DSCN8408_R
久しぶりのテン泊山歩き
初冬の奥多摩ハイク 1日目の後半です。

誰もいない七ツ石山の山頂を後にして、奥多摩小屋へと向かいます。
まずは一気に下って、ブナ坂へ。
DSCN8373_R
DSCN8375_R
10時7分、ブナ坂に到着。
七ツ石山を巻いたハイカーが多かったので、混雑しているかと思いきやここもまた誰もいない・・・。いつもだと数組はここで休憩しているんですけどね。
DSCN8377_R
例の看板はここが最期らしい。ぜひ鴨沢から上がってくる人はコンプリートを目指してみてください。
読んでみるとなかなかに興味深い話が多いですよ。

さて、ここからは石尾根のハイライト!
DSCN8379_R
DSC_2827_R
フラットで歩きやすく、展望も抜群。天気も良くて最高のトレイルです。
何度来てもこの石尾根歩きは飽きる事はないですね。疲れも一気に吹き飛ぶ爽快感!

DSCN8385_R
うきうき気分で歩いていたら、あっという間に奥多摩小屋に着いてしまいました。
時間は10時33分、まだ当然誰もテント張ってませんw
DSCN8387_R
早速奥多摩小屋に受付へ。
小屋番さんはいつもの物静かな若い方ではなく、雲取山荘から来ている白髪の方でした。
多分以前もお会いしたことがある気がするなあ・・あの、ストックを忘れた雪の日に。
幕営料500円、2人分で1,000円を払うとトイレの事、水場がやや細いこと、前日の金曜午前中に雲取山の山頂避難小屋の直下で小熊が目撃されたこと、など近辺の情報をしっかりと教えてくれました。
いつもの小屋番とは大違い。

受付の際、ちらっと噂になっている小屋の閉鎖について話を聞くことが出来ました。
解体が進んでいるのは事実で、すでに小屋の奥の宿泊スペースは取り壊しが住んでいる事、テント場についてはまだ未定であること等を教えてくれました。
ふと、老小屋番が
「俺が言っていい事じゃないかもしれないが」
とつぶやきました。
「役場には、この小屋のクレームが結構多いんだ。ちゃんと案内しないって。当たり前のことをちゃんとやってればいいのにな。」
要するに、前述の受付時に、小屋の情報をちゃんと伝える、という事を、今までここの小屋番はやっていなかった。それにより役場へクレームが入る事が多かったそうです。
評判についてはなんとなく聞いたことはありましたが、リアルに聞くのは初めて。
確かに、今までも受付を済ませた後、小屋の設備や水場の情報なんて聞いたことはありませんでした。
自分なんかは慣れているので気にしてなかったのですが、年配や初めてのハイカーなら、それなりの案内があった方が安心でしょうね・・・。
「ゆっくりしていってな!」
自分らを見送ってくれるその顔は、すでに営業スマイルに戻っていました。が、どこか寂し気にも見えたのは気のせいではないでしょう。

さて、気を取り直してテントを設営!
今回まんもがツェルトという事もあって、久しぶりに林間に幕営しました。
DSCN8391_R
というのも、予報ではこの後から日曜にかけて強風が予想されていたためです。

DSCN8388_R
日陰にはまだちょっとだけ雪が残っていました。
という事で持参したビールを冷やしてみたり。最も、冷やす必要が無いくらい冷たかったけど。

DSCN8389_R
今回のお昼にはULTRALUNCHのビバークレーションを持参。
持ってきたのは「ホッター・ザン・カレー」。飲み物には粉末状の甘酒。
DSCN8390_R
乾燥重量は約80g、使用するお湯は200ml。400kcal越えで約2分で出来上がります。
スペックは申し分なし!
ですが・・・味は正直、微妙でした。好みの問題でしょうし、「ホッター・ザン・カレー」がたまたま自分には合わなかっただけ、かな。香辛料が結構きつくで美味しくは食べられませんでした。
あと他に3つ味が残っているので、そっちに期待。
一方、粉末の甘酒は大正解。2本入りで100円くらいだし、暖まるしフリーズドライよりもスペースも取らない。また見かけたら買いだめしておこうかな。

DSCN8393_R
あまりの天気の気持ちよさにビールを飲みたくなってしまいますが、せっかくなので2017年の山に登頂すべく、12時2分、奥多摩小屋を出発。
DSCN8397_R
もくもくと登ります。
小屋から山頂までは歩いてしまえば大した時間はかからないのですが、短い急登を登って行かないとならないので地味にしんどかったりします。ブランクもあるしねw
DSCN8402_R
いつもの避難小屋の景色が見えてきました。ちょっと雲が多くなってきたけどそれでも気持ちいい稜線歩き。

DSCN8407_H_R
12時41分、山 ・オブ・ザ・イヤーな雲取山山頂に到着!
思ったほど混雑していなくて、自分らを含めて2組程度。どこかの会社の登山部っぽいグループと、あとは自分らと同じ2人組でした。
雲が無ければ後ろに富士山が見えるのですが、この日は残念ながらお隠れの様子。

DSCN8410_R
避難小屋脇からの爽やかな展望。
もう何度か登頂しているけど、やっぱりここの展望は気持ちが良いなあ。
それにしてもウソみたいに人が少ない。みんな来るのはこれからかな・・。

DSCN8412_R
山頂を後にして、奥多摩小屋に戻ります。

DSCN8417_R
13時22分、奥多摩小屋に戻ってきました。
さてカンパイ!の前に面倒な水汲みへ。
DSCN8418_R
水場の水は結構細くて、2Lのプラティパスを満タンにするのに3〜4分といったところでした。
今後の降雨状況や寒さ次第では凍結or枯れてしまう可能性ありです(12/16時点)。

DSCN8420_R
やっとテン場に戻ってきて落ち着きました。
寒いけど、カンパイ!
DSCN8424_R
つまみは持参したレモン&パセリのソーセージ。
キンキンに冷えたビールと、アツアツ焼き立てのソーセージ。まるでドイツ人のような宴会ですw

DSCN8426_R
テントを張ったところは日陰で、しかも風が冷たいので日向の登山道側に避難。
この頃になると雲取山に向かうハイカーが多くなってきました。山頂に向かう人達の恨めしそうな?視線をよそにビールが進む進むw
気が付けば持参した2本はあっという間に完売、追加で小屋にビールを買いに行ったり。

その後、自分たちのすぐ後にテントを張っていたハイカーさんも加わって、日の暮れるまで3人で山やら旅やらの話で大盛り上がり。
DSCN8435_R
埼玉から来たハイカーさんで、以前はバイクで全国を旅してまわっていたそうです。2年ほど前から登山を始めて、奥多摩小屋にも4回ほど来ているとのこと。
小屋の閉鎖の話もしてみましたが、やっぱりこのテント場のロケーションが大好きだそうです。
無くなるのはさみしい、何とか残ってほしい、と話していました。
きっとこの日テント場に泊まっていた人みんなが思っていた事じゃないでしょうかね。
テントを張って、思い思いの時間を過ごし、やがて南アルプスにゆっくりと沈む太陽を見送る。
こんな贅沢な時間を過ごせる場所は、関東近辺ではそう多くありません。
単にハイカーの想いだけでどうにかなる問題ではありませんが、それでもなんとかテント場は残してほしい、と思ってしまう訳です。

DSCN8438_R
気づけば時間も17時。埼玉からのハイカーさんとも別れて晩御飯の準備に取り掛かります。

この頃から、テント場に吹く風がかなり強くなってきました。
昼間も結構強風でしたが、もう暴風に近い感じ。とても外で調理するのは難しいので、自分はシェルター内で鍋を作ります。
DSCN8443_R
実は外でもよかったのですが、まんもが風よけのアルミ風防を忘れたので自分のをレンタルしたんです。幸いシェルターなので中でも調理は出来るし、かえってこれで良かったかも。
ちなみにメニューは塩レモン鍋です。さっぱりとした味わいで美味し!
DSCN8445_R
まんもも外でなんとか調理。
・・と途中までは良かったのですが、ふと目を離したすきに暴風に煽られて鍋が転倒。お湯をぶちまけてしまい、結局まんももツェルトの中で土間を作って調理することに。
いやあ、本当風はやばかった・・・。
DSCN8446_R
まんもが苦戦している間、自分はもう〆の雑炊。チーズを忘れたのが勿体なかったなあ。

DSCN8449_R
この後は、シェルター内に2人で入って晩酌。その最中にまんもが寝落ちするという暴挙に出たため宴も解散し、20時過ぎには就寝となりました。

ちなみに今回、初めて山でまともにホッカイロを導入。
お腹に1枚、背中の首の下辺りに1枚、腰に1枚、太ももに1枚の計4枚を張ってみました。
これがかなり暖かくて、今後寒い時期のテント泊では欠かせなくなりそう。今までは湯たんぽを作っていたのですけど燃料使わなくていいし万が一お湯が漏れるなんてこともないし、なんで今まで頑なにカイロ使わなかったんだろう・・・。

シュラフに入ると、シェルターの外の暴風がより一層激しくなった様子。
時折かなり強くシェルターに吹き付けてきて、体ごと揺さぶられているような感じもありました。
何とか夜半には風がやんでくれるといいのだけど・・・。

◆就寝時の装備
※就寝時シェルター内気温:-3℃、最低―8℃(起床時)

・モンベル ジオラインタイツ(ミッドウェイト)
・mp ダウンパンツ
・atelierbluebottle ハイカーズソックス
・patagonia Tシャツ
・patagonia キャプリーン4フーディ
・MONTANE FireballSmog
・ミズノ ブレスサーモ ハイブリッドジャケット(途中から)
・シュラフ ナンガ オーロラ450DX
・マット:NEMO TENSOR20s INSULATED


2日目に続く。