春の陽気、冬の稜線。
DSCN7215up_R



DSCN7208_R
不動ノ峰を後にして、再び気持ちの良い稜線をしばしのんびりと歩きます。
対面に見えているのは丹沢山〜竜ヶ馬場〜日高〜塔ノ岳の丹沢主脈。奥のシルエットは大山です。
手前の日の当たる稜線はもう雪解けの姿ですが、奥の主脈の北側斜面はまだまだ残雪がたっぷり。
冬と春の狭間を歩いているような感覚。この季節の変わり目って、なんだかこう、生命力に溢れているような気がしませんか?
これだけ大きな山が同じように姿を変えていくわけです。物凄い力があるよなあ、って思います。

DSCN7217_R
 ・・・だから、こんな泥んこ田んぼ祭りも仕方ないんです。もうどこ歩いても泥濘で靴もぐっしょり。はじめのうちは出来るだけ汚れないように・・・なんて思って歩いてましたが、まあ、無理ですねw
稜線の下りに差し掛かるころにはもう諦めてました。ならいっそ、楽しまないとね!これだって大きな生命力が生み出した自然の造形。そこを歩くんだから泥んこなんて当たり前!

DSCN7213_R
 だんだんと大きくなる丹沢山の山体。
今回のハイクで、丹沢山に対する評価だいぶ変わったなあ。改めて、良い山です。

DSCN7218_R
 不動ノ峰からの稜線を下り、コルから再び丹沢山への登り返し。日差しが出てきて、凍結していたところも適度に溶けて、雪質もちょっと湿雪になったのでかなり歩きやすくなりました。
というか、泥濘と比べれば前々楽・・。

DSCN7220_R
 11:01、再び丹沢山に到着。
お昼も近いのでベンチは大賑わい。トイレだけ済ませて先に進みます。
DSCN7221_R
 11:09、丹沢山を出発!

DSCN7222_R
丹沢主脈のトレイルは、主稜よりもさらに泥濘が酷くなってました。
気温の上昇もそうですけど、こっちの方がやっぱり歩く人多いせいですかね。もうどろっどろ。

DSCN7223_R
11:20、竜ヶ馬場を通過。春霞の奥には相模湾、左手前には大山のシルエットがドンと構えてます。

DSCN7224_R
それにしても本当に歩いていて心地よい風景、そして陽気も。
日差しは暖かく、でも風はちょっと冷たい。一歩歩くごとに春が近いことを感じます。

DSCN7225_R
11:29、日高を通過。この辺りはまだ雪が残っているけど、溶けかけてシャーベット状。
靴にしみこむ泥水が冷たい・・・!

DSCN7229_R
振り返ると丹沢主脈と主稜の一部。左奥のやや大きめのピークが先ほどまでいた不動ノ峰。
うーん、歩いたなあ。

DSCN7230_R
塔ノ岳の北斜面。行きの時はまだ凍結が多かったけど、ほぼ湿雪に変わってました。
これならチェーンアイゼンも要らない感じ。

DSCN7232_R
DSCN7233_R
11:49、大賑わいの塔ノ岳山頂に到着。ゆっくりする気分にもなれないので、自宅にこれから下山の連絡だけしてささっと通過します。
DSCN7234_R
ここから先が結構大変でした。
この日は三連休の中日、天気も良かったので続々とハイカーが登ってきます。さらに登る人が多ければ下山する人も多い訳で・・たびたび渋滞に捕まりなかなかペースが上げられません。
ここは大人しく暫くはのんびり下山。
DSCN7235_R
12:15、花立山荘通過。
そう言えばもうのぼりがおしるこから氷に変わってました。
また暑い時期に来てかき氷食べようかなあ。

DSCN7236_R
12:23、天神尾根分岐。
戸沢へ降りなければならないので、ここを左に。

DSCN7237_R
あとはひたすら、天神尾根の急斜面を一気に下ります。

DSCN7238_R
12:43、天神尾根登山口に到着!
なんだかんだで塔ノ岳から40分ちょっとでした。

DSCN7239_R
泥んこ祭りの結果。

DSCN7240_R
靴下も泥だらけw
今回はatelierbluebottleのHiker'sSocksを履いてきたのですが、改めてやっぱりヤクウールと化繊混合のこのソックスは秀逸。足袋形状で力を入れ易いのに加えて、これだけ濡れて、ドロドロになっても足元が冷える感じはありませんでした(濡れた最初はひやっと一瞬しますけどね)。履いていて不快感が少ないので、泥濘のトレイルもあまり嫌な思いをせずに歩けたようです。


ぎりぎり冬らしい山、そしてもう間もなく春を迎える山。
季節の変わり目に残雪を踏むハイクに間に合って本当よかったです
今シーズンはもう雪も終わりかな・・・と思っていたのですが、このエントリーを書いている今日3/26は遅めの雪が、また山にたっぷり積もっているようです。
とは言えこれからは週末いろいろと用事もあるので、また次山に入れるのは・・4月も半ばになりますかね・・。
そして今回超久しぶりに歩いた丹沢主稜。こちらも今度は泥濘が消えるころに、主脈から繋げていってみたいと思います。

◆登山データ
天神尾根登山口(6:51)→天神尾根分岐(7:34)→花立山荘(7:51)→塔ノ岳(8:20)→塔ノ岳発(8:25)→日高(8:49)→竜ヶ馬場(9:02)→丹沢山(9:20)→丹沢山発(9:33)→不動ノ峰休憩所(9:56)→休憩→不動ノ峰休憩所発(10:22)→不動ノ峰(10:28)→折り返し→丹沢山(11:01)→竜ヶ馬場(11:20)→塔ノ岳(11:50)→塔ノ岳発(11:57)→花立山荘(12:15)→天神尾根分岐(12:23)→天神尾根登山口(12:43)