ご無沙汰しております。
お久しぶりの更新です。
P1010560_R


気づけばもう6月も半ば過ぎ。
実は、先月末に風邪を引いてしまい、その際の咳を拗らせてしまってようやくなんとか収まりつつあるかな・・といった状況でして。お蔭でこの半月は週末も全然出かけられず、もちろん山にも行けず・・・。
まだちょっと咳出ますけど、なんとか来週末にはリハビリに行ければなあ。

そんな感じで3週間ほど悶々として過ごしていたわけですが、その間あれこれギアやウェアについてももちろん妄想を巡らせておりましたw
今回はその中でも愛用品でもあるサコッシュについてです。

P1010561_R
 現在愛用しているサコッシュはatelierbluebottleさんのHiker's SACHOCHE
2013年に購入しているので、もう4年
今までも幾度となく当blogでも登場していますが、本当に使いやすくて、山以外でも週末のちょっとした外出の時は必ずこれを持参しているくらい。

DSCN5190_R
苔むした奥秩父の縦走路や
DSC08512_R
真夏の尾瀬でも。

DSC_0624_R
山以外でも雨の奈良井宿を散策した時にも。

必要最低限のものをしっかり入れられて、かつ丈夫、身の回りにあるものってやっぱり自分の動きの妨げにならないくらいのものが良いので、このサコッシュは本当に重宝していました。
また、このサコッシュはオリジナルのカスタマイズをしてもらっている事もあり、一層愛着があってそうそう買い替える気にならない、というのも大きな理由でした。

ただ最近、あまりのヘビーユースのためか、フロント部分のキューベン部分の劣化がかなり目立つようになり・・

P1010563_R
毛羽立ちが多くなり、細かい穴も開き始めてます。もちろん、すぐに使えなくなるような状態になるわけでは無いのですが、これはそろそろ次期サコッシュを検討するタイミングかも。

という事で、いくつかただいま検討中。
atelierbluebottleのサコッシュはものは分かってるとして、他だと何がいいかなぁ・・。

■883Designs ラウンドショルダーミニ
883-roundmini_10_R
※写真はSokitさんのHPから。
atelierbluebottleのサコッシュを使う前は、この883Designsのフラップサコッシュを使ってました。
が、今はサコッシュに入れるものもだいぶ少なくなったので、このくらいのサイズが使いやすそうかな。形もシンプルだし、柔らかいダイニーマ素材とラウンド形状は体に良くフィットしてくれるので、多少激しい動きでも邪魔にならなさそうです。
883-roundmini_8_R
これにするならちょっとセミオーダーっぽくしたいかなー。
【サイズ】W250 x H160 x D70 mm (最大)
【重量】45〜55g程度 (生地により異なる)


■WANDERLUST EQUIPMENT カンパラパック
IMG_0604_R
IMG_0612_R
※写真はWANDERLUST EQUIPMENTさんのHPから。
1気室のシンプルなサコッシュ。結構大きいのでサコッシュというよりはポーチというかショルダーパックというか。かなり大きいのでもうなんでも入ります。ただ自分の入れるものからするとちょっとオーバースペックかも。大容量が欲しくなる時も、まあなくはないんですけどね。
【重量】約45g


■Rowlow Mountain Works Tabitibi Tote
P1010524_R
先日記事にも書いた、奥さん用に購入したミニトート。
薄手のサコッシュ形状→マチを広げたトート形状と、用途に合わせてサイズを変えられるというギミックは唯一無二でとても面白いです。奥さんが使ってるのを見てるとああこれかなりいいなあ・・・と、自分もちょっと欲しくなっちゃったりしてますw
P1010510_R
ただ、人気がありすぎて入手困難な辺りが難点かな・・・ターコイズブルーとかすごく色は気に入ってるんだけど。


最近はランを取り入れたスピードハイクっぽいものも増えてきたので、やはりブレの少ないコンパクトなものが理想かな。883Designsのラウンドショルダーミニがサイズ的にも、そしておサイフ的にも良いかも・・!