初Rab♪
P1020560_R
今年もギアループのお蔭です、その
Rab Microlight AlpineJacket(USED)


先日のギアループの売り上げで、当日早速有効利用させていただいた「ギアループのお蔭です」その,蓮RabのMicrolight AlpineJacket。RBRGのブースで見つけてから、ああ、これめっちゃほしかったヤツじゃん・・!とブースを行ったり来たり。悩みに悩んだ末、街中でも着れるし何よりインナーを薄手にしても保温力が高いので使い道は広そうだなあ、という事で購入しちゃいました。
ちょっとだけお値引きもしてもらったりして。

P1020559_R
サイズはUSのSサイズ、JPではMに相当します。自分がスウェットのパーカーを着た状態で羽織っても着れるくらいのサイズ感でした。
実はこのジャケット、結構な年季モノらしく調べてみても100%合致するものが分かりませんでした。
ただ、数年前から基本スペックはほとんど変わっておらず、750FPのヨーロピアングースダウン、PERTEX MICROLIGHTのシェル、メット対応のフード、パッカブル構造などはそのままのようです。
良いものはライフサイクルが長い、という事でしょうかね。

P1020563_R
見た目のとおりジャケット全体がシングルキルト構造。より細かいボックスを作る事でデッドエアを効率的に保温することが出来るわけです。
全体的にシルエットは細身で、体にフィットするような造りになっている点も温まりやすく、冷えにくいという基本的な性能が高いバランスで実現されています。実際来てみるとその保温力の高さに驚かされます。

P1020564_R
クライミングの際のインサレーションとして使用することも想定されているので、もちろんヘルメットにも対応。フードの先端には堅めのワイヤーが入っていて、視界の確保に役立ちます。

P1020562_R
シェルはPERTEX MICROLIGHT。軽量かつ優れた防風性を確保。

P1020561_R
胸ポケットはリバーシブルになっていて、ここにジャケットを収納することが出来ます。

P1020565_R
収納してみるとこのくらいのサイズ。
 

P1020566_R
重量はMサイズで約338g。
ちなみに、雪山で使っているアウターとしては数年前に雑誌PEAKSのモニター企画で当選したミズノのエアロフトハイブリッドジャケットを使っているのですが、こちらは測ってみると実測で406g。パッキングした際のサイズもRabの方が小さく、かつ保温力もあるので山でも使っちゃうかも・・。いや、本来は山で使うものなんですけどね。
NIKWAXとかで撥水加工すればなお安心かな。

見た目も落ち着いたカラーで、街中でも変に主張しない辺りも気に入っています。
年季モノですがダウンのヘタリも少なく、シェルの状態も良いので出来るだけ大事に使っていきたいと思いますよ。良い品をありがとうございました!