いよいよ戸隠へ。
P1020055_R
早秋の北信州の旅、2日目です。



2日目の朝は6時半ごろ起床。
今回宿泊した宿のロビーからの眺めが良いらしい、という事でちらっと立ち寄ってみました。
P1020058_R
 早朝の靄と薄曇りの天気であまり遠くまでは見渡せないのですが、なるほど開放感や展望はなかなかのもの。天気もまずまず、戸隠に着くころには晴れてくれるといいのだけど。

朝食をビュッフェで済ませて、予定通り9時過ぎにはチェックアウト。
宿から戸隠神社奥社までは車で20分ほどなので、のんびりと出発。

P1020065_R
9時30分過ぎには戸隠神社奥社に到着。
神社脇の駐車場にはすでに多くの車が停まっていて、自分らが入ってきて少ししたら満車マークがついてました。まだ紅葉にはちょっと早いと思うんだけど、それでもなかなかの盛況ぶり。去年の冬に来た時とは大違い・・。
違うと言えば、やっぱり緑のキレイな時期も良いもんですね〜。
ちなみに前回来た時は・・

DSCN4476_R
↑こんな感じでした。鳥居の台座が見えてないので、少なくとも30〜40cmくらいは積もっていたんでしょうね。この時は全然装備も無くて歩くのも難儀したなぁ・・・。

P1020070_R
今回は歩きやすい!
けど、その分観光客も多いです。写真ではあまり写ってませんが、団体さんが結構多かったな。
P1020072_R
天気も気持ちよく晴れてきてくれました。
日差しは暖かいけど、空気は冷たくてやっぱり秋の気配を濃厚に感じます。
娘を背負って歩くとなかなかに歩荷トレなのでちょうどいいと言えばちょうどいい塩梅。

P1020081_R
中間点でもある隋神門前までやってきました。
娘が途中から降りて歩きたがったので歩かせてみたら、結構楽し気に歩いてくれました。
絶対愚図ると思ったのに・・(案の定この後愚図りましたがw)。
写真は狛犬を見て「おっきい!」と驚いているところ。1年半も経てばこれだけ反応が違ってくるんですねぇ。いやあ、成長したなあ。

P1020086_R
隋神門。
雪が無いと全体がしっかりと分かりますな。
DSCN4492_R
↑こちらが去年の雪の隋神門。
雪のシン・・と静まり返った感じの神社も風情があっていいんですよね。また雪の時期に来たいなあ。

P1020089_R
さて、ここから先が初体験。
去年来た時は雪が多くて隋神門で引き返したので、念願の戸隠の杉並木散歩です。
大きな杉が左右に、参拝者を奥社に導くようにずらりと並んでいます。
P1020090_R
隋神門から20分ほど歩くと奥社前の石段に変わり、ここから勾配が明確になってきます。
なるほど、冬の時期来るならアイゼンはもちろんのこと、せめてストックぐらいあった方が楽かも。

P1020092_R
石段を結構登らないとなのかな・・と思ったら5分ちょっとで奥社に到着!
着いてすぐの左手にある社務所前はお守りと御朱印を求める参拝者でごった返していました。
ので、スルーして奥社の方へ。
P1020094_R
階段上ってすぐにあるのは九頭竜社。
「天手力雄命」を奉るために建てられた奥社よりも前からあった地主神らしいです。
P1020098_R
そしてこちらが念願の奥社。
山肌に沿うように建てられていました。今回の旅の大きな目的だったので、ここまで家族全員で来られて感無量!娘も頑張ってくれたしね!

P1020099_R
境内からは戸隠連峰の荒々しい稜線が、色づき始めた木々の向こうに覗いています。

P1020101_R
奥社のすぐ下には戸隠への登山口があります。
いずれここから戸隠→高妻山とやってみたいなー。結構ハードそうだけど。。。

この後は後から登ってきた奥さんと合流。
帰りの参道歩きが長くて結構疲れましたw
P1020105_R


戸隠神社を後にして、冬と同じくうずら家に向かおうとしたのですが・・・中社の前を通った時点ですでにお店の前には大行列。ああ、こりゃだめだと諦めて鏡池へ向かう事にしたのですが、途中通り過ぎたお蕎麦屋さんがことごとく満車・満席でした。
もう戸隠蕎麦って名前付いてれば全部売れそうな勢いw
お蕎麦は諦めて、先に進むことにします。

P1020108_R
こちらも念願の鏡池!
あ、そう言えば今年2つ目の鏡池だ。
まだ紅葉は全然ですが、鏡池に写る逆さ戸隠はばっちり見る事が出来ました。
いやあー素晴らしい!
P1020109_R
こちらが戸隠連峰、左端の尖がったピークが八方睨み、その右が戸隠山かな。
P1020115_R
こちらは本院岳〜西岳の稜線。見てるだけでゾクゾクしますわ・・・。
もっと秋が深まって紅葉が進めば、色鮮やかな山並みを見られるんだろうけど・・その頃には大混雑で凄そう。ある意味このタイミングで良かったかもしれないですね。

この後は国道36号を通り鬼無里を経由して白馬に抜けて帰路につきます。
36号を走っていると、途中「北アルプス展望台」という看板が目についたのでちょっと立ち寄り。
P1020117_R
残念ながら北アルプスは雲の中で何も見えなかったのですが、戸隠連峰の荒々しい山肌を間近に眺める事が出来ます。
P1020116_R
見えるのは本院岳から西の稜線ですね。
いやあ・・荒々しい。見てるだけで本当おっかないですわ。
左下には麓にある鬼無里の集落の一部が見えています。

P1020123_R
途中にある「旅の駅 鬼無里」。
ここで空腹も限界だったので「そば処 鬼無里」さんで遅めのお昼を頂くことに。
P1020124_R

P1020125_R
ここのお蕎麦、うどん、天ぷらがめちゃ美味しかったです。
特に天ぷらは地元の野菜を使っているそうで、サクサク、ジューシー。戸隠で無理して蕎麦屋に並ばなくて良かった・・!

本当はここで、鬼無里を観光する予定でした。
が、すでに時間が14時過ぎ。これから白馬に抜けてさらに安曇野から高速に乗る事を考えると時間に余裕が無さすぎでした。
残念ながら鬼無里を後にして帰路につくことに。前日の宿で鬼無里について色々と調べていただけにとても残念ですが、いずれのんびりと訪れてみたいところです。
車で走っているだけでも、山間の静かな集落といった感じでとても雰囲気良かったです。

この後は前述のとおり途中どこにも寄らず、安曇野から長野道→中央道と乗り継ぎ、途中大月から先の大渋滞にドはまりしながら何とか帰宅したのが22時半wいやあ、どこで時間食ったのかわからないのですが、戸隠神社と鏡池を見たら素直に長野から高速に乗るべきでしたね。欲張りすぎてちょっと反省。

それにしても1日目の上田周辺、そしてグリーンシーズンの戸隠、行けなかった鬼無里と言い本当良い旅でした。
今度はそれぞれの場所をのんびりと訪れてみてもいいかも。
その頃には娘ももっと大きくなって、少しは旅の思い出を覚えてくれるかな〜。

あ、そして信州トレイルマウンテン・・・こっちも事前にblogチェックしてから今度からは行くようにしよw

おわり。