念願のコンチネンタル。
P1030883_R
adidas TERREX AGRAVIC SPEED.


子どもの頃サッカーをやっていて、初めに使っていたのは確かアシックス。
その後プーマになって、いつからか忘れたけど、いつの間にか愛用シューズはadidasになってました。
大人になってフットサルの時もそう言えばadidasだったっけ。
もうフットサルもやらなくなって、adidasのシューズを履く機会もグンと減ってかなり久しい・・・。

そんなadidasと再会したのは2015年のこと。
さかいやでトレラン用シューズを探している時に勧められたのがアディゼロXT(だったかな)。そのソールのグリップの強さに一発で惚れてしまった訳です。そのソールはコンチネンタルラバーソール。特性はステルスソールに近くて粘りがあり、耐久性も高い。まさに理想のソールでした。
その時は足が合わず、結局コンチネンタルに近い感じのSCOTTのキナバル2.0を購入したわけですが、こちらも大当たりでした。

それから3年。
本当にたまたまシューズを物色している時に、偶然adidasのサイトを見たときにアウトレットになっているこのAGRAVIC SPEEDを発見。カラーリングも好みで問題はサイズ感だったのですが、オンラインでは自分のサイズは軒並売り切れ、店頭を探してみるも見つからず・・・。ほとんど諦めていたところ、某フリマサイトで自分のサイズを発見(27.5)!。値段も半額以下とあって、ほとんど即決で購入しちゃいました。
P1030884_R
P1030883_R
もう、カラーといいスタイルといい、今回は完全に見た目で購入。
CDとかのジャケ買いの感覚です。
とは言え、性能もしっかりしているのがこのシューズの良いところ。
P1030886_R
ソールパターンはInov8などに近いグリップ重視のパターン。ラグはそこまで深くないですが、必要最低限と言った印象。
P1030887_R
ああ・・・これが履きたかった!憧れのコンチネンタルラバーソール。
濡れた岩場などに強いとのことで、期待も大きいです。パターンから見ると泥濘とか泥のところはあまり強くなさそう。その分泥ヌケは良さそうだけど。
P1030888_R
ソールの前より部分に白いスリットが入っていて、そのお蔭で足の動きに合わせてシューズが良く曲がってくれます。adidasの他のハイキングシューズってどれもソールが固い印象なんだけど、AGRAVIC SPEEDについてはそこまで固くはありません。

P1030889_R
アッパーはメッシュ部分が大きく、トゥガードも必要最低限と言った感じ。

P1030890_R
アッパーとタンが一体となったソックス構造。足入れはスムーズで履いた後もかなり良い履き心地です。まだ長時間履いてないので分からないけど、第一印象としてはSCOTTのキナバル2.0に近い、プロテクションは弱いけどダイレクト感重視な感じです。
P1030885_R
重量は実測値で約246g(片側:サイズは27.5cm)。かなり軽量で、軽い軽い!と思っていたキナバル2.0(275g)よりも軽量。

P1030882_R
手持ちのシューズを並べてみました。
こうしてみるとそれぞれキャラクターがかなり違いますね。
AGRAVIC SPEEDはレーシー&ダイレクト。
SCOTT キナバル3.0はAGRAVICよりもアッパーの強度を増した感じ。
ALTRA スペリオール2.0はやはりナチュラル&ダイレクト。
履いた感じは
 スペリオール>AGRAVIC>キナバル3.0
で好みかな。

取りあえず次の山と、今年はこのAGRAVICで攻めてみようかな。
コンチネンタルの実力を早く味わいたいです!