バイバイ、2017.
DSCN8108_R


2017年もあと数時間。
あっという間に夏が終わり、秋がきたと思えばもう12月。
その12月も今日で終わり、明日からはまた新しい1年が始まります。

もう最近では毎年のことになってきていますが、今年もやはり、まあ、たくさん山に行けたなあ・・・という感じではありませんでした。
とは言っても、要所要所では山に行かせてもらい、結果、どの山行も印象深く充実した山行だったと思います。

1月。
雪の塔ノ岳から始まり。
DSCN7010_R

3月、残雪の残る丹沢主脈〜主稜へ。
DSCN7180_R
DSCN7215up_R

4月、霧と新緑の蛭ヶ岳へ。
DSCN7256_R
DSCN7396_R

5月、春霞の奥多摩で今年初のテント泊。
DSCN7596_R
DSCN7572_S_R

7月、南国・伊豆の絶品トレイルを縦走
DSCN7724_R
DSCN7844_R
この伊豆ハイクはこれまでの低山ハイクの中でも特に印象深いものでした。
1泊2日だったけど気持ちの良いフラットもたくさんあり、かと思えば藪漕ぎあり、牧場あり、アップダウンも盛りだくさん。自分の理想とするハイクにも最も近いイメージのトレイルを歩けた気がします。

そして9月。
DSCN7980_R
DSCN8004_R_R
DSCN8117_R
DSCN8151_R
DSCN8165_R
DSC_2596_R
念願の裏銀座・鷲羽岳へ。
これまでの登山人生の中でも最も感動的だった夏の2日間。
朝焼けに照らされた山頂と、青空に浮かぶ風景はもう、一生忘れられない宝物です。
いつかこの景色を子供たちにも見せてあげたい。

そして12月。
DSCN8289_R
再びめぐる秋の丹沢へ。

DSC_2837_R
DSC_2842_R
2017年のあの山にもちゃんと行ってきましたw

数が減ったなあ、と思いながらも充実した1年でした。
と、言いつつもやり残したことや、行きたかったエリアもまだまだたくさんあるので、来年以降の持ち越し、楽しみはまだまだ尽きませんよ、という事で。

自分も年齢40を過ぎて、それでもまだこれだけ体が動く、山に登れる、というのは本当感謝でしかありません。それは、自分の体の事もそうですが、送り出してくれる家族、特に妻にはとても感謝しています。
来年からはまた大変になるので、出来るだけサポートしつつ、そうだなあ、贅沢は言わないので北アか南アどっちかに行かせてくれると嬉しいなあ・・・なんてw
でも、今年は家族キャンプが出来なかったのが心残りなので、来年は秋くらいには行けると良いな。

そうそう、あとついこの前の三ノ塔尾根で派手に転んで以来、そろそろ自分も色々と気を付けないとならない年齢かな〜と思いました。イメージと体のズレが出てくると途端に怪我をしやすくなります。
山での怪我は遭難や生命の危機に直結するので、この辺りもよく考えていかなければなりませんね。

年末年始も山に入る皆様、そして来年も皆さんが楽しく山を歩けることを祈っています。


最後になりましたが、更新回数も減ってますがそれでも相変わらず当blogを見てくれている、気にかけてくれている皆様、今年1年も本当にありがとうございました。
たまに山に行ったときに「blog見てます!」と声をかけてくれる方もいて、本当にありがたい、励みにもなっています。
来年も引き続きマイペースでの更新になってしまいますが、時々でもまた見に来ていただけるとありがたいです。

今年1年、本当にありがとうございました。
来る2018年、皆様にとって幸せいっぱいの1年でありますように。
DSC_2862_R

2017.12.31
まさ