満開の春、満喫してきました。
P1030190_R


毎年この時期になると、山梨の方へ足を延ばして山高の神代桜や、眞原桜並木を見に行ったりするのですが、今年は長男君もいるのでまだ遠出はちょっと難しい・・。そこで、親父が昨年見に行ってめちゃくちゃ良かった!と言っていた山北の桜まつりへと行ってみました。

P1030196_R
この辺りのエリアと言えば、ほぼ、山に行く目的以外で来ることはほとんどありません。
来るとしても車ばかりで、電車で来たことも無くてそのせいもあってか、ここが隠れた桜スポットである事など知る由もありませんでした。
しかし・・いざ会場に向かってみてびっくり。
山北の駅って、ローカル線らしい素朴な雰囲気がまた良い駅ですねえ。
P1030200_R
臨時駐車場に車を停めて歩くこと20分、反対側へと向かう歩道橋から駅のホームを見てみると・・・
まるで線路に覆いかぶさるように満開の桜が飛び込んできました!
ホームにはちょうど入ってくる御殿場線と桜の写真を収めようと数人が待ち構えています。
これは鉄道マニアでなくても撮りたくなるなあ。

P1030201_R
P1030208_R
会場に着いたのは10時半ごろ。もう大混雑で桜なんて見られないかも・・と思っていましたが、全然そんな事なくてゆったりと桜を楽しめます。これがローカル祭りの良いところ。都内じゃこうは行かないよなあ・・。

P1030238_R
P1030240_R
さくら祭りの会場となったのは「山北鉄道公園」というところ。山北駅の南側すぐにある広場で、かつて山北が鉄道の要所として栄えたことを示す施設だそうです。写真のD52もイベントの時はちょっとだけ動いて汽笛を上げるようですが、この音がかなり大きいので娘は「こわい・・」とびっくりしていました。
ちなみに長男はベビーカーで爆睡中でしたw

P1030244_R
線路沿いの道には桜の木の陰と、そこに落ちた花びら。地面にもまた桜が咲いたみたいに見えます。
P1030250_R
P1030248_R
桜越しに見える、山北の里山の春。

P1030255_R
線路沿いに少し散策していくと、線路を渡る橋が幾つかかかっていてそこから眺める景色はまさに絶品!
P1030260_R
P1030270_R
P1030272_R
しかも、橋のすぐ目の前に桜が咲いているので、顔と桜が触れるほど近くまで寄る事が出来ます。
なにより、それが出来るくらい混雑があまり無いというのがいい!
P1030275_R
時折線路を吹き抜ける風に花びらが舞って、ちょっとした桜吹雪も。
P1030283_R
ちょうどタイミング良く、御殿場線も来てくれました。
実は橋の上で桜を見たり写真撮ったりしていたら、詳しい人があと何分で来るよ、とか教えてくれたんですけどね。それにしても皆さん時刻表も細かくチェックされてますなあ・・・。「駅に到着するのが何時何分だからこの辺を通過するのは何分くらいですよ」とか、スラスラーっと出てくるし。すごい!
P1030288_R

P1030302_R
P1030307_R
お酒は飲めなかったけど、満開の桜を間近で堪能、大満足のお花見でしたよ。

この後、丹沢湖畔までドライブして、「丹沢湖レストハウス」にてお昼ご飯。
P1030311_R
ここの山菜ラーメン(丹沢ラーメン)と足柄牛ステーキ丼、めっちゃ美味かったです。
DSC_0400_R

さらに。
昼食を終えてお店から出ようとしたところ・・
P1030320_R
入口のすぐ目の前になんとキジが!
すぐ目の前まで近寄っても全然逃げる気配がなく、あまりに人慣れしているのでどこかで飼われているのかと思ったのですが、お店の人に聞いてもどうも野生のキジらしく。
お店の人の話では、何日か前に野生のキジの写真を撮りに来た人が居たらしいでのですが、その日は残念ながらキジに会えず写真も撮れなかったそうで。
何と言うか、運なのかもしれませんが、なんなら捕まえられそうなくらい近くまで寄っても大丈夫でしたw

今年もこうして無事に桜を満喫。季節の移り変わりもしっかりと感じましたよ。
山に行っていないとこうしたことを意識して行かないと、気が付いたらもう夏・・秋・・冬・・とか、ね、いや怖い怖い。
それにしても山北のさくら祭りは見事でした。
さほど混雑も無かったので、また来年も来たいところですね。近いし!