DSCN6277_R
昨年秋から展開されている、atelierbluebottleさんのHiker'sSocks-LONGについて、数回使用しましたのでレビューをしてみたいと思います。
 

昨年秋から発売されているatelierbluebottleのHiker'sSocks-LONG。
その名の通り、従来のHiker'sSocksを長くしたものではあるのですが、変わっているのはそこだけではありません。
DSCN6271_R

DSCN6266_R
左が従来のHiker'sSocks、右がロング。約8cmほど長くなっています。
アンクルサイズのHiker'sSocksだと、どうしても気温が下がる晩秋から冬季の使用では寒さを感じるケースがありました。が、ロングはこの+8cmのお蔭でかなり保温力が向上しています。
脹脛辺りまでをカバーしてくれるので、その分血流を温めやすく、足先が冷えやすい人にもオススメです。

DSCN6262_R
また、従来のHiker'sSocksとロングでは底面の加工が変更されています。よりクッション性と保温力を高めるため、パイルを強くして厚みを持たせています。
DSCN6263_R
右がロング。やや厚みが増えているのが分かりますかね?

DSCN6259_R
リブのホールド感もしっかりしていて、多少激しく動いてもずり落ちる感じはあまりありませんでした。

DSCN6255_R
八ヶ岳☆LOVEな辻岡氏らしい『八ヶ岳トレース』。

DSCN6260_R

で、実際昨年の晩秋、大山錬の時にこれを持参、途中で履き替えて実際に歩いたり走ったりしてみました。
DSCN6357_R
DSCN6361hh_R
当日は半袖でも汗ばむくらいちょっと気温が高めではあったのですが、まずクッション性が素晴らしいです。
足裏でふわふわしている感じが分かるくらい。パイルを強めにしてあるらしいですが、いきなり下りの時にそれを実感しました。
また、保温性については言う事無しですね。この日以外にも正月3日の大山の時も実は履いていたのですが、足先の寒さも感じることなく、かと言ってオーバーヒートしてしまうような感じも全くなし。
今度は雪のハイクの時どんな感じか、早く試してみたいですね。


・・・と、かなりざっくりとしたレビューですが、某キュレーションサイトにもレビューは載せていますので、宜しければそちらも参考にしてみてください。
>>gearedさんのページ

足袋型の靴下に抵抗のある人もいるかもしれませんが、履きなれてしまうと力も入れ易く、安定したステップが出来ますよ。ただ、前述のとおりクッションがかなり強いので、トレランとかには向かないと思います。
やはり晩秋から冬季のハイキング、またはテン泊など装備が重くなるようなオーバーナイト等には良いのでは、と思います。