P1040091r_R
お久しぶりの更新&キャンプです。


今年の夏はちょっと、いやかなりおかしな気候が続いてますね。
連日の猛暑で体もココロもバテ気味・・・。
そんな時は、やっぱり自然に触れてリフレッシュ!でしょ!

という事で、先日購入したコールマンのトンネル2ルームハウスと、そして長男君のキャンプデビューを兼ねて、お気に入りの廻り目平キャンプ場へ行ってきました。

初日。
8月に入って最初の週末、車に荷物も満載でいざ出発!
DSC_1156_R
実はこの週末、娘の体調があまり思わしくなく、当日も初め出発する予定の時刻に合わせて起きたときは熱があって、このままじゃちょっと無理かな・・と思っていたのです。その後数時間ほどさらに休み、再び起きてみると熱も下がり、これなら何とか行けそう!という事で、予定よりも2時間半押しでのスタートとなりました。
勿論何かあればすぐに引き返す前提。

とは言え、その後は娘の体調の悪化もなく、渋滞にもほとんど巻き込まれずに順調に進み、午後13時半前にはキャンプ場に到着。
P1040114_R
 P1040116_R
いやあ、2年ぶりの廻り目平!すでにメインサイトの芝生エリアには多数のテントが設営済み。
今回自分達は、1日早くキャンプ場入りしていたまんも家が確保してくれていたエリアに一緒に設営させてもらいました。感謝!

DSC_1163_R
DSC_1165_R
やっとキャンプ場で初張!
やっぱりこのカラー、渋くてカッコイイ!林間サイトなので周りの木々にもよく馴染んでます。

P1040091_R
上の写真を見て分かる通り、実はテントが同じなのですw
左がまんも家、右が我が家。こうやって張ってみると、さすがにこのサイズが2張りあると迫力あるなあ。
P1040098_R
サイトはトイレのやや上側、水場も比較的近いし、日差しも強くなく心地よい林間サイトです。
P1040092_R
今回のキャンプに合わせて購入したハンモック。
子どもたちにも好評でした。おかげでほとんど使えなかったwまあ、いいんだけどね。

P1040095_R
改めて、実際のキャンプ場でテントを張ってみると、やっぱりこのくらいのサイズがあると安心感あるなあ、と。リビングエリアも結構広くて、雨天時もこれなら快適に過ごせそう。
あとは周りの小物系を少し揃えたいかな・・・取りあえず木製の棚は買おう。

DSC_1160_R
お昼には、これまたまんも家が用意してくれていたU.L.流しそうめんキットで流しそうめん!
娘も楽しそうに食べてましたよ。やー、キャンプで流しそうめん、いいねぇ!

P1040120_R
このあとは、娘はまんも家の息子たちとお昼寝、自分と奥さんと長男の3人でナナーズまで買い出しへ。
キャンプ場に直行したので、なにも食材を用意してなかったのです。しかし、それでもナナーズのお蔭でほとんどがここで調達できるのも廻り目の魅力。ナナーズはこちらではあまり見かけないような珍しいものが沢山あるので、買いすぎに注意なんだけどね・・。

DSC_1174_R
買い出しから戻って、夕方になりようやくカンパイ!
ちょっと空気がひんやりしてきたけど、外で飲むビールはやっぱり美味しいねえ。

P1040132_R
P1040137_R
P1040141_R
夕方、ほろ酔い気分で場内を散策。
場内に沿うように流れる金峰山川は、ずっと昔にキャンプでこの廻り目平に訪れていたときにも足を運んでいた場所。なんとなく、廻り目平のイメージって白樺、芝生、そしてこの川、の3つなんだよなあ。
子どものころはクライミングなんて興味なかったし、子供が来れる場所も限られていたからこの辺の記憶が残ってるんだろうなあ。
P1040130_R
再びサイトに戻ると、空もほんのりと夕焼け色。
そして、あっという間に辺りも真っ暗に。
P1040150_R
こちらも晩御飯の準備に取り掛かりますかね。
P1040147_R
今回のご飯はナナーズで奥さん思い付きの、川上レタスを使ったタコライスにサラダ、あとは焼肉!
前菜にはホットサンドで焼いた肉まんをどうぞ!
P1040164_R
P1040162_R
子どもたちはこの肉まんが気に入ってくれたみたいで。
P1040165_R
P1040166_R
P1040168_R
こちらのタコライスにサラダは全然食べてくれませんでしたw
トホホ。

P1040179_R
お腹も一杯になったら、花火!
前回はやらなかった夏の風物詩。今回はそうめんに花火、あとはスイカ割りがあれば完璧だったかな?

この後21時過ぎには子供たちも夢の中へ。昼間たっぷり遊んだから疲れたんだろうね。
という事でここからは・・・
P1040201_R
お楽しみ焚火ターイム!
P1040196_R
アーンドスコッチウイスキー!
このまんも持参のこのウイスキーが、まためちゃくちゃ美味しかった!
雑味の無いさっぱりとしたシングルモルト、ロックで頂くのが礼儀でしょう。
兎に角飲みやすくてクイクイ行けてしまう。それでいて翌日には残らないという、もう理想的なウイスキーでした。今回まんもには本当色々とゴチになってしまったなあ・・親父さんにもお礼を言っといてくれ!

P1040211_R
P1040211r_R

なんだかんだで、深夜0時過ぎまで焚火を囲んでウイスキーであれこれ男談義。
こんな時間が最高に幸せな訳です。やっぱり自然の中は落ち着くわ・・・

この日は結局深夜1時にて終了。
翌日ちょっとハイクするか?なんて、まあ無理な話ダヨネ・・・。

2日目に続く。