DSC_0371_R
春風に誘われて。初めての昭和記念公園へ行ってきました。


3月最後の週末、すっかり陽気は春らしくなり、東京でも桜の満開宣言が出てみたり。
ここの所少々しんみりすることがあったけど、せっかくの快晴の日曜、ちょっと頑張って早起きして、初めての昭和記念公園へ家族で行ってきました。

 P1020917_R
自宅を8時前に出発し、途中買い物などを済ませながらも、下道で渋滞もほとんどなく、開園5分前の9時25分には駐車場に到着。
ちなみに、色々調べた結果西立川口にある駐車場をチョイス。結果これは正解だったかな。


P1020918_R
実は初めての訪問となる昭和記念公園。
入園してみてまずそのスケールにびっくり!デカい公園は他にも行ったことはあるけど、ここ、すごいですねえ・・・。人気があるのもうなずけますわ。


P1020923_R
お目当てはもちろん桜。満開を期待していたけど一部のエドヒガンザクラなどは見ごろだけど、ソメイヨシノはまだまだ蕾といった感じでした。ソメイヨシノは来週末が見ごろですかね。

P1020926_R
DSC_0366_R
今回は中央の広場にテントを張って拠点にすることに。
ここのところ久しく登場機会の無いU.L.ドームシェルターにNEMOのTENSOR20Sはこんなところでも大活躍。こういった公園でよく見るポップアップ型のテントも良いと思うのだけど、あれ持ち運ぶの少々手間なんですよね。撤収とかは楽そうだけど・・。

DSC_0371_R
奥に見えているのがおそらくメインの桜たち。赤みも強くなっていてもう本当、あと数日で咲き始めるころだと思いますが、この日は少々フライングでした。
とほほ。

ここは本当いいところですね。
子供用の遊具も充実していて、娘ちゃんもご満悦の様子。
P1030026_R

そのあとも広場で嫁さんとキャッチボール?的な遊びではしゃいでました。
P1030066_R
P1030079_R
P1030114_R
長男君は・・・
P1030124_R
ふかふかのTENSOR20sで爆睡中。
テントデビューですなw

お昼は地元のパン屋で朝買ってきたパンで簡単に済ませて、テントを撤収し園内を散策へ。
P1030128_R
P1030132_R
P1030136_R
P1030141_R
P1030145_R
無い無い、と思っていたけど結構桜や春の花が沢山咲いていましたね。
でもやっぱりあともう少し、4月半ば以降に来ればもっと花も多くて見応えがあるかもしれない。
それにしても相変わらず花は良く分からんですな・・・子供もいることだし、やっぱり花は覚えた方が良いですかねえ?

午後も14時を過ぎたあたりで、帰りがてらふれあい広場へ。
P1030149_R

実はこの日、「Outdoor Gear Touch & Try 2018」というイベントが開催されておりまして。
自分も知っていたのですが、てっきり来週末だと思っていたのですが、FBのフォロワーさんがイベントのことを教えてくれたのです。いやー本当感謝!
さらに、山仲間のノブタ君もぶらりと来ているとのことで、会場へ向かう事に。
P1030151_R
会場に着くと偶然目の前をふらりと歩いているノブタ君に遭遇。
いやあ、超久しぶりです。いつぶりだろう、ペロさんの送別会で飲んだ時以来かな?
P1030153_R
ノブタ君と話しながら、時間があまりなかったのでお目当てのブースへと向かいます。
それにしてもこのテントの展示数は圧巻!もっとゆっくり見たかった・・・。
P1030155_R
お目当てはもちろんNEMO EQUIPMENT。
P1030156_R
TANIの2018アップデートバージョンも展示されていました。↑の写真は2Pの方。

P1030157_R
もう2年くらい前から気になっていたHORNETがようやく国内展開開始!ちょっと期待していたのですが、やはり同型のObiと同じく、片側のフライシートが削られている形状はなんとも微妙な・・・。
P1030158_R
1Pモデルで800gを切る重量は非常に魅力的ですが、稜線や風の強い場所ではちょっと張りたくないかな。
P1030165_R
一番のお目当てはこちら、SPIKESTORM 1P。
昨年リリースされたSPIKE 1Pをベースに、フロアを追加しフロントにメッシュパネルを装備した快適仕様。これ、事前情報ではかなり期待していました。が、実物を見てみると・・・正直かなりタイトです。
P1030166_R
雰囲気としてはちょっと快適なビビィといった表現があっているかも。
ノブタ君曰く、彼、実はSPIKE 1Pを持っているそうなのですが、正直微妙だとのこと。
特に設営が意外と面倒な事と、横風に弱い点を指摘していました。
確かに再度にはガイラインのループも無いですし、ボトムにもペグダウンできるポイントがありません。
なので、風にあおられるとまず、一気に居住空間が圧迫されます。
かつ、四角+頂点しかペグダウンのポイントが無いので真横からの風に対して非常に弱いというね・・・。まあ、もちろん風向きを考慮して張ればいいのだろうけど、そもそもHORNET同様強風下での使用を想定されているものでもなさそうですし。やはり元々のコンセプトであるアングラーやハンターといった、森や渓流などの場所での使用が前提なんでしょうねぇ。
あと、足元のメッシュもないので、おそらくこれめっちゃ結露します。これならフロアレスのSPIKE 1Pの方がULな皆さんには使いやすいかもです。
とは言え、フロアとメッシュパネル付きのワンポールシェルターとしては破格のお値段(25,000円)なので、手が出しやすいと言えば出しやすいわけで。。

まあ、個人的には昨年のGLMでMETA1Pとおさらばして以来、久しぶりにトンガリテントに戻れるかなーとか思っていたのだけど、ちょっと計画は白紙撤回かなぁ。
P1030171_R
むしろこっちの方が欲しくなりましたw
(BigaAness フライクリークHV UL1 EX)

あと・・密かに欲しいのがこれ。
P1030159_R
P1030160_R
NEMO WAGONTOP 4P LX

4人就寝可能なキャンプ用テント。
実はNORDISKのレイサ6とか狙ってたりしたんだけど、昨今のキャンプブームで所有者多すぎてちょっと萎えていたところに、超個性的でかつ快適そうなテントを発見。何と言っても前室からインナーまで立って移動できる居住空間、そしてフルメッシュパネルの前室はフライを巻き上げると解放感抜群かつ不快な虫などをしっかりとプロテクション出来るという優れもの。フライは一部だけ巻きあげることもできるし、フルクローズすれば冬季にも対応。そしてレイサよりも安いし軽い!
P1030163_R
P1030161_R
いやあ〜いいなコレ。
これが欲しいわ・・・。

結局、桜が不完全燃焼だった分、物欲が良く燃えてくれたという、なんとも自分らしい?休日でしたw