たケルン。前はこんなに無かった気がするなあ。
DSCN8575_R
6時49分、いつものお地蔵様のところに到着。
ここで小休止。
DSCN8576_R
直ぐに出発。

DSCN8577_r_R
DSCN8579_R
お地蔵様を過ぎると雷ノ峰尾根に繋がるフラットなトレイルに。ここがまた気持ちの良いシングルトラックな訳です。
DSCN8584_R
やがて空が開けて、登りが始まります。
DSCN8585_R
左手の眼下には阿夫利神社下社が。今日はあそこにも立ち寄ります。
DSCN8586_R
見晴台に向かうこの辺りは、空も抜けているし開放感もあって気持ちの良いトレイルが続きます。
DSCN8592_R
7時5分、見晴台に到着!
まだだれもいないベンチと、その向こうには大山の山頂がしっかりと見えています。
それにしても良い天気だ・・!
DSCN8590_R
DSCN8591_R
今回行動食として試したのがSlowbar。
長期的な栄養補給にはこれで、短期的なエネルギー補給にはPowerGelを組み合わせるとよさそう。
今回はSlowbarだけで試してみましたが、下山まで腹持ちは問題なしでした。

さて、一休みしたらいよいよ雷ノ峰尾根へ向かいますか!
DSCN8589_R

つづく。